アイコスとVAPEの機能や味を比較!健康への害やタールはゼロ?

今回は、アイコスとVAPEの機能や味の違いを比較していきたいと思う。機能以外に「健康被害」や「タール量」に関しても見ていこう。

ここ最近、もの凄い勢いで普及し始めたアイコス。いまや喫煙所でもよく見掛けるようになり、不思議そうに「なに吸ってるんだあれ・・・?」というような奇異の視線を向けられることも減ってきた。

そしてアイコスブームの波に乗ったのか、ここ最近は「VAPE」と呼ばれるものも少しずつ普及し始めている。

アイコスがなかなか手に入れられないことから、代替品としてVAPEを使用し始めたという人もいるようだ。

しかし、VAPEとはそもそもなんなのか?タバコとは違うのか?

アイコスは普通に葉巻のタバコを挿し、「燃やす」ではなく「加熱」して吸えるようにしているものであるが。それではVAPEとはどうやって嗜むものなのか。

早速見ていこう。

スポンサーリンク

アイコスとVAPEの違い

まず”VAPE”とは、電子タバコの総称である。しかし、昔のようなタバコの形を模した物ではなく、現代風にスタイリッシュにアレンジしたものをVAPEと呼ぶようだ。チョッキとベストの違いのようなものだろう。

楽しみ方としては、アイコスとは違い、”リキッド”と呼ばれる香り付きの液体を熱し、煙を生成する。これはタバコの煙のようなものではなく、単なる蒸気であるため、プルームテックと同様にタールを発生させるようなものではない。(アイコスはヒートスティックにタールが含まれているため、水蒸気中にタールが含まれている可能性は否めない。現状ではまだメーカーに問い合わせて確認は出来ていない)

海外では、タバコというよりは一種の嗜好品としての位置付けのようで、セレブ達がこぞって愛用し始めたのも、流行のきっかけとなったようだ。

また、一番の違いとして、VAPEはアイコスと違い、ニコチンが含まれていない。これは使用するリキッドにも依存するようだが、少なくとも国内で販売されているリキッドには、ニコチンが含まれたリキッドは販売されていない。

それと、アイコスは現在4種類のフレーバーのみだが、VAPEには既に数多くのフレーバーがあり、ミントやオレンジ等、様々な味わいが、その日の気分によって楽しめるという利点がある。

そして気になるコストパフォーマンス。アイコスは1箱460円。ごく一般的なタバコの価格である。私は2日に1箱というペースで吸うのだが、これを計算すると一月あたり6900円。割と馬鹿に出来ない出費である。

それに比べ、VAPEは一月に一本のリキッドで充分だという。リキッドはひとつ1000円以下のものが多いので、これで一ヶ月楽しめるとあらば、経済的といえるレベルだろう。

しかし飽くまでもVAPEはタバコとは違う嗜好品である。ニコチンが含まれていないため、完全に禁煙を目指す人には良いかもしれないが、タバコの代替品として使用したとしても、結局タバコを吸うようになってしまうのではないだろうか。

スポンサーリンク

VAPEによる健康への影響

アイコスでも充分に健康への配慮はなされているが、ニコチンは含まれているため、依存性は間違いなく存在する。また、副流煙は限りなく0だが、主流煙の影響は「90%カット」なので、少なくともゼロではない。

それでは、VAPEは果たしてどうなのだろう。

調べてみると、様々な情報が交錯していた。どうやら、使用するリキッドによっては、有害な物質が混入している可能性があるかもしれないということらしい。

確かに、アイコスはフィリップモリスというタバコメーカーが4種類のフレーバーを販売しているのみなので信頼性があるのに対して、VAPEのフレーバーは様々なメーカーが販売している。このメーカーの中に、いわゆる「粗悪品」が紛れ込んでいるようなのだ。

なかにはニコチンが含まれてしまっているリキッドも販売されていたらしく、自分で様々な味を楽しめる分、自分で良いものと悪いものを選別しなければならないようだ。

ただ、しっかりと国内のメーカー品を選べばそうそう間違いは起こらないはずである。そしてそもそもの健康被害だが、ニコチンも入っておらず、飽くまで「香りを楽しむもの」という嗜好品なので、普通のタバコのような健康被害は全くないようだ。

香り付きの加湿器を、直接口で味わっているようなものだろうか?良い香りの煙を排出するため、部屋にも良い香りが漂うため、タバコのように煙たがられる心配も無用だろう。

ひとつだけ注意点があるとすれば、タバコやアイコスよりも大量の煙(水蒸気)が発生するため、少々周りへ配慮しなければいけないところだろうか。

一度吸っている現場を目撃したことがあるが、それはもうモックモクと煙が漂っていたので、狭い喫煙所などで吸った場合などでは、例え良い香りだとしても、迷惑を掛けてしまう可能性があると感じた。

タールはゼロ?

最後にタールについてだけ触れて終わりとする。

そもそもタールは、「タバコを燃やしたときに発生する有害物質の総称」である。

「タール」という物質と勘違いされがちだが、このタールの中には様々な有害物質が含まれており、その中に発ガン性物質も含まれているのだ。

その点、VAPEはそもそも燃やしていないため、この「タール」が発生しない。

よって、VAPEはタールがゼロと、間違いなく言い切れるだろう。

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ