北朝鮮が日本にミサイルを発射する理由と予言!今後の発射はいつ

今回は、北朝鮮が日本にミサイルを発射する理由(どこへ向かって発射しているのか)と予言についてお伝えしていきたいと思います。

また、今後の発射はいつなのか、ミサイル発射が失敗した際の処罰はどういったものがあるのかを予想していきたいと思います。

 

お騒がせの中心北朝鮮ですが、またミサイルを発射してきましたね。

日本は追撃の体勢を取っていますがどうして、毎度毎度北朝鮮は日本周辺にミサイルを撃ってくるのでしょうか。

スポンサーリンク

北朝鮮がミサイルを発射する理由

北朝鮮が毎回発射しているミサイルですが、日本国民にとっては脅威でしかありません。

追撃する事も可能ですが、日本付近をミサイルが通過する時点で不安ですよね。

さて、北朝鮮がミサイルを発射する理由ですが、これは自国が力を持っているというアピールという可能性が高いです。

ミサイル発射のターゲットは、日本や韓国に対してでしょうね。

 

ご存知の通り北朝鮮では未だに恐怖政治が行われています。

自由などはありませんし、親類は勿論親子間でも密告が行われているまさに地獄のような場所といって良いでしょう。

人間としての尊厳などは平凡な家庭に生まれた場合無に等しいです。

上流階級の家庭に生まれた場合は、それなりの制約はありますが、貧しい家庭に比べたら豪華な生活を贈ることが出来ます。

テレビやソファなど家具・家電が整った家に住むこともできます。

日本人からすれば全く想像がつかない国です。

 

そんな北朝鮮ですが、やはり先進国には程遠い存在です。

キム一族が持つ海外資産は数億ドルと言われており、それらのほとんどが国のお金であるとのこと。

どんなに頑張ってもキム一族が独占してしまえば、国民は恩恵を受けられないままです。

そのため、飢えてしまう人々が多いわけですね。

 

しかし、北朝鮮は自国が貧しいことを、自分たちが悪いと思っていません。

他の国が原因で自分たちがこのような状況になっていると押し付けているわけです。

尚、最近では自分たちの技術が発展してきているとアピールしており、高層ビルやオシャレな街並みなどをテレビで放送していました。

ですがそれらは完全にハリボテでしたね。

人工衛星が夜の北朝鮮を宇宙から捉えると街並みの明かりなどはほとんどなく真っ暗な状態でした。

どんなに技術が発展しているとアピールしても、見栄だということが分かってしまいます。

そして、その見栄こそ「核兵器」や「ミサイル」にも出ているのです。

今回のようなミサイル発射の意図も、「自分たちはこんなに凄い技術を持っている」といういわば脅しのようなニュアンスですね。

経済的支援や食の支援をそれによって引き出しているわけです。

「お前らが支援しないといつでも発射する事が出来る」

そういった考えがキム一族には継承されているため、いつになっても発展せずに衰退を続けているのです。

 

ミサイルに関しては以前は太平洋あたりに落ちましたが、これに関しても非常に恐ろしかったですよね。

800km以上飛ばせるという事実が明らかになったわけですが、日本の領海は確実に狙えるわけです。

ただ、以前の発射はまぐれだった可能性は高いです。

今回のムスダンとみられるミサイルですが、過去にも発射されましたが結局のところ4回失敗に終わっています。

今回のミサイルがムスダンだとすると、累計5回も発射に失敗していることになりますね。

日本としては韓国とアメリカと共に対応していくとのことです。

安倍さんは断固抗議をしていくと仰っていましたが、毎回のテンプレですね。

スポンサーリンク

発射が失敗するとどうなる?

恐怖政治が行われている以上、反発した人間は制裁が加えられます。

そのため、必死になってお上のいう事を守っているわけですが、こういった大切な場面で失敗した場合も罰が与えられるのではとも噂されています。

北朝鮮ではカリアゲくんの気分次第で粛清されることが通例となっており、これまでにも様々な粛清が行われてきました。

銃を使ったオーソドックスな方法や、犬を使った方法など普通の人間なら考えられないような事をやらせています。

祖父までも手にかける人間ですから、常軌を逸しているといっても過言ではないでしょう。

ミサイルの研究員に関する内容が以前ありましたが、研究者は全員帰らぬ人となりました。

ミサイル発射失敗による事故だったのか、はたまた粛清をうけたのかは不透明ですが、どちらにせよキツいお仕置きをされていたことは確かです。

今後の発射や予言について

今回のミサイル発射で断固抗議をする姿勢を見せた安倍さんですが、北朝鮮は今後どのような展開をしていくのでしょうか。

追加で発射したりしている様子を見る限り、相当焦っていることが伺えますね。

今後もカリアゲくんの対応は大きく変わる事は無いと思いますし、またミサイルが発射される可能性は十分にあります。

そして、予言についてですが2016年になってこの世を去った「ロン・バード」というサイキッカーが北朝鮮のミサイルを予言していましたね。

この方は、9.11やビンラディンについての内容も的中させた人物ですが、当たり外れが多すぎて、アテにならないという印象を受けました。

もう一人を上げるとすれば、日本人の「松原照子」さんですね。

ミサイルについては直接触れていませんが、「東京オリンピック中止を予言した人物は誰なのか?」でもお伝えした通り、東京オリンピック開催中…もしくは直前あたりに”良くないことが起きる”と仰っていました。

これが自然災害なのか、はたまたミサイル関連なのかは定かではありませんが、もしかするとそういった事になる可能性も無きにしも非ずです。

最後に

今回は、北朝鮮が日本にミサイルを発射する理由(どこへ向かって発射しているのか)と予言についてお伝えしていきました。

今後の展開は、安倍さんやアメリカとの対応によって変わってくると思いますが、しっかりと抗議していただきたいです。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ