暖房&ストーブ稼働時のサーキュレーターの使い方!置く場所も解説

この記事では、暖房やストーブを稼働させている時のサーキュレーターの使い方についてまとめている。

暖房が稼働時にサーキュレーターも一緒に付かう事で、より効率的に部屋を暖かくすることができるのはご存知だと思うが、「使ってみたけれどあまり効果を感じられない」という方も居るのではないだろうか。

確かにサーキュレーターを併用する事で、部屋を暖める時間を短縮する事は可能だ。しかし、使い方によってはあまり効果を得られなかったり、ストーブだと最悪の場合は火事になる可能性もある。

では実際に、どこに置くとより効果的なのか、置き場所に関しても具体的に解説していこう。

スポンサーリンク

暖房(エアコン)&ストーブ稼働時のサーキュレーターの使い方!より効果的に温めるためには置く場所はどこがベスト?

まずはじめに、「どうして暖房とサーキュレーターを併用する事で部屋が効率よく暖かくなるのか」という部分について簡単に説明する。

エアコンで部屋を暖かくする場合、部屋中に暖かい風を行き届けるまでには時間がかかってしまう。

そのため、早く部屋を暖かくするために「設定温度」や「風量」を上げている…という方もいらっしゃると思うが、そこでサーキュレーターを使うとエアコンから排出される風をより効率的に循環させることが可能なのだ。

エアコンの機種・性能によって細かい部分は異なるが、従来のエアコンは直線方向にしか風を送る事が出来ない。アパートであれば部屋の角に設置されていることが多いため、部屋全体に風を循環させるために時間がかかってしまう。

サーキュレーター自体は格安で購入できるので、「部屋がなかなか暖かくならない」と悩んでいる方はぜひ試してみてほしい。

エアコン稼働時にサーキュレーターを使う

ではさっそく、エアコンで暖房を稼働させている際のサーキュレーターの使い方から。

エアコンから離れている場所にサーキュレーターを設置するのが基本となる。

エアコンの位置の対角線上にサーキュレーターを配置して、角度は上向きに設定する。

エアコンから離れれば離れるほどその場所の気温は低くなるため、その位置でサーキュレーターを稼働させる⇒特に気温が低い場所の空気をエアコンの暖かい風と混ぜ合わせてあげることで、部屋全体の気温がまんべんなく上昇するわけだ。

部屋の面積が小さければ、エアコンだけでもすぐに暖かくなるが、サーキュレーターを使う事で、より短時間で効率的に部屋の温度を上げることが可能なので、いち早く部屋を暖めたい方はぜひ試してみてほしい。

サーキュレーターを配置する場所は…

  • エアコンの対角線上に上向きで配置
  • 部屋の中心に真上に向けて配置
  • 部屋の天井付近から下向きで配置

これが最も効率的と言われている。ただ、部屋の形状によっては他の場所に置いた方が効率が上がる場合もあるので、ご自身の住んでいる部屋に合わせて配置場所を工夫してみると良いだろう。

一番最後の天井付近に設置…に関しては、部屋の構造によっては出来ない場合もあるので、床に置いておくのがベターだろう。

スポンサーリンク

ストーブ稼働時にサーキュレーターを使う

ストーブ稼働時のサーキュレーターの使い方だが、ストーブならびにファンヒーター対して直接サーキュレーターの風を当てるのは危険なので絶対にやらないように注意しよう。

ストーブ・ファンヒーターは床に置いてあるので、サーキュレーターの置き場所に向きに迷うかもしれないが、エアコンの場合と同じく天井に向けて上向きで配置するのがベターだ。温度が低い場所に対して風を送ってあげることで、上手く循環させることが出来る。

そもそもファンヒーターであれば、元から送風されているため、部屋の大きさによってはサーキュレーターを使わずとも部屋がすぐに暖まるだろう。

なので、特に効果的なのがストーブを使う時。

昔学校で使われていたような型のストーブを思い出してもらうと分かりやすいと思うが、横方向よりも上方向に集中的に熱が行く。

そのため、ある程度時間が経てば部屋全体がかなり暖かくなる。しかし、風が無いため大型のストーブで無い限りすぐに部屋中を暖めるのは難しいのだ。

そこで、天井に向かってサーキュレーターで風を送る事でより早く熱を届けることが出来るというわけだ。

終わりに

サーキュレーターは非常に手ごろな値段で購入できる便利なアイテムだが、使い方によっては冬場でも大活躍させることが可能だ。

エアコンのみ稼働させるよりも、サーキュレータを併用する事で暖房効率がアップするので、電気代の節約にも繋げることが出来るだろう。

今回お伝えしたサーキュレーターの使い方をまとめると…

  • 天井方向に向かって上向きで送風する
  • エアコンの対角線上に向かって送風する

このようにシンプルに配置するだけでも十分効果を得ることが出来るが、前述したように部屋の形によっては効果が薄い場合もあるので、自分の部屋の構造に合わせて何パターンか試してみるのがよいだろう。

関連記事

ダイソン羽無し扇風機の仕組み・原理とは?電気代的にコスパは高い?

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ