新型or旧型アイコスが故障(壊れた)時の対処法!使い続けたらどうなる?

あなたのアイコスにこんな症状は現れていませんか?

  • ホルダーのLEDが”緑からいきなり赤”に変わる
  • ホルダーのLEDが赤点滅
  • ホルダーが充電できない(チャージャーの充電ランプがオレンジ・赤点灯or点滅)
  • チャージャーの蓋が閉まらない

上記のパターンが確認された場合、アイコス本体の異常が考えられる。

この記事では、新型or旧型アイコスが故障(壊れた)時の対処法をはじめとして、そのまま使い続けたらどうなるのかお伝えしていきたいと思う。

スポンサーリンク

アイコスが故障・壊れた時の対処法

アイコスが壊れた(故障なのか判別したい時は)、まずはアイコス公式へアクセスし、「デバイス診断」を行おう。

「ブレードの異常」、「チャージャーの異常」、「ホルダーを稼働させた際の状態」、「ホルダーを充電した際のLEDパターン」などから、”正常か異常か”を判別してくれる。

アイコス公式HPでデバイス診断を行う方法

では、早速あなたのアイコスが異常をきたしているのかどうか診断していこう。

※デバイス診断を行うためには、あなたが持っているアイコスが製品登録されている必要がある。まだ、製品登録が住んでいない方は「アイコス本体を製品登録する方法」を参照して登録を完了させよう。

まずは「アイコス公式HP」にアクセスする。

右上のメニューをタップしウィジェットを開く⇒「My Account」をタップ。

「あなたのアイコス」をタップすると、現在製品登録されているアイコスの情報が表示される。

デバイス診断を行うには下に表示されている「故障かなと思ったら」をタップ。

そこから、デバイス診断が始まる。

「チャージャー」・「ホルダー」・「充電器」・「ケーブル」…これらの内、どれが壊れているのか、どのような状況なのかを選択して進めていく。

最後まで進めて「あなたのアイコスは正常に稼働しています」とメッセージが表示されれば異常は無い。

逆に、「あなたのアイコスに異常が見られます」といったメッセージが表示されたならば、交換を行うのが望ましい。

アイコスを交換するために必要な事

メールではなく直接電話するのが手っ取り早い

※カスタマーサービスの担当者に症状を説明する際に、”チャージャーはフル充電されているか”を問われ、ホルダーを挿入⇒LEDパターンを説明しなければならない。

そのため、電話する前に一応チャージャーはフル充電状態にしておくことをお勧めする。

 

アイコスに異常が見受けられた場合、そのまま新品と交換する事になるわけだが、最後のメッセージが表示された後に、サポートセンターにメールを送信する流れとなる。

そして、以上内容をメールに記入して対応を待つ…しかし、一番手っ取り早いのは”カスタマーサービスに直接電話”することだ。

アイコスカスタマーセンターの電話番号は「0120-190517」。

※営業時間は「8:00~22:00」

冒頭は自動音声で対応される。「ただいま混み合っております⇒故障に関する相談はアイコス公式の~」といった内容が流れるので、そこで切らずにそのまま聞き流す。

すると、アイコスの使用に関するご相談は”○番”を押してください…と指示が出るので、案内に従い番号を押す。⇒故障に関するご相談は”○番”を押してください⇒指定された番号を選択すると自動音声ではなく直接カスタマーサービスの担当者に電話が繋がる。

電話よりもメールで連絡したい方へ

電話するよりも、メールで解決させたいという方もいらっしゃるかと思うので、そちらに関しても解説しておく。

まずは、カスタマーサービスに故障しました的なメールを送る。送る方法は以下の画像を参照。

 

すると、返信が来る。「どういった状態なのかを詳細に記入」し、送信すれば完了となる。

スポンサーリンク

症状を説明する

カスタマーサービスに電話が繋がったら次に、あなたのアイコスに現在どのような症状が現われているのか説明を行う。

「チャージャーの蓋が閉まらない」・「ブレードが折れてしまっている」・「ホルダーのLEDがいきなり赤に変わる」…と説明すると、より具体的に説明を求められるので、説明するのが不安な方は事前にメモにまとめて置いても良いだろう。

その後、無償交換を行えるのか否かを判断される。

交換にあたって

交換出来ると判断されたら、住所・電話番号などを担当者聞かれた後に、お届け日時を決めていく。

最短日数の説明・希望日時などを問われるので、受け取れる時間帯を指定しよう。

新品のアイコスが手元に届くまで約3日程度。

交換品が来たら故障したアイコスを返送する

数日後に新しいアイコスが送付されるので、受け取りが完了したら故障しているアイコスを送り返す。

交換品は以下のような箱で手元に届く。

これは往路となっているので、返送する際にあなたが代金を支払う必要はない。

開封すると、交換品と納品書が入っているので、そちらを取り出したら壊れたアイコスを中に入れて、封をすれば完了となる。

アイコスの入れ方だが、丁寧に包んでもこんな感じでも問題ない。

クロネコヤマトに直接持って行っても良いし、取扱コンビニ等に行っても良い。

配達員さんが交換用アイコスをお届け⇒その場で待っててもらう⇒壊れたアイコスを箱に入れる⇒返送…といった様にアイコスが届いたらその場で故障したアイコスを送り返す事も可能だ。

壊れたアイコスをそのまま使い続けたらどうなる?

  • 交換するのが面倒くさいからそのまま壊れたアイコスを使い続ける。
  • 保証期間が過ぎてしまったから仕方なく壊れたアイコスを使い続ける。

前者の場合は非常に勿体ない。保証期間が過ぎてしまってはまた新しいアイコスを購入しなければならないため、保証期間内に新品に交換してしまった方が断然お得である。

もちろん、「この程度なら交換せずともまだ使えるでしょ」という状態の方もいらっしゃると思う。

しかし、その故障の原因があなた自身のミスではなく、製品の不具合だった場合、保証期間内なら制限なく交換を受けることが出来る。逆に言えば、それがあなたの過失であった場合は、有償交換になる場合もある。

悩んでいる方は一度、カスタマーサービスに連絡して、状況を診断してもらうのがベターだ。

 

で、既に故障しているアイコスをそのまま使い続けたらどうなるのか…という疑問だが、時間が経過するにつれ状況はより悪くなるだろう。バッテリーも寿命はあるし、交換せずに使い続ければ本来のポテンシャルは下がっていく。

もう保証期間が過ぎてしまったんですが

中には、すでに保証期間が過ぎてサポートを受けられないという方もいらっしゃると思う。

その場合、デバイス診断にも「保証期間が過ぎています。新しいアイコスをお買い求めください」と表示される。

つまり、この先もアイコスを使いたいなら新しいアイコスを購入しなければならない…というわけだ。

そして、保証期間が過ぎている故障したアイコスの使い道としては、ヤフオクやメルカリで”ジャンク品”として売るのがベター。

どのような症状かによっても、金額は上下するが、ブレードを部品取りしたいユーザーも一定数存在しているので、ブレードさえ生きていれば少なくとも1000円は行くはず。

というわけで、もし故障したかな…と思ったら迷わずカスタマーサービスに連絡しよう。

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ