GWに山登りへ行く上でベストな服装とは?関東のスポットも紹介!

今回は、GWに山登りへ行く上でオススメの服装や、関東の登山スポットもご紹介していきたいと思います。

GWという長い休みの中でやってみたいことは沢山あるかと思います。

温泉に行ったり、テーマパークに行ってみたり、更には海外旅行といった事をイメージしますね。

しかし、GWだからこそ「登山に行きたい」と思っている方も少なくありません。

前々から登山に興味があったと言う方や、これまで何度も行っている方など色々な方がいらっしゃるかと思いますが、今回はその中でもこれから登山に行ってみたいという方に向けての記事になります。

しっかりと準備を進めて楽しい思い出にしていきましょう。

スポンサーリンク

GWに山登りへ行く上でオススメの服装

登山する上で服装を考えなければなりません。

ただ、最初からあまりにも良い製品(値段が張る)を選ぶ必要はないと個人的には考えています。

確かに性能が良いものを使う事は悪くありませんし、登山をする上で役に立ってくれることはあるでしょう。

しかし、せっかく高い装備で固めたのにも関わらず、自分が登山に向いていないと感じてしまってはお金が無駄になってしまう可能性もでてきます。

お金を湯水のように使える方は問題ないかと思いますが、普通の方であれば最初から完全武装をする必要はないでしょう。

汗をかくのが前提

ご存知かと思いますが、登山をしていれば当然汗をかきます。

登っているときは「暑いなぁ」と感じていても、途中で休憩すれば「寒く」感じてしまいます。

その原因の一つが、服が汗で濡れてしまうことです。

それを避けるためにも汗をかいたとしても体が冷えない「速乾性」のインナーを選ぶ必要があるのです。

わざわざ登山に行く方が利用している様なお店で買わずとも、速乾性のシャツやロンTはg.uやユニクロ等でも購入する事ができます。

暑くなったら「脱ぐ」。寒くなったら「着る」

ということが基本であることを覚えておきましょう。

  • Tシャツ
  • ロングTシャツ
  • フリース

これらをインナーとして考えておけば問題ないでしょう。

アウター

それではアウターに関してです。

これに関しては、山登り以外でも使用が出来るため、多少お金を払っても購入して問題ないでしょう。

マウンテンパーカーにおいて種類がありますが、個人的にオススメのメーカーは「パタゴニア」です。

デザインが好き…ということもあるのですが、なにより重量・機能面が素晴らしいです。

もちろん他にも素晴らしいメーカーが存在していますので、アウターに関しては通販で決めるというよりも、実際にお店に行ってみて登ろうとしている山などを踏まえて試着して決めた方がよいでしょう。

店舗でサイズなどを調べてから通販で買うと言うちょっとアレなこともできますので、ぜひ直接試着しましょう。

スポンサーリンク

パンツ

パンツに関してこそ、適当にジーパンやチノパンを着ていこうなんて考えてはいけません。

これに関しても汗をかいた時のことや、動きやすさを考慮して決めるようにしましょう。

やはりトレッキングパンツが良いですね。

その中でもやはり「コンバーチブルタイプ」と呼ばれる、長さを調節できるタイプを選ぶと良いでしょう。

ショートパンツにしていく場合は、その下にサポートタイツを合わせて履くのが良いでしょう。

関東の登山スポット

次に関東の登山スポットをご紹介していきます。

筑波山

筑波山は茨城県つくば市に存在します。

筑波山は登りやすいですね。

子供たちも登っていることが多く、大人であれば問題なく登頂する事は可能です。

ケーブルカーもありますのでもし、もし下山する時に体力が無くなってしまったとしても安心して帰還することができます。

関東で登山を考えているのであればぜひ候補に入れておいて良いでしょう。

陣馬山

陣馬山は東京都八王子にあります。

よく高尾山から縦走することでも知られていますが、普通に陣馬山だけでも十分楽しむことができるでしょう。

美しい自然、うっすらと山頂から見える富士山など、いろいろと思い出をつくりながら登山を楽しむことができるかと思います。

宝登山

宝登山は埼玉県秩父郡にあります。

宝登山も初心者に優しい山ですね。

ショートカットする道があったり、ロープウェイで山頂まで行くことも下山する事も可能ですので、体力に心配がある方でも安心して楽しむことができるでしょう。

もちろん景色も素晴らしく、GWの良い思い出になってくれること間違いなしです。

 

最後に

今回は、Wに山登りへ行く上でオススメの服装や、関東の登山スポットもご紹介していきました。

これから多くの方が登山をしようと考えていると思いますので、マナーを守ることはもちろん、他人の迷惑にならないようにしっかりと事前に準備をしておくようにしましょう。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ