ポケモンGOの高速移動ペナルティの原因と解除方法や時間について

今回は、ポケモンGOの高速移動ペナルティの原因と解除方法や時間について考察していきたいと思います。

ポケモンGOは自分の足で歩いてポケモンをゲットするシステムとなっていますが、車や電車などに乗っていても、運転手以外であればプレイする事が可能です。

タマゴを孵化させるにはスピードが出すぎてしまっているため、発進時・停車時のときのゆっくりとしたスピードの時以外は換算されません。

ですが、ポケモンの捕獲やポケストップのアイテムに関してはGPSが追いつけば、何とかゲットする事が出来ます。

といっても、あまりスピードが速すぎると反応しないことが多いですが。

さて、こういった乗り物に乗って移動している時にプレイしていたことがきっかけで、ペナルティを受ける場合があります。

普通にプレイしているのにペナルティを受けるなんてたまったもんじゃありませんが、どうしてペナルティを受けてしまうのでしょうか。

ペナルティの症状と受ける理由

ポケモンGOでは、移動距離があまりにも速すぎるとペナルティを受けます。

このペナルティの症状についてですが、以下のような事例が報告されています。

  • ポケモンが捕獲できない
  • ポケストップが反応しない
  • ジムでバトルが出来ない

では詳しく見ていきましょう。

ポケモンが捕獲できない

まず報告があった内容の1つは、ポケモンを捕獲することが出来なくなってしまうという物。

実際にポケモン自体は出現し、タップして捕獲モードに入ることもできるとのことですが、いざボールを投げても一瞬でボールから出てきてしまい、そのまま逃げられてしまうらしいです。

nice、great、excellentのいずれが出てもペナルティ中はポケモンを捕獲する事が出来ない…せっかく欲しいポケモンが出現したのにこんな状態になってしまっていたらショックが大きいでしょうね。

ポケストップが反応しない

2つ目はポケストップが反応しない…と言う点。

ポケストップにタップして回すことが出来ても、アイテムは一切出ないとのこと。

「少し時間をおいてください」といった表示も出ずにそのまま回り続けるだけで、反応が無いようです。

急いでポケストップに向かってこんな仕打ちを受けてしまったら、どんな顔をすれば良いか分かりませんね。

ジムでバトルが出来ない

3つ目はジムでバトルが出来なくなるといった内容です。

ペナルティを受けている時にジムでバトルおよびトレーニングを行ったとしても、「GO」の文字が出た瞬間にエラー表示がでてジムにタップした時の状態に戻されるとのこと。

ひとまず以上の3点がペナルティを受けた際の症状らしいですね。

実際にペナルティを受けた際にはBGMの変化はあったりするんでしょうか…

音が無くなったりすると分かりやすいですが、高速で動いたからと言ってこういった状況になれば、悲しみしか残らないでしょう。

ペナルティ解除にかかる時間と解除方法

結論から言うと、今のところ、ペナルティ解除の方法は時間が過ぎるのを待つだけです。

移動距離にもよるとのことですが、1時間~4時間ほどのペナルティが課せられ、その時間が過ぎると元通りになります。

お問い合わせから、こういった事に関する内容を送ることも可能かとは思いますので、もしどうしてもと言う場合は、運営側に連絡をしてみるのも一つの手段です。

ペナルティの対処法

ペナルティの対処法としては、高速で移動している最中はポケモンGOをプレイしない…としか言えませんね。

もちろん、ガイドラインには「乗り物に乗っている最中(助手席)でプレイしてはいけない」とは書いてありませんし、「電車や新幹線でプレイしてはいけない」とも記載されていません。

これだと普通にプレイしている人間もペナルティに引っ掛かる可能性もあるのですが、やはり現状ではこういった方法しか位置偽装をしている人間への対抗策が無いとも取れるでしょう。

この先、もっと効率の良い位置偽装集団を排除できる策が実装されるまでは、我慢するしかないのかもしれません。

スポンサーリンク

ペナルティを受ける原因

ペナルティを受ける原因は高速でマップ上を移動したとみなされたからですね。

第一回目のアップデートによりこの機能が実装されたとのことですが、なんだか有難迷惑な話ですよね。

この機能が実装された原因は、主に海外のプレイヤーがスマートフォン内部のGPS機能を偽装して、世界中を飛び回っていたことが発覚したからです。

このような偽装が出回ってしまえば、ARシステムの価値は無くなりますし、今まで通りのスマホゲーに成り下がってしまいます。

そういった不正の打開策の一歩として運営側がペナルティを実装したわけですね。

離れた街への移動や、国から国の移動をするといくらGPSを偽装したからと言って、その移動スピードは、到着までにかかった時間を考えればとんでもない速さになります。

そのため、内部でペナルティが課せられるというわけですね。

こういった方法を続けていれば、アカウント停止・BANされる可能性は非常に高い上、ポケモンGO自体がつまらなくなりますので、絶対にやめた方が良いです。

偽装代行をしている人間も居る

ツイッターで「ポケモンGO 偽装」で検索をかけると、割と多めにそういったアカウントが出て来るかと思います。

偽装の方法を数千円で販売しているどうしようも無い方達が現れるわけですが、せっかくポケモン・アイテムをゲットしたのにアカウント停止になってしまえば、それこそ水の泡です。

お金を使う程の価値は恐らくありませんので、カモにならないようにご注意を。

最後に

今回は、今回は、ポケモンGOの高速移動ペナルティの原因と解除方法や時間について考察していきました。

普通に遊んでいたのにペナルティを食らってしまうのは非常にイラッとくるはずです。

こういった偽装しまくっているユーザーを排除するために、そろそろ動き出す頃でしょう。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

トレーナーレベルを上げるのがめんどくさい方へ

幸せたまごのバナー 修正1-コピー3

せっかくレアなポケモン・育てると強くなるポケモンを捕獲したとしても、トレーナーレベルを上げないと、そのポケモンの最大限の力は発揮できません。

しかし、トレーナーレベルはそう簡単にポンポンと上がっていくものではありませんね。

トレーナーレベルが上がらない理由は、効率的にXPを集められていない事が大きな原因です。

 

効率的にXPを集める方法として有名な手法が『ポッポマラソン』であることはご存知かと思います。

このポッポマラソンの効果を得るのに必要なアイテムが「しあわせたまご」ですね。

しあわせたまごは入手XPが2倍になる素晴らしいアイテムですが、使っていれば当然無くなってしまいます。

しあわせたまごがあれば、効率的にトレーナーレベルを上げられるのは確かです。

しかし、使い切ってしまえばまた地道な作業が始まります。

 

「ポッポを集める→しあわせたまごを使ってレベルアップ」

この流れを行っていれば当然レベルは着々と上がっていきますが、一度トレーナーレベル40までに必要な「ポッポの数」と「必要経験値」をご覧ください。

トレーナーレベル 必要経験値 ポッポの数
20 210,000 約178匹
30 2,000,000 約1,775匹
40 20,000,000 約70,970匹

トータルで見た場合、トレーナーレベル40までレベルを上げるためには「2000万」の経験値が必要になります。

ポッポマラソンで上げる場合は7万匹以上を捕獲しなければならないことになります。

折り返し地点と思っていたレベル20までの経験値量が可愛く見えますよね笑

40レベルまで上げるのは、言葉通り気が遠くなるような膨大な時間を使って経験値を集めなければなりません。

これ以外にも経験値を得る機会はあるかと思いますが、相当過酷な道のりであることは間違いないでしょう。

こうなってくるともはや作業の領域ですね笑

 

もしも、しあわせたまごを大量に使うことが出来れば、必要なポッポの数も時間も半分に短縮する事が可能になります。

筆者はポッポマラソン1回目から面倒くさい作業と感じていたので、しあわせたまごをデフォルトで使用するようになりました。

常時入手できるXPが2倍になる感覚は爽快です。

このようにジャブジャブ使う方法は『課金』と思われがちですが、筆者は1銭も出さずにゲットしています。

もし、トレーナーレベルを本当の意味で「効率的」に上げたいのであれば、しあわせたまごをデフォルトで使うのがベストです。

→筆者がしあわせたまごを無料で手に入れている方法

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ