熊本地震:支援物資の「受付」・「送り先」情報をまとめました

今回は、熊本で発生した地震で避難している方への支援物資について「受付」や「送り先」の情報をお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

不足している物

現在、支援物資のニーズは非常に高まっていることは言うまでもありません。

その中でも特に必要とされているのが

  • 乾電池
  • タオル
  • トイレットペーパー
  • ウェットティッシュ
  • マスク
  • 衣服
  • 下着
  • おむつ
  • 生理用品
  • 石鹸
  • シャンプー(水を必要としないタイプ)

などです。

やはり衣服や下着についてはかなり不足しています。

注意点

※基本的に新品の物を物資として送っていただけるのが望ましいですね。

既に使用した後の古着等は避けた方がベターです。

実用的な物以外を稀にお送りになる方がいますが(雑貨など)、送り先で使われずに迷惑になる可能性が高いので避けましょう。

さらには「自分が処方された薬」なども同梱するのも避けましょう。基本的に医薬品は薬剤師さんがいらっしゃらないと渡すことができません。

段ボールに数種類入れるのはNG

支援物資を届けようとする際に多いのが「複数の物を」段ボールに入れて送る方です。

確かに通常であればそれが正しいのですが、被災地に送る場合は段ボールに入っている物を仕分けする方が必要になってしまい、大変なことになります。

ご覧の通り、被災地ではただでさえ人員が不足しているのにもかかわらず、数種類入った段ボールが送られてくると「場所」もとりますし、「仕分け」するのに膨大な時間・手間がかかります。

そのため、1つの段ボールに数種類の物を入れずに、何が入っているのかを明記する必要があります。

支援物資の受付・送り先

熊本県

熊本県では、現在「直接」市町村に申し出て頂く形を推薦しているようです。

  • 交通渋滞が続いていること
  • 余震が続いていること

という理由から、宅配業者が熊本県内への配送自体を中止している状態。

そのため、「熊本県に物資を輸送する手段は限られている

避難している方のためにも、市町村へ直接申し出て欲しい。とのことです。

といった状況に対して、避難をしている方々への支援物資が足りていません。

その上、「どの避難所」が「どんな物を必要としているか分からない」状況です。

熊本県では、自治体が熊本県内に対して救援物資を受け付けているかどうかについて、各自治体へ確認する必要があるでしょう。

運送業者を使う事は難しいため、熊本県に直接送っている方も多数いらっしゃいました。

よくわからない状況で、支援物資を届ける…ということは色々と危険ですので事前に確認を必ず確認をとっておきましょう。

詳細につきましては「健康福祉政策課 福祉のまちづくり室」にコンタクトを取ることを推薦します。

健康福祉政策課 福祉のまちづくり室

直通電話番号:096-333-2201

096-333-2202

※受付可能時間は「8:30~22:00」となっております。

 

スポンサーリンク

福岡県

福岡県福岡市でも、熊本に対しての支援物資提供受付が開始されました。

17日の予定は13:00~20:00まで

18日の予定は10:00~20:00まで

※18日以降は同じく「10:00~20:00まで」支援物資の提供を受け付けるとのことです。

場所

受付場所は旧大名小学校(学校法人福岡雙葉学園福岡雙葉小学校大名校舎)になります。

住所:福岡県福岡市中央区大名2丁目6-11

最寄り駅:赤坂駅から600m(徒歩8分程度)

不足している物資(提供を受け付ける物資)

福岡市では物資に関して規定があります。

  • 毛布
  • タオル
  • トイレットペーパー
  • 大人用・子供用おむつ
  • 生理用品
  • 水(ペットボトルに入った物)

※いずれも未開封・未使用であり、賞味期限内であること

他にもたくさんの物を送りたくなる気持ちは痛いほど分かりますが、現状福岡市では上記以外の物資は受け付けておりません。

詳細につきましては、ボランティア関連でも力を入れている「福岡市役所」にお問い合わせすると良いでしょう。

福岡市役所

最後に

今回は、熊本で発生した地震で避難している方への支援物資について「受付」や「送り先」の情報をお伝えしていきました。

支援物資が不足しているため、今すぐにでも届けてあげたい…という気持ちになってしまいますが、届ける前には必ず

  1. 段ボールには数種類の物資を入れていないか
  2. 何が入っているかを明記しているか
  3. 不要な物は入れていないか

を確認しましょう。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

熊本地震 関連記事

→熊本で発生した地震のボランティアをすることは可能なのか?

→熊本で発生した地震の影響で阿蘇山が噴火する可能性はあるのだろうか?

→大分にも地震が発生。余震は続いていくのだろうか?

→熊本で発生した地震に前兆はあったのだろうか?

→熊本地震が起きた「本当」の原因は何だったのだろうか?

→熊本で起きた地震は東日本大震災と比べるとどれ程のレベルなのか?

→熊本に地震が来る予言は当たっていたのだろうか?

→熊本で起きた地震の余震はいつまで続くのだろうか?

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ