iPhoneⅩのFace IDはマスクをした状態や暗闇で反応する? | ヤバい速報

iPhoneⅩのFace IDはマスクをした状態や暗闇で反応する?

この記事では、iPhoneⅩに付与された新たな機能「Face ID」は…

  • マスクを付けた状態
  • 暗闇(夜)
  • 瓜二つな双子

といった状況でも反応してくれるのか…といった項目について調べていきたいと思う。

スマホの画面を見るだけでロックが解除されるのは非常に便利な機能ではあるが、場合によってはパスコードを使う必要もある…ハズ。

発売前から「iPhoneⅩではホームボタンが廃止になるかも」といった噂は流れていた。そのため、一部ではこの仕様変更を疑問視する声もあった。

結果的にFace IDが追加されたことで、よりスタイリッシュ()にロック解除をすることが出来るのは魅力の1つになったのだと思う。

ただ、このFace IDは指紋認証よりも本当に便利になったのだろうか?

スポンサーリンク

Face IDはマスクをした状態でも反応する?

結論から言うと、マスクをしている状態では解除できないことがほとんど。

顔の大半のパーツが隠れてしまうため、なかなか厳しいようだ。

ただ、マスクを下にズラして、上唇あたりが見えている状態であれば、Face IDは本人と認識することが出来るとのこと。

これには、個人差があるようなので中には認識できない場合もあるようだ。

【学習機能】マスクをした状態で使っていると認識するって本当?

Apple側としてはマスクを着けた状態でFace IDを利用する事は不可とアナウンスされている様子。

さらには、iPhoneⅩのFace IDには学習機能は付与されていない。

マスクを付けてロック解除失敗⇒パスコードを要求される⇒パスコード入力…この作業を繰り返すことで、Face IDが学習し、最終的にマスクを着けていても解除が出来るようになる。

こういった噂があるが、そもそも「学習機能」と呼ばれるものは存在しないため、どんなに時間を費やしても「マスクを完全に着けた状態でロック解除」は難しいようだ。

※Face IDは顔面のある一定以上が認識できないと登録することが出来ない=マスクを着けた状態でFace IDは登録できない。

冬場になると、マスクを付けて外出する機会は増えると思うが、その際は「マスクをズラす」もしくは「パスコード」でロックを解除するしかない。

確かにFace IDは便利ではあるが、こういった状況下で使えないのはちょっぴり残念。

Face IDは暗闇(夜)でもしっかり認識する?

暗闇でもFace IDはちゃんと反応してくれる。

iPhoneⅩの画面上部(M字ハゲエリア)には、登録者を認証するための3パーツが類搭載されている。

  • 赤外線カメラ
  • ドットプロジェクタ
  • 投光イルミネータ

スポンサーリンク

投光イルミネータ

投降イルミネータからは、赤外線が照射される。

この赤外線を利用する事で、明るさに左右されずに利用者の顔を識別することが可能になる。

ドットプロジェクタ

ドットプロジェクタは、3万以上の点を顔に投射させる。顔の形を識別する上で必要なパーツである。

赤外線カメラ

上記のドットプロジェクタで投射された点をこの赤外線カメラにて読み取る。

ドットプロジェクタと赤外線カメラを用いることで、より正確に登録者を識別することが出来るというわけだ。

Face IDは瓜二つな双子でも反応する?

これまでのiPhoneに付いていたTouch IDは、他人の指紋でもロックが解除される場合があった。Apple曰く確率は約1/50000。

しかし、Face IDはどんなに精巧なマスクを使っても、瓜二つな双子でも解除するのは難しいとのこと。

誤認する確率はなんと約1/1000000。スタイリッシュにロックを解除できるだけでなく、安全面も大いに改善されている。

確かに動画では、瓜二つな双子でロック解除が出来てしまっている。

ただ、過程を見ていくと、容易に認識できたわけでもないため、双子をはじめとして、そっくりさんでもFace IDは識別することが出来る…というのは間違いではない。

上記で触れた「ドットプロジェクタ」・「赤外線カメラ」によって3万以上の点を投射して、顔の形状から各パーツの深度まで正確に読み込むことが出来る。

そのため、人間の目では同じように見える箇所も、データで見てみると違いがすぐに分かってしまうのだろう。

関連記事

・iPhone9がリリースされない理由と今後出る可能性について

iPhoneのバッテリーが急に減る時の対処法!寿命の平均はどれくらい?

iPhoneのバッテリーをリフレッシュする方法!効果はある?

スポンサーリンク

いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ