Hey!Say!JUMPは平成が終わったら改名や解散の可能性は?

今回は、Hey!Say!JUMP(平成ジャンプ)は平成が終わったら改名や解散の可能性はあるのか…といった内容について調べていきたいと思います。

天皇陛下の生前退位などの件もあって、もし平成が終わり、新たな元号になったらHey!Say!JUMPはどうなってしまうのか気になった方も多いでしょう。

確かに「Hey!Say!」は「平成」をかけたものである以上、元号が変更になった後らグループ名が変わってしまいそうな感じも多少あります。

スポンサーリンク

Hey!Say!JUMPは平成が終わったらどうなるのか?

今後の詳しい方針については関係者でないと分かりませんが、恐らくグループ名の変更は無いでしょうね。

グループ名の表記が「平成」ではなく「Hey!Say!」である事からして、平成が終わっても大して違和感はありませんし、そもそもグループ名の意味が「平成の時代を高くジャンプしていく」といったニュアンスなので、むしろ元号が変わってからが本当の意味でHey!Say!JUMPにマッチするでしょう。

このグループ自体、当初は次世代ユニットとしてデビューしたわけです。メンバーの構成が全員平成生まれです。

平成が終わったら解散の可能性はあるのか?

こちらに関しても可能性は低いでしょうね。平成が終わるタイミングでSMAPの様に内部で色々と揉め事があれば話は別ですが、現状のまま活動を続けていくことが可能であれば、グループ名が変わる事も無いでしょうし、解散することは無いでしょう。

しかし、時代が進んでいくにつれて何となく違和感を感じるグループ名は存在しています。

ジャニーズでは「少年隊」や「Kinki Kids」ですね。40歳近くになっても、50歳に近づいたとしてもグループ名にはそのまま少年を意味する単語が使われています。

当初も「今後彼らが年齢を重ねていったらグループ名が変わるのではないか…」といった噂はありましたが、今の今までグループ名は変わる事はありませんでした。

流石にこの先、グループで活動する事が難しい状態・年齢になった場合にはソロになって個人名義で活動をする可能性もありますが、彼らと同じようにグループ名を変えることなく活動していくでしょう。

どんなことがあったら解散してしまうのか?

Hey!Say!JUMPファンからしてみれば自分自身が生きている間は解散してほしくないと感じている方は多いでしょう。

もちろん、本人たちも出来るだけ長く続けていきたいと思っていると思いますし、何らかのトラブルが無い限りは体力の続く限りHey!Say!JUMPとして活動を続けていくとは思います…が、果たして解散に繋がる”トラブル”とはどんな要因が考えられるのでしょうか。

解散の可能性として考えられるのは以下の通りです。

  • メンバー間の不仲
  • 事務所間のトラブル

スポンサーリンク

メンバー間の不仲

メンバー間の不仲説と言うのは頻繁に噂されますが、それが顕著に出ていたのはそれこそSMAPですね。

中居氏と木村氏との不仲説は非常に話題になりやすく、実際に衝突する事もあったと本人は口にしています。まぁご自身の口から不仲だったとは直接出ていませんが、雰囲気を見てもやはり木村氏はどこか浮いている印象は受けますね。

SMAP解散となっても1人だけ残った件に関しても違和感を感じた方は少なくないと思いますし、これからソロで活動をしていく上でバッシングされる機会は出て来るでしょう。

 

では現状Hey!Say!JUMPのメンバー間での不仲説は浮上しているのでしょうか。

「山田涼介と中島裕翔」や「が不仲なのではないか…といった噂も一時期ありましたが、結局のところ立ち位置の件で若干気まずくなったというだけで、実際に不仲なわけでは無かったと言われています。

また、「山田涼介と伊野尾慧」に関してもしょっちゅう不仲説が出ていますが、あれは逆に2人の仲が良い様子が伺えます。

Hey! Say! JUMPと他のグループのメンバー間の不仲説は確かに怪しいと感じる部分はありますし、実際に不仲である可能性もゼロではありません。

ただ、現状のメンバーの様子を見れば、心からお互いを嫌っている様子は感じ取れませんし、これから先不仲が原因で解散するのはあまり考えられませんね。

事務所間のトラブル

ジャニーズとして活動していく上で絶対的な存在がジャニー喜多川ならびにメリー喜多川ですね。

SMAPの件でも散々叩かれていたメリー喜多川が特に芸能界の覇権を握っていると言っても過言ではありません。

社長はジャニー喜多川ですが、実権はメリー喜多川にあると言って良いでしょう。

つまり、もしメリー喜多川に逆らうような行為をした場合は、今後活動する事が出来なくなる可能性もあるというわけです。

ただ、Hey! Say! JUMPはメリー喜多川の娘である「藤島ジュリー景子」の派閥であることや、メンバーの一部が”お気に入り”として扱われている事もあり、凄まじい反発をしない限り、解散を食らうことはないでしょう。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ