プルームテックの副流煙は健康に害?味や禁煙効果はあるのか

プルームテックを使っている方および欲しいと感じている方は、疑問に感じている項目がいくつかあると思う。

  • 副流煙は健康に害があるのか
  • 禁煙効果はあるのか
  • 味のバリエーション・今後の展開

個人的には、味のバリエーションが今後増えていくのか気になっているが、まだ購入していない方はやはり上記にある「副流煙」と「禁煙」について知りたい層が多いのではないだろうか。

今回は、プルームテックの副流煙は健康に害はあるのか…といった内容をはじめとして、プルームテックの味や禁煙効果について見ていきたいと思う。

スポンサーリンク

プルームテックの副流煙は健康に害なのか?

プルームテックもアイコスなどと同様に吸った後に水蒸気が発生する。これを副流煙と表現して良い物かは微妙なところだが、喫煙団体もそれが”副流煙に当たる可能性がなんちゃら”…といったニュアンスで話しているため、ここでは一応副流煙と称する。

この副流煙に健康に害が及ぶ成分が含まれているのか。

結論から言うと、メーカーが成分を公表していないため、現状ではハッキリとした答えを出すことは出来ない。だが、謎に包まれている部分がある以上、喫煙所以外での使用や非喫煙者の前で吸うのだけは避けるべきだ。

プルームテックはタール量がゼロだ。これが一番のウリだろう。

タールはゼロだがニコチンは含まれている。こちらの記事でニコチンが体に及ぼす影響をお話したが、吸っている側には少なからず影響は出る。

しかし、口から出たあの副流煙(正確には吐煙・吐出煙だが、口から出た煙も副流煙の一種)には、有害物質が含まれているのだろうか。

メーカー側も、副流煙・吐煙に含まれる全成分に関しては公表していないが、ニコチンが含まれている可能性は考えられるだろう。

 

従来の火をつけて喫煙する紙タバコの副流煙および吐煙には以下のような成分が含まれている。

  • ニコチン
  • タール
  • ベンゼン
  • ニトロソアミン
  • アンモニア
  • 一酸化炭素
  • 窒素酸化物
  • カドミウム
  • ホルムアルデヒド
  • ベンツピレン

プルームテックやアイコスは有害物質が大幅にカットされているため、従来のタバコより有害物質を取り込む量は減少するだろう。しかし、だからといって健康的な商品ではないことを覚えておいてほしい。

メーカの公表値もはっきりしていないため、ここではプルームテックの副流煙・吐煙にどの程度の有害物質が含まれているかを記載する事は出来ない。(公表され次第随時追記していく)

だが、プルームテックはタールが含まれていないからと言って、タバコを吸わない人や喫煙所以外での使用はやめるべきだ。吐煙に含まれている成分が明らかになっていない以上、むやみに人の前で吸うべきではない。

非喫煙者の方がもしかすれば喘息を引き起こすケースも今後出て来るかもしれない。吐煙を他人に浴びせたりするのも避けるべきだ。

プルームテックに禁煙効果はあるのだろうか?

タバコは健康に悪い・身体に匂いがつく・火事になる可能性がある…といった様々な理由からプルームテックの購入を考えている方は少なくないだろう。

残念ながら、プルームテックには禁煙出来る効果は無い。

身体に匂いがつく・火事になる可能性…といった部分に関しては、プルームテックをはじめとしてアイコスやグローなどの加熱式タバコにチェンジすることで解消する事が出来るが、「使う事によって禁煙出来る」ような効果は備わっていないのだ。

確かに、筆者の周りの人間にも「紙タバコ→アイコス→フェードアウト」といった形で最終的にタバコをやめた方は居る。だからといって、加熱式タバコが禁煙をサポートするような代物ではないということは購入前に覚えておいて欲しい。

 

ではどうしてプルームテックでは禁煙することが難しいのかご説明していこう。

まぁ、すでに答えが出ている様なものだが、プルームテックはニコチンが含まれている。そのため、プルームテックに替えたからと言って、ニコチンの依存から決別する効果は無い。

むしろ、ニコチンを摂取している以上、また吸いたくなる症状が出てしまうだろう。さらに言えば、プルームテックは加熱式タバコという扱いではあるが、吸ってみるとタバコとはかけ離れている。

タバコとはちょっと違うフレーバーを楽しめる嗜好品のようなニュアンスで伝わると嬉しい限りだ。筆者はそこまでヘビースモーカーではないが、プルームテックがタバコの代用品として大活躍する存在には思えなかった。

吸った感じも、タバコとは違うしこれで満足気分になれるかと言われればそうでもない。

伝わりきらない部分も多々あると思うが、

  • プルームテックがタバコの代わりになるのは難しい
  • プルームテックで禁煙出来る効果は無い

という点が伝われば幸いだ。

スポンサーリンク

プルームテックの味について

これから購入を考えている方も、すでに使っている方も気になるのが味の種類および今後種類は増えるのか…という部分だろう。

まずは、先にプルームテックの味の今後の展開についてだが、現状では新商品リリースの情報は出ていない。プルームテックの本体自体の生産が間に合っていない以上、味に手をかけている暇が無いのかもしれないが、とにもかくにも今はリリースされている3種類で我慢するしかない。

現状発売されている味は以下の3種類。

  • レギュラー
  • クーラーグリーン
  • クーラーパープル

全体的に従来のタバコのような力強さは無く、少し腑抜け気味に感じる。

レギュラー

プルームテックが現状発売している味の中で一番タバコっぽいフレーバーだ。

吸った時に若干モワっとする感じ、のどにクッと引っ掛かるあの感じが、従来のタバコの味を彷彿させる。

今までメンソールなどではなく、レギュラータイプのタバコを吸っていたのであればこちらが一番しっくりくるのではないだろうか。もちろん、完全に従来のタバコの味とはちょっと違うな…と感じる部分もある。

それは後味だろう。プルームテックはたばこカプセルとは別にリキッドを使用する。後味にキレがないのは恐らくこの影響だろう。

クーラーグリーン

meigara

メンソールタイプのフレーバー。クーラーパープルはブルーベリー系味が付与されたメンソールだが、こちらはレギュラーにメンソールを足しただけだ。

吸った時の印象は第一にメンソールが弱い。弱い。弱い。

このフレーバー自体吸っている気がしないのだから、もうちょっとメンソールをキツめにしてくれると丁度良いだろう。

これに関しては、レビューする気にもなれない程不満が残った。

クーラーパープル

meigara-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-2

メビウスが製造元だけあって、以前好きで吸っていた時期があったメビウスオプションを何となく思い出した。

ブルーベリーのフレーバーを味わう事が出来るタイプだ。それこそ、メビウスオプションを吸っていた方や、ウィンストンのメロン味などオプション系のメンソールを好んで吸っている方にはオススメできる。

ただ、メビウスオプションに比べると、ブルーベリーの味がかなり強く出てしまっている。味そのものがブルーベリーではなく風味だけを味わいたいと思っている方は少ししつこく感じるかもしれない。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ