少しずつと少しづつはどっちが正しい使い方か知ってる?

この記事では、「少しずつ」と「少しづつ」はどっちが正しい使い方なのか…といった違いについてまとめていく。

意外とド忘れしやすいのが、この「ずつ」と「づつ」の使い方だと思う。

小学生の頃に、これらの使い方は教わったはずだが、時間が経つにつれてどっちが正解なのか、どうして間違いなのかを判断しずらくなってしまう。

色んなことが考えられるが、どちらを使っても会話が成り立つからこそ判断が付きにくくなるのだろう。

さて、それではこの「少しずつ」と「少しづつ」の違いについて見ていこう。

スポンサーリンク

「現代仮名遣い」と「歴史的仮名遣い」

ご存知の通り、日本語には「現代仮名遣い」と「歴史的仮名遣い」(旧仮名遣い)が存在している。

「すこしずつ」と「すこしづつ」の違いについて知る上で、まずは仮名遣いの歴史を少しだけ振り返ってみよう。

仮名遣いが生まれたのは「鎌倉時代」からである。それが「定家仮名遣い」。

ここから国学の普及、そして時代の流れと共に「契沖仮名遣い」⇒「歴史的仮名遣い」⇒「現代仮名遣い」が使われるようになったわけだ。

そして、今回のお題である「少しずつ」と「少しづつ」は現代仮名遣いと歴史的仮名遣いに分けられる。

現代仮名遣いと歴史的仮名遣いの違いについて具体的に見ていこう。

例えば…

現代仮名遣い 歴史的仮名遣い
こえ こゑ
はじ はぢ
おとこ をとこ
思い出 おもいで おもひで

上記の表を見れば、なんとなく「少しずつ」と「少しづつ」の違いについて分かると思う。

  • 少しずつ⇒現代仮名遣い
  • 少しづつ⇒歴史的仮名遣い(旧仮名遣い)

このように、少しずつは現代仮名遣いで、すこしづつは歴史的仮名遣いなのである。

次の項目では、この時代に使う場合は、どちらが正解なのかについて触れていく。

「少しずつ」と「少しづつ」はどっちが正しい使い方なのか?

結論から言うと、「少しずつ」が正解。

昭和20年ごろまでは、「づつ」と使われて来たが昭和21年の改訂により「ずつ」に変わった。

また、昭和61年の改訂で「づつ」でも認可されることになったため、厳密に言えば「づつ」を使っても完全に間違いではない。

しかし、職場や学校など日常生活で使用する上では「ずつ」が正しい。テストで「少しづつ」と書いてしまうと減点されるので注意が必要だ。

LINEやら業務連絡やらでなんとなく「ずつ」と「づつ」の使い方に迷ってしまう事もあると思うが、現代では「ずつ」が正しいとされているので、日頃から覚えておくと良いだろう。

では、逆に「ず」ではなく「づ~」が使われている単語はどれくらいあるのだろか?「づ」を使う際のルールなども合わせて次の項目で確認していこう。

スポンサーリンク

現代仮名遣いには「特例」がある

上記では、現代仮名遣いが使われるようになったら、「づつ」⇒「ずつ」が正しい使い方と改訂されたと話したが、実は「特例」なんて物が存在するのだ。

文部省の公式サイトをご覧になると分かるように…

現代語の音韻(単語の意味を区別する音声)に従って、表記の慣習を尊重して一定の特例を設ける

…とされている。この特例に該当するのが「づ」なのである。

例えば…

続く つづく
綴る つづる
つづみ

こういった場合は「ず」を使うのではなく「づ」を使用するのが正解。「つずく」ではなく「つづく」・「つずる」ではなく「づづる」のが正しい使い方…と言うわけだ。

こうした単語は「同音連呼」と呼ばれているのだが、発音だけで「づ」と「ず」を使い分けるのは割と難しいので、あらかじめ覚えてしまうのが手っ取り早い。

つづ~ が使われている漢字自体はそう多くない。

また、特例は「づ」だけでなく「ぢ」にも適用されており、鼻血⇒「はなじ」ではなく「はなぢ」といった使われ方が正解となる。

2つの意味から成り立つ単語は「づ」を使う【2連語】

上記のように特例以外にも「づ」が使われるパターンがある。

だが、非常に簡単に覚えられるので、ぜひこの機会にチェックしておこう。

例えば…

「小包」(こづつみ)は、「小」と「包」という2語で成り立っていることが分かる。

この場合は、「こずつみ」ではなく「こづつみ」が正解となる。

さらに、「新妻」(にいづま)は、「新」と「妻」で成り立っているので、「にいずま」ではなく「にいづま」となるわけだ。

この2つの意味から成り立つ単語の事を「2連語」と呼ぶ。2連語の場合は「ず」ではなく「づ」を使うのが正解で、「ず」を使うと恥ずかしいことになるので気を付けよう。

まとめ

「すこしずつ」と「すこしづつ」は一般的に正解と言われているのが「少しずつ」。

この理由は、「少しづつ」が歴史的仮名遣いで、「少しずつ」が現代仮名遣いであるためだ。以前は少しづつが使われていたが、現在では少しずつが一般的となっている。

もちろん、厳密に言えば「すこしづつ」でも間違いではないが、学校のテストなどで「づつ」を使うと不正解になるので「ずつ」を使うようにするのがベター。

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ