GWに子供をズル休みさせますか?休ませると担任が思うコト

今回は、GWに子供をズル休みさせようか悩んでいる方に向けて、休ませると担任が思うコトや、子供の友達が感じることなどについてお伝えしていこうと思います。

GWは多くの方が国内外問わずに旅行に行こうと考えるでしょう。

楽しい時間を家族全員で満喫することは大変素晴らしいですし、多くの方がそれを望んでいると思います。

今年のGWも平日に休みを取る事ができれば最大で10日間と言う長い休みを得ることが出来ます。

企業は10連休にするためにその日をわざわざ休みにすることもあるでしょう。

しかし、学校に至ってはその日を10連休になるから休みにするということは基本的にはしません。

予定を立てる上でその点がかなり引っ掛かってきてしまうのも事実ですよね。

果たして子供を休ませることは一般的にどう思われているのでしょうか。

スポンサーリンク

ズル休みで得る連休

個人的には誰がどこでズル休みをしようと自由だとは思います。

しかし、世間的にはあまりよろしくないと思われているのも確かです。

学校を休ませることが出来れば、予定がバッチリになるという方にとっては非常に複雑な意見もありますが、やはり休ませたいと考える方も少なくありません。

「子供を休ませてまで連休を満喫するのはおかしい」という意見も「一日くらい休ませたい」という意見もありますね。

これに関しては「どっちが悪い」という事でもなく、ズル休みさせたことによって子供がどう思われるのかという点を考えた方が良いのかもしれません。

休んだことで周りはどう思うのか

GWをより長い連休にするために間の1日というものは非常に邪魔になってくるわけです。

それは大人だけでなく子供も同じく考えているわけですね。

「この日が休みだったらもっと良かったのに」

多くの子供がこう感じていることでしょう。

そこで「じゃあ休ませよう」と行動する親御さんはクラスで何割いるのでしょうか。

ご想像の通りほとんどいません。居たとしてもちらほらといった感じでしょうね。

例えば風邪をひいたという理由で学校を休ませた場合、子供の友達は心配をする反面、「ズル休みじゃないの?」と考える子も存在するでしょう。

昔に比べると子供たちもそういったところに敏感になってきていることは確かですし、それがきっかけで連休明けに直接友達から「ズル休みしたでしょ?」と聞かれてしまう可能性もあります。

子供はちょっと焦るでしょうね。

風邪をひいたんだよ。と言いわけをいう事はできても、子供の心にはモヤモヤとしたものが生まれてしまいます。

例え休ませた理由が「家庭の事情」だとしても、子供が感じる感覚はおなじでしょう。

つまり、休ませることは問題なかったとしても、その後に友人達から何かを言われ、それがきっかけで何か子供が悲しむようなことになるケースもある…という可能性を孕んでいるということは理解しておかなければなりません。

自分の子供は大丈夫だ。と感じているのであればきっと大丈夫なんでしょうけれど、私が親であればわざわざ休ませるのはちょっと難しいですね。

確かに予定の帳尻を合わせるためにそういった事をした方が良い場合もありますが、子供の今後を考えればちょっと気が引けてしまいます。

まぁこれは自分が親だった場合ですが。

昔に比べてそういった親御さんも増えているので、クラスの親御さんに連絡をとって相談してみるというのも一つの手ですね。

スポンサーリンク

担任の先生が思うコト

先生と言っても色々なタイプの方はいます。

人間ですからね。

生徒がずる休みをしたことに関して先生は

  • あまり関わりたくないから別にいい
  • 何か言ったほうがいいな

といった2パターンを考えるでしょう。

前者の場合は特に考える必要はないと思いますが、後から子供が担任の先生に何か言われるかもしれないという場合はちょっと子供が気の毒ですよね。

まとめ

まとめると、休ませること自体は「絶対に悪い」ということではありません。

スケジュール的にも仕方ない方もいますしね。

ただ、子供の事を考えるとちょっとどうなんでしょうね。といった風になってしまうわけです。

休ませる前に、子供に了承を得てもらうという事も必要なのではないでしょうか。

最後に

今回は、GWに子供をズル休みさせようか悩んでいる方に向けて、休ませると担任が思うコトや、子供の友達が感じることなどについてお伝えしていきました。

色々と子供のことを考えた行動を心がけなければならないという事ですね。

今の楽しみを考えるのか、子供のリスクを考えるのか。

ご友人と相談しても良いですし、一旦よく考えてみて下さい。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ