LINEの「退出しました」の意味や復活(復元)させる方法とは?

この記事では、LINEの「退出しました」の意味や復活・復元させる方法についてお伝えしていきたいと思う。

LINEを使っている方で、たまーに「過去にこの人とどんな会話をしていんだっけ」と気になる時があると思う。LINEのグループ会話などでも。

その際に「○○さんが退出しました」といった通知が表示されていた経験はないだろうか。

どうやったら退出になるのか…といった方法はすっ飛ばして、この行為の裏には「あなたとはもう会話をする必要が無い」・「会話する相手が多すぎてスッキリまとめたいから」といった意図があるのだ。たぶん。

LINEの「退出しました」の意味

トーク画面で、アカウントを左にスワイプ⇒削除を選択すると、トークルームを削除することが出来る。

その際に「退出しました」が表示される。

もしくは、LINEアカウントが削除された場合にも「退出しました」と出る仕組みになっている(これはLINEのバージョンによって異なる。最新バージョンでは「メンバーが居ません」といった通知がくる)

LINEの「トーク」という項目には、これまで通話・トークをしてきたアカウントが新しい順で表示される。

トーク・通話をしたアカウントを左にスワイプすると以下のように「非表示・削除」が表示される。

いずれかをタップする際に注意しなければならない事があるので、押す前に非表示を押した場合と削除の意味を確認しておこう。

【非表示の意味】⇒「退出しました」にはならない

非表示をタップすると、以下のポップアップが表示される。

この非表示を選択しても相手側には通知されない。相手のトーク画面にも「退出しました」は表示されない。

「最近この人と話さないな」・「既読を付けずに無視したいな」と思った時は、非表示を選択すればトーク画面がスッキリするので、ぜひ活用しておこう。

一時的に非表示にするだけなので、トークルームは削除されない。そのため、非表示にした人のアカウントをタップすれば、これまでのトーク履歴を閲覧する事も出来る。

相手側から連絡が来れば、同じように再度トークの項目にアカウントのやりとりが追加される。

その際はまた「非表示」を選択すれば、トークから選択したアカウントは居なくなる。

【削除の意味】⇒「退出しました」になる

「削除」を選択すると、トークルームごと削除される。

再度会話をした時は、こちらはリセットされた状態から始まる(相手側のトーク履歴は消えない)

また、ノート・アルバムのデータまでは削除されない。

非表示と違って、相手側のトークルームに「退出しました」と表示される。人によっては心証はちょっと悪くなるかも。

なにより、過去にどんな会話をしてきたか…という履歴も閲覧することが不可能になるので慎重に選択したい。グループでもこの通知は届く。

「退出しました」から復活・復元する方法はある?

仮に、誤ってトークルームを削除した場合も、「退出しました」と表示されてしまう。冒頭でもお伝えしたように、相手側にトークを削除したと察知される可能性が高いため、人によっては嫌な印象を持たれることもあるだろう。

だが、現状では退出したことを無かったことにする方法はない

LINEのトークに関するデータをバックアップしている場合は、「トークの内容を復元」することは可能だが、トークルーム自体を削除してしまった事実は消せない。

トーク履歴を復元する方法

では、iCloudでデータをバックアップしている事を前提に、トーク履歴の復元方法を解説していく。

  • LINEをアンインストール
  • 再インストール
  • トーク履歴の復元を選択
  • 完了

流れとしてはこんな感じです。

LINEにログインしている状態では、復元を行う事はできないので、一度ログアウトする必要がある。

1.一度アプリをアンインストールしよう。(インストール後、バックアップデータをロードすることで、データが復元される)

2.次は、再インストールを行う。

インストールを行った後は、自身の「アカウントID(メールアドレス)」と「パスワード」を入力してログインしよう。

3.次に電話番号の入力を要求されるので入力⇒本人確認用の番号がSMSで届く。

4.送られて来た番号を確認したら、LINEに戻り入力する

5.「トーク履歴の復元」という項目が表示されるので、「トーク履歴をバックアップから復元」をタップする。

これで、削除する前にバックアップしていたトーク内容は復活する。

お気づきの方もいらっしゃると思うが、直近のデータが保存されていない事が多いため、トーク履歴を100%完全復活させるのは結構むずかしい。

いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ