アイコス2台(個)持ちをオススメする理由!クーポンは使える?

今回は、アイコス2台(個)持ちをオススメする理由と2台目を購入する際にクーポンは使えるのか…といった内容でお伝えしていきたいと思う。

アナタはみたことがあるだろうか。1度アイコスを吸い終わったはずなのに、颯爽ともうひとつのアイコスをポケットから出している人の姿を。あれは決して見せびらかしたいのではない。

かくいう私も2台持ちなので、ポケットから2個目のアイコスを出すと、普通のタバコを吸う人からは「なんで?」という視線を向けられることもある。もう慣れたが。

さて、ではなぜ自慢するためでもなく、2個目のアイコスを使うのか?普通に1個のアイコスを使い続ければいいのではないか?そういった疑問を持つ人もいるだろう。

だがしかし、アイコスの2台持ちには、(個人的にも)さまざまなメリットがある、と、2台持ち歩くようになってから実感した。

では一体なにが便利なのか。

スポンサーリンク

アイコス2台持ちのメリット

まず、2台持ちの最大のメリット、それは「チェーンスモーキングができる」ということである。恐らく、2台持ちをしている人の大半の理由はこれに尽きる。

というのも、アイコスを使用している点で一番のデメリットが、「一度使うと6分間の充電時間を要する」ということだった。

例えばランチの後、仕事に戻る前に吸い溜めしていく人も多いと思う。普通のタバコなら、吸い終わったらまたタバコを取り出し、火を点ければいいだけの話なのだが、アイコスはもう一度吸うために6分間も待たされるハメになる。サラリーマンの6分間とはとても貴重であり、その6分間を充電のためだけに使わされるのは、とてもナンセンスである。

その最大のデメリットを解消するために、2台持ちをするのである。

アイコスは6分間の充電を要する。しかし、逆に6分間吸うことができる。つまり、ひとつのアイコスを6分間吸っている間に、もうひとつのアイコスの充電が完了しているのだ。それを繰り返せば、普通のタバコのように(※充電が尽きるまでは)延々と吸い続けることができる。

これによって、アイコスを使っていない人からの得意文句「でも充電の時間吸えないんでしょ(笑)」という嫌味から逃れることができるのだ。実に素晴らしい。

そしてもうひとつのメリット。これは個人的に感じたことであるが、「たまに充電されていないとき対策」になるのである。

アイコスはやはり精密機械。ちょっとしたことで不具合を起こしてしまう。時に、「よし、吸うか」というときに充電できていなかったりするのだが(これが非常にイラっとする)、2台持ちをしていれば、そのイライラすることがかなり少なくなるのだ。

「ひとつが充電できていないのなら、もう片方を吸えばいいじゃない」

マリーアントワネットもかくやという素晴らしい格言である。

冗談はさておき、やはりアイコスは不具合が多い。せっかく吸える時間に6分間も待たされるのは、ただでさえタバコを吸いたくてイライラしているときにはたまったもんじゃない。

こういった悩みからも解き放たれるのが、2台持ちのメリットではないだろうか。

スポンサーリンク

2台目からのクーポン

一応、公式からは「アイコスは1人につき1台まで」と決められている。これには転売防止という理由もあるようで、まだ販売されていない中国などでは高値で取引されるらしく、一時期はアイコス購入に並ぶ列の大半が中国人だった、ということもあったようで、その対策らしい。

では、どうやって2台持ちをしているのか。

私の場合、1台目をアイコスショップで購入。2台目をタバコ屋で購入した。

アイコスショップでは、同時に2台を買うことはできない。別の日にもう一度購入することはできるようだ。このとき注意しなければいけないのがメールアドレス。

購入するとき、製品登録をしなければいけないのだが、同じメールアドレスでは登録アカウントを作成できない。

なので、フリーでアドレスを数個つくり、製品登録をできる状態にしておかなければならない。

では、コンビニ等ではどうか。

コンビニ等では、独自のクーポンを発行しているが、2台目を同時購入することについて特に制限は設けていないようで、スムーズに2台目を購入できる。(在庫があればの話だが・・・)

すぐに2台ほしいという人は、コンビニを地道に回り買うか、オークション等で定価以上の価格で買うしかない。

しかし、2台目は別アカウントを作成した私だが、アイコスを修理のためにショップに持っていくと、「原則は1台しか購入できませんので、気をつけてください(?)」と叱られる。

どこでどのようにバレているのかはわからないが、修理しにくいという状況にはある。

コンビニ等で購入したほうが早い場合もある。

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ