ポケモンGOの技の使い方!厳選の目安や方法(やり方)をチェック

今回は、ポケモンGOの技の使い方を初めとして厳選の目安や方法(やり方)を考察していきたいと思います。

ジムバトルを頻繁にするようになると、ポケモンのCP値だけでなく、それぞれのポケモンが持つ「固有技」によって、同じポケモンでも個体差があることに気が付きます。

通常は、どうしてもバトルには「CP値」が高いほうが有利だと考え、これだと見込んだポケモンを暇さえあればどんどん強化しがちです。

しかし、ポケモンは進化前と、進化後で技が変わることが多いため、たとえ「CP値」が高くても、実際戦闘に耐える個体になるかどうかは、進化してみなければ分かりません。

では、どうすれば強い個体を厳選し、戦闘に強いポケモンを作れるのかをご紹介します。

ポケモンが持っている技

(各ポケモンは、通常技とゲージ消費技を1つずつ持っている。 二つの違いを簡単に説明していく)

全てのポケモンは、「わざ1」と「わざ2」という2つの技を持っています。

何の技を持っているかは「ポケモン」の画面の、固有のステータス画面の下に2つ技が載っています。

例えば「イーブイ」を見てみると「でんこうせっか」と、「スピードスター」と2つの技が書いてあります。

この上に載っている技が「わざ1」、下の「スピードスター」がわざ2です。

「わざ1」は同じポケモンであれば共通の技なのですが「わざ2」は、個体によって使える技が異なります。

試しにほかのイーブイを見てみましょう。

「のしかかり」「スピードスター」「あなをほる」など、同じイーブイでもそれぞれ持っている固有技が違うことが分かります。

技の使い方

まず「わざ1」はポケモンをタップすることで繰り出すことができます。

バトルになると、思わず画面を連打しがちなのですが、連打の回数はあまり攻撃に関係はありませんので、必要以上に連打してもあまり意味はありません。

簡単に使えるので、一回一回の技の威力はあまり強くありません。

相手に攻撃を仕掛けたとき「こうかはばつぐんだ!」とか「あまりこうかはないようだ」などとメッセージが出ます。

相手に大きなダメージを与えられた時「こうかはばつぐんだ!」が出ます。

「わざ2」は「わざ1」と違い、回避と攻撃によって体力の下のバーに青いパラメーターが出るのですが、その青いマスが全部青になったとき、ポケモンを長押しすることで「わざ2」が初めて発動可能になります。

技に成功したときは、画面上下が少し狭まるので、技が出たかどうか分かるようになっています。

一回あたりの攻撃力が高く、ポケモンの「決め技」に等しい「わざ2」は、バトル中の行動によってゲージが溜まる「タメ」の時間がやや必要になってきます。

そのため、真正面から「わざ1」だけを無謀に繰り出し続けていると、相手の技をまともに食らって、技を出す前に体力を削り取られて敗退することになります。

「わざ2」を繰り出すために重要なのが「回避」行動です。

これは、モンスターを左右にスワイプすることでアクションが起きます。

まだそんなに手持ちで強いポケモンがいないときは、極力敵の攻撃に当たらないことを重要視したほうが良いと思います。

この「回避」の良いところは、ただ敵の攻撃を避けるだけではなく「わざ2」のゲージが溜まることです。

戦闘が始まると「まずは攻撃」と先走りがちになりますが、まずは左右に回避し続けながら、相手の攻撃パターンを見極めましょう。

バトルにタイム制限はありませんので、焦らずに相手を観察し続けます。

「わざ1」でもわざ2の発動ゲージが溜まりますが、同じように「回避」でもゲージがたまり、「わざ2」が発動しやすくなります。

真正面からぶつからず、のらりくらりと敵の攻撃を避け続けましょう。

避け続けていると、大抵敵の攻撃パターンが見えてきます。

その隙を狙って「わざ1」でちょこちょこ相手を削りつつ、技を繰り出した後は逃げ「わざ1」→「回避」を繰り返すと「わざ2」のゲージが溜まります。

そうすれば、ポケモンを長押しし、一気に「わざ2」でダメージを与えましょう。

その後は、再び「わざ2」を貯めるために同じ行動を繰り返します。

スポンサーリンク

進化すると技が変わる?

先ほど述べた「イーブイ」を進化させた「ブースター」は火属性のポケモンですが、
進化させると「わざ1」が「でんこうせっか」→「ひのこ」に、「わざ2」が「スピードスター」→「だいもんじ」に変わっています。

「わざ2」が何になるかは進化させてみなければわからないのが実情です。

技の厳選方法・やり方

(ポケモンは進化するとゲージ消費技が変わる場合がある。

どんなにステータスが高いポケモンでも、進化して技があまり使えないと、厳選をやり直したほうが良い場合もある…と結論付ける)

それでは、先の「ブースター」の「わざ2」について調べてみましょう。

下記は、それぞれ技の発動時間と、威力の数値です。

  • だいもんじ   4.1秒 威力100
  • かえんほうしゃ 2.9秒 威力 55
  • ねっぷう    3.8秒 威力 80

発動時間を重視して「かえんほうしゃ」を選ぶのか、倍近い威力の「だいもんじ」のどちらを選ぶかといえば、大抵のひとは「だいもんじ」が使えるブースターを選択するでしょう。

これを「技厳選」といいます。

ポケモンを強化してから進化させるか、進化させてから強化するかどちらが良いのかという議論がなされていますが、最近はどうやら「進化させてから強化する」が良いという流れになっています。

いくらCP値が高くても、わざ自体のもつ攻撃力が少なければ、戦闘ではあまり使い物にならないポケモンになるかもしれません。

ですから、まず進化前のポケモンをたくさん集めたところで、どんどん進化させていき、強い技を持ったポケモンを選び出し、そのポケモンを選抜して強化していったほうが、より強い戦えるポケモンに繋がります。

最後に

ずっと育ててきた愛着のあるポケモンが、あまり技が強くない個体だったとき、寂しい気持ちになりますよね。

私は「博士に送る」ことができず、手元に残し続けてしまうのですが、エース級が負傷したとき、代わりに戦う戦力として趣味で強化しています。

どうしても、バトル最前線のポケモンの強化ばかりに目がいってしまい、なかなか強化ができないのですが「このポケモン、全然弱いし戦えないけど、なんか可愛くて好きなんだよね」という愛着がわいてしまうのが、ポケモンの良いところではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ