アイコスは二度吸い可能か?7ヶ月使ったのでデメリットを話す

アイコスを吸った後に、ホルダーから使用済みのヒートスティックを抜き取った時に多くの方が「もう一回くらい吸えんじゃね?」と思うのではないだろうか。

もちろん、筆者もそのように思ったことがあるし、吸い終わった後のヒートスティックの葉を綺麗に束ねてもう一度ホルダーにIN→二度吸いをやったことがある。ちなみに、一度吸ったヒートスティックにライターで火をつけて吸った事もある。

結論から言えば二度吸いは可能である。しかし、味は不味い。

しかし、ヒートスティックの葉が焦げている部分は中央部分。焦げてない部分が寄り集まればもう一度吸えそうな気はするだろう。ただ、「不味い」と言う結果は既に出てしまっている。

これで、終わってしまって良いのだろうか?いや、それではつまらない。ならば、この”不味さ”をマシにすることは出来ないのか。

「美味しくはないけれどまだ吸える」そう感じることが出来れば万々歳だろう。一箱20本入りだが、もし二度吸いが可能になれば40回分吸える事になる。

なんてお得なのだろうか。

今回は、アイコスは二度吸い可能なのかについて書いていきたいと思う。また、購入から7ヶ月使ったので改めてデメリットに関しても話していく。

iqos%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%82%b4%e3%81%aa%e3%81%97-01

 

アイコスを二度吸いする事は可能なのか?

書き出しでお伝えしたように、吸い終わったヒートスティックをもう一度ホルダーに挿入→加熱→いつものように吸う…といった”行為自体”は可能である。

もちろん、クソ程不味い。

筆者はメンソールを吸っているのだが、ヒートスティックの葉っぱ(焦げていない部分)を頑張って中央部に集めてもあのメンソール感は皆無。何か湿っている印象も受ける。

炭酸の抜けたサイダーを飲んでいるようなニュアンス…で伝わるだろうか。もともとアイコスはたばこ特有のキック感が抑えられているわけだが、この”二度吸い”を行うともはやタバコではなく”不味い何か”になる。

では、一旦結論をまとめよう。

アイコスを二度吸いすることは可能→想像以上に不味い。

では次の項目では、二度吸いした時の「クソ不味さ」を「マシなレベル」にする方法について筆者が実際に実験台になって考察していってみよう。

二度吸いの不味さをマシなレベルへ

今回用意するのは、一度吸い終わった後のヒートスティックだ。

これを様々な方法で再利用できないか考察していく。

※今回筆者が行った実験を真似をして健康被害が起こったり、アイコスが壊れたとしても当方は一切保証できませんのであしからず。

1.焦げた部分を取り除く

まずは、一番オーソドックスな方法だ。

アイコスは構造上、ブレードが刺さる部分が焦げて黒くなる。その部分にまたブレードを刺して吸っても不味いのは至極当然だ。

では、その葉っぱの中心部分(焦げている部分)を取り除いてあげると、焦げていない葉っぱが残る→実質吸う前の状態の味が復活するのではないか…というわけだ。

結果

吸えねえ…

葉っぱが無くなった分、ヒートスティックの中身が緩すぎてブレードに刺さらない。熱は伝わっているが、口から水蒸気すら出ない。

加熱ランプを長押し→緑ランプ点滅。この状態で吸った時の感覚と似ている。

最初から結果が見え見えだったがこれは失敗だ。

2.焦げていない部分を集める

1の失敗でヒートスティックが緩すぎて上手く刺さらない状態に陥ったので、次はその隙間に別の使用済みヒートスティックの綺麗な葉っぱをかませてやれば、しっくり収まるのではないかと考えた次第だ

結果

思ってたのと違う

想像していた味は、シケモクを吸った時のような状態だ。1よりは確かにマシになったかもしれない。しかし、不味いことに変わりはない。

メンソールもほとんど感じられない上、やはりどこか湿っている。

1の時はヒートスティックが緩すぎて加熱があまり出来ていなかった、しかしこの状態でも上手く刺さらない。

無理やり入れてなんとかなったが、下手をするとブレードが折れる。なにより、一度吸っている状態なので、ヒートスティックの強度がかなり低下している。

実験では上のフィルター部分が3回折れた。これはお勧めできない。

3.24時間寝かせる

まるで、料理の仕込みを行っているかの様な表現だが、1と2は「どこか湿っぽさを感じた」と言う部分が共通している。

では、時間をかけてパリッパリに乾燥させてやれば、その現象を回避する事が出来るのでは…と考えたわけだ。

結果

1と変わらねえ…

1、2に比べると湿っぽさは確かに無くなった。欲を言えばあと24時間寝かせることが出来れば完全に理想のパリパリ感を得られるだろう。

しかし、味に関しては1と変わらなかった。なんともやる気のない味。ただただげんなりする味だ。

個人的にはかなり期待していた方法だったので、割と悲しかった。

4.ライターで点火

最後に残ったのはライターで着火してそのまま吸うという方法だ。

これは以前やったことがあるが、改めて味を比較するために行った。

やり方は非常にシンプルだ。

使用済みのヒートスティックを咥える→紙タバコを吸う時の様に火をつける。

結果

涙が出るほどむせる

久々にこの方法を行ったら喘息がぶり返しそうになった。それくらいクレイジーな方法だ。

確かにむせるが、これはメンソールということも関係しているだろう。

最初はどうしようもないが、慣れてくると意外と吸えるようになる。なんだかんだで個人的には一番マシに感じた。

結論

「大人しく買え」

一度吸い終わってしまったヒートスティックを美味しく二度吸いすることはどれだけ頑張っても困難だ。

美味しくどころか、マシなレベルにすることも難しい。

確かに、「もう一回くらい吸えそう」と思う気持ちは分かるが、健康被害を被ったり、アイコス本体が破損する可能性もあるので、素直に新しいヒートスティックを買いましょう。

iqos%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc-01

アイコスのデメリット

では次にアイコスのデメリットについて、筆者が使用して7ヶ月経過したので具体的に説明していこう。

結論から言えば、イラッとする点はあるが個人的にはメリットの方が多いと感じている。デメリットがあったとしても「もう使いたくない」とまではいかない。

デメリットに感じたのは以下の6点だ。

 

  • いちいち充電するのが面倒くさい
  • サブを手に入れるのが困難
  • クリーニングが面倒くさい
  • 故障が目立つ
  • 荷物を持っているとセットしにくい
  • もしもの時が不安

 

では1つ1つ見ていこう。

いちいち充電するのが面倒くさい

まず最初の項目は、アイコスの特徴でもある充電式という部分だ。従来のたばこであれば吸いたいときに、吸いたいタイミングでライターを火をつければ喫煙することが可能だ。

しかし、アイコスは一度吸ったら数分間の充電が必要になる。

「もう一本吸おうかな」と思っても充電が完了していなければ当然使用する事は出来ない。吸いたいタイミングで吸う事が出来ないのは少し不便だ。

アイコスを連続で吸う方法や充電の時間は?」でもお伝えしたが、魔改造でもしない限り通常のアイコスでは連続でアイコスを使用する事は出来ない。

もし、連続でアイコスを使用したいのであれば、アイコス本体を2つ持つ必要がある。ケンドーコバヤシ氏がやっている「2台持ち」だ。

2台持っていれば、片方を吸っている間に片側の充電が完了→もう片方を吸っている間にもう一方の充電が完了…といった様にバッテリーが切れるまで実質無限ループで使用する事が出来る。

サブを手に入れるのが困難

上記でもお伝えした「2台持ち」だが、言わずもがなアイコス本体をもう一つ手に入れる必要が出て来る。

しかし、アイコスは非常に在庫が少ないため、すぐに購入したいのであれば、アイコスストアに早朝から並ぶか、割り切って高額転売されている物を購入するしか基本的には残されていない。

2台持ちしたい時ももちろんだが、何より1台が故障してしまった時のことを考えると、2台持っていたほうが良いだろう。

だが、サブ機を正規価格で入手するのが難しい。これが現状だ。アイコス自体サポートが手厚いのは確かだが、品薄のこの状況を何とかしてほしい。

クリーニングが面倒くさい

ライターで火をつけて吸うタイプのたばこは吸ったら灰皿に捨てて終わりだが、アイコスは本体のクリーニングが必要になる。

アイコスのクリーニングの目安は「一箱吸い終わったら」。数本吸うたびにクリーニングをするわけでもないのでそこまで面倒そうに見えないが、隅々まで綺麗にしようと思うと割と億劫になる。

だからといって、クリーニングをしないと第一に味が落ちる。そして、詰まって吸いにくくなる。最悪の場合、故障にも繋がる。

こまめに掃除出来る方は問題ないと思うが、こういった事が面倒と感じる方にはデメリットに感じてしまうだろう。

故障が目立つ

アイコスの故障は想像以上に多い。

 

  • チャージャーの蓋のツメが消耗して、ホルダーが充電されなくなった
  • ブレードが故障した
  • チャージャーが充電されなくなった
  • 赤ランプ・オレンジランプが点灯-点滅して使えなくなった
  • 水に濡れて使えなくなった
  • 落として使えなくなった

筆者も2台持っているが、2台とも1度は故障して交換してもらっている。

1台目は半年使ってから、ホルダーが充電されにくくなった(チャージャーがオレンジランプ点滅)→最終的に赤ランプ点灯で完全に文鎮に。

2代目は購入してから3ヶ月弱で1台目のように、チャージャーがオレンジランプ点滅をしはじめたので速攻で交換。

お金に余裕がある場合以外は、あまり高額転売されているアイコス購入をお勧めできないのがこういった故障があるからだ。

アイコスは消耗品だ。どんなにお金をかけて購入したとしても、最大寿命は1年程。そして、保証期間だとしても交換できる回数は1台1回限りだ。

 

荷物を持っているとセットしにくい

紙巻タバコの場合は、タバコ自体を加えてライターで点火すれば吸う事が可能だが、アイコスの場合はヒートスティックをホルダーに挿入→加熱ボタンを長押し…といった動作が必要になる。

片側の手にバッグなどを持っていた場合は、この動作が非常に面倒くさい。

もしもの時が不安

アイコスは充電しなければ使えない。チャージャーのバッテリーが出先で切れてしまえば使えなくなる。

家で充電をフルにしておいても、使っていればバッテリーは消耗する。ヒートスティックはコンビニでも売っているが、ヒートスティック単体では喫煙することは不可能だ。

バッテリーの消耗を考慮してモバイルバッテリーを持ち歩くのも悪くない。しかし、アイコス本体の調子が悪くなり、スムーズに充電が出来なくなってしまったらどうだろうか。

そして、本格的に調子が悪くなってしまえば、普通に使う事も困難になるだろう。

これがアイコスの一番不安な点ではないだろうか。

 

前述したように、アイコスを使う場合には正直もう一台持っていた方が、安心して使う事ができるだろう。

もし、定価で購入できる機会があったり、懸賞の景品やキャンペーンがあれば応募してみるのも良いだろう。

iqos%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc-01


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ