東京オリンピックが裏金問題で中止へ?予言をしたのは誰なのか

今回は、東京オリンピックが裏金問題で中止になるのか…といった内容で考察していきたいと思います。

また、このオリンピックについての予言に関しては、「誰が予言をしたのか」という点に注目して触れていきたいと思います。

 

現在東京オリンピックの裏金問題が世間で騒がれていますね。

日本の素晴らしい環境が決定の決め手になっていたと思われていた矢先で、こういった問題が公になってしまえば、結局金や権利での出来レースだったのかと多くの方が感じてしまったでしょう。

その額も一般の人間からしてみれば膨大な額。

2億円というお金をコンサルティング会社に支払っていた事が発覚しましたが、果たしてそれが原因で東京オリンピックは中止になってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

東京オリンピックは裏金問題で中止に?

今回の件は日本だけでなく、世界中に広まってしまいました。

お金を使ってオリンピックの開催地を決定した」という悪いイメージが日本についてしまえば、最悪の場合中止になる可能性もあります。

今回の件が報道されて各国はもちろん、日本に住んでいる方も招致委員会に対して疑惑の目を持つようになっています。

賄賂・裏金といったことが騒がれていますが、委員会側からしてみればそれは違法ではなく普通のことだと主張しています。

次に招致に関してのルールを説明します。

招致に関して

オリンピックの開催国を決める上で、自分の国が「うちの国でオリンピックをやりましょう」と開催地を決める「JOC」に直接的に掛け合ってはいけません。

開催国を決める上で必要なのはその仲介人です。

ここで今回キーワードに上がっている「コンサルティング会社」が出て来るわけですね。

 

日本オリンピック委員会がコンサルティング会社を通してIOCに掛け合う…といった流れになっていたわけです。

ここでいう裏金問題・賄賂と騒がれている内容は、日本オリンピック委員会がIOCに巨額のおもてなしをしたという件です。

しかし、招致委員会理事の竹田会長は賄賂を支払ったのではなく、コンサルティング会社にコンサル料を支払ったのだと発言しています。

コンサルティング料としてはまず初めに9500万円。

招致が決まってから1億3500万円を支払ったとのこと。

物凄い額に見えますが、はっきりとした相場は無く、これくらいお金を払ってもおかしくはないと言われています。

確かに、開催地が決まってしまえば、経済効果も凄いことになりますし、例え2億円を積んだとしてもそれ以上のバックが見込めるでしょう。

開催されれば経済効果は約3兆円。

これならただ額をみて「裏金・賄賂だ!」とはやし立てているだけに感じます。

スポンサーリンク

コンサルティング会社について

では、このコンサルティング会社の社長について見てみましょう。

このコンサル会社は「ブラックタイディングス

代表はイアン・タンという人物です。

この方がこの騒動の発端となっているのです。

 

このタンという人物は、国際陸上競技連盟の会長の息子と近しい関係であると言われています。

そのため、今回日本側がコンサル会社に支払ったお金が「タン氏」のコネクションを通じて、IOC委員である「ディアク」という人物に渡った可能性があると報道されているのです。

 

つまり、招致委員はこのコンサルティング会社の社長が、IOCとのそれなりに深いコネクションを持っていると分かった上で、お金を支払ったのではないかと考えられているのです。

巨額の資金も、コンサルティング会社とIOC委員に上手く分配できるように用意した物ではないかとも見られています。

 

コネを持っていた会社を選んだ方が招致される可能性は高いですし、それを初めから分かっていれば、そちらを選ぶでしょうね。

ただ、竹田会長はコンサルティング会社の社長がIOC委員と深いコネを持っていたなんて知らなかったし、現在もそういった確認も出来ていないと発言しています。

何故発覚したのかどうかは分かりませんが、コンサル会社にお金を払っただけ…という事にすれば全て上手くいくはずですからね。

今回発覚してしまったことで現在地元警察が調査しているとのことですが、もしそれが本当であった場合は、東京オリンピックは中止になる可能性は高いでしょう。

 

東京オリンピック中止の予言について

次は予言についてです。

非常にオカルトですが、最近ではちょっとそういった事件や災害などが頻繁に起きているため、頭の片隅に入れておいた方が良いと思いました。

松原照子の予言

この方は東日本大震災が起きることを予言していたとして有名になりましたね。

偶然だったのかもしれませんが、オリンピックに関しても意味深なコメントを残していたのでご紹介します。

松原さんはブログで「東京オリンピックは開催されるのか?」という質問を受けたと明かしました。

その質問に対して ない と発言。

実際に東京オリンピックは中止になります…とは言っておりませんが、自分の中には不安・何か詰まった気持ちが溢れているとコメント。

そして「この気持ちが治まるように思ってほしい」という文も意味深です。

 

つまり、

「2020年には何か大きな事が発生する可能性が高いため、不安な気持ちになっている。

「ただ2020年まで期待だけして過ごすのではなく、何か色々な事に注意して過ごしてほしい」

という事ではないでしょうか。

裏金に関しても発言はしていませんでしたね。

ここで思い浮かぶのが大きな災害でしょうか。

南海トラフ地震などの大きな災害が訪れる可能性は前々から懸念されており、首都直下型もいつ起きてもおかしくないと言われています。

そういった事が2020年に発生することを示唆しているのかもしれませんね。

オリンピックが開催されることに胸を躍らせているのではなく、警戒した方が良さそうです。

 

最後に

今回は、東京オリンピックが裏金問題で中止になるのか…といった内容で考察していきました。

 

裏金問題に関しては現在調査中とのことですが、やはり本当だとすれば開催は中止になる可能性は大ですね。

お金を渡して招致」なんてことが発覚すれば、これから先他国から軽蔑される場合もあるでしょうし、色々と問題になるでしょう。

誤解であることを祈るばかりです。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ