アイフォンがフリーズで固まった時の対処法!動かない原因は?

アイフォンを使っていてフリーズして動かなくなってしまった経験をした方は多いだろう。筆者はiPhone4を使っていた頃にしょっちゅうフリーズしてイライラしていた。

そして、6に変えても6sに変えてもフリーズ。原因は多々あるが、それが分かっていないと最新機種でも固まって動かなくなってしまうケースがある。

今回は、アイフォン(iPhone)がフリーズで固まった時の対処法をはじめとして、動かない・反応しない原因に関しても触れていこう。

スポンサーリンク

アイフォンがフリーズして固まった時の対処法

アイフォンがフリーズしてしまった時の対処法として一番手っ取り早いのが、再起動してしまう事だ。

もちろん、強制終了という形になるので、記事などを執筆していた場合、下書きに保存されて居なければ、またゼロから書き直し..といったことになっても仕方がないが。

ただ、現状では強制終了させずにフリーズから復帰させる方法は多くは存在していない。

ホームボタンを押してホームに戻る。

ホームボタンを押せば当然ホームに戻るわけだが、この時点でホームボタンすら反応しない場合は、次の方法を試してほしい。

ただ、ホーム上でフリーズしてしまっている場合は、かなり厳しいだろう。ホームボタン長押しでSiriを起動→解除→この操作を試してみたりしてもフリーズから復帰しない場合は、次の項目に進んでみよう。

電源ボタンを押してスリープに

フリーズしてしまっている状態で、電源ボタンを押してスリープ状態にする。

もう一度電源ボタンを押してスリープ状態を解除するとフリーズが直っているケースもある。筆者もこのパターンでよくフリーズから復帰する。

ただ、ホームボタンで復帰したとしても、ブラウザが再読み込みされてしまっている事が多いのでワードプレス等で記事を書いていた…なんてときはわりと真っ白になっているケースがある。

ただ、この方法で直らなかった場合は、再起動を試みよう。どのみち、復帰してもブラウザやアプリが再読み込み・リセットされているケースがほとんどなので思い切って再起動してしまった方が早い。

 

簡単にではあるが、フリーズからの復帰方法について述べた。電源を押してスリープ→スリープ解除。ホームボタン→ホームに戻る。このような単純な操作で復帰する事もあるが、結局のところ再起動をしてしまった方が早い。

再起動してもフリーズが頻繁に発生する

フリーズ→再起動→復帰。

フリーズは基本的にこのように本体の電源を入れ直せば解決できる。しかし、中には再起動を行った後にしばらくは使えるが途中からまたフリーズする…といった報告もある。

こうなってくると、いくらフリーズ状態から復帰させたとしても満足に使う事は出来ないだろう。

では次に、アイフォンが何故フリーズしてしまうのか、その原因について見ていってみよう。

アイフォンがフリーズ・固まって動かなくなる原因とは?

アイフォンがフリーズしてしまう要因は多々ある…と冒頭で述べたがそれらについて詳しく見ていく。

主な原因としてあげられるのが以下の 点だ。

  • 複数のアプリを起動してしまっている
  • ソフトウェア(iOS)に問題がある
  • 脱獄アプリ
  • 異常な操作を行った

複数のアプリを起動してしている

アイフォンを使っていれば誰しも、多数のアプリを起動してしまう事はあるだろう。2~3個であれば問題ないが、わりと多めにアプリを起動していると処理がしきれず重くなる→最終的にフリーズする。といった事が考えられる。

ご自身のアイフォンがフリーズしてしまう際に、どんなアプリを起動しているかどうかチェックしてみよう。

もちろん、iPhone4のようなかなり前の機種で、最近リリースされたばかりのアプリ(メモリを多くしようするゲームアプリなど)を起動するとフリーズする可能性は十分ある。

ソフトウェア(iOS)に問題がある

その次はアイフォンのソフトウェアだ。

筆者の場合は、iOS9.1.2→最新バージョンにアップデートした事によってフリーズは解決された。ただ、前の方が使いやすかった気がする。

基本的に新しいバージョンにアップデートを行っておくのがベターとされているが、バージョンアップされる度に改悪される事が多いのがiOSだ。

そのため、誰かしらがバージョンアップ。人柱になってからアップデートを行う方も多いだろう。

そのため、フリーズする原因がソフトウェアと思う方は割と少ない。バージョンによって使いずらくなったり、逆に重くなったりするケースがあるので、もしタイミングが合った時にバージョンアップしてみるのも一つの手だ。

スポンサーリンク

脱獄アプリ

アイフォンを使っている方であれば”脱獄”という単語を耳にしたことがあるだろう。アイフォンをより使いやすくしたい…と思った時に選択肢にあがるはずだ。

もちろん、文鎮化するリスクも孕んでいるので、オススメは出来ないが、よりアイフォンに愛着を持てるのは確かだ。

そして、この脱獄が原因でフリーズが頻繁に発生してしまっている方も存在している。もし、フリーズが頻繁に起こっている際には普段使わないような脱獄アプリを削除しよう。

筆者はiPhone6で脱獄して、ホーム画面をアップルウォッチ風にする有料アプリを入れていたが、頻繁にフリーズ…ではなく電源が落ちてしまっていた。気に入っていたと言う点や有料アプリということもあり中々踏ん切りが着かなかったが、削除することで快適に使用することが出来ている。

異常な操作を行った

異常な操作を行う事によって本体がフリーズする場合がある。

文字では中々表現しにくいが、Aという命令をすると同時にBの命令をした場合アイフォンはフリーズする事がある。

例えば、サファリを開く→ホームボタン2回タップ→タスク削除…ブラウザを上にスワイプしてタスクを削除する動作の途中でホームボタンを押してホームに戻るなんてことをすると画面上に壁紙しか残らない…といった事がある。

分かりにくくて申し訳ないが、このように想定外の操作が起こると一時的にアイフォンがフリーズすることがある。

ただ、この場合は電源ボタンを押してスリープ→もう一度電源ボタンを押すことで復帰する事が出来る。

フリーズする原因について述べてきたが、もし心当たりがあれば試してみてほしい。

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ