夜に爪切りをしてはいけない理由!切るタイミングや曜日はいつがベター?

この記事では、「夜に爪切りをしてはいけない」と言われる理由をはじめとして、爪を切るタイミングや曜日はいつがベターなのか…といった部分についてお伝えしていきたいと思う。

爪を夜に切るのは良くない…小さい頃に友人の親から「縁起が悪い」と言われたことがある。

その時当時は聞き流していたため、理由は気にならなかったが、なぜ夜に爪を切るのは良くないのか…今更知りたくなってきたので、この機会に詳しく調べてみた。

スポンサーリンク

夜に爪切りをしてはいけない理由とは?なぜ縁起が良くないのか?

夜に爪を切ると「縁起が悪い」…こういった事を耳にしたことがある方は少なくないはず。

では、どうして縁起が悪いのか。これには2説ある。

  • 親の死に目に会えない
  • 世を詰める(世詰め)
  • ヘビが出る

結論から言うと、夜に爪を切っても健康への影響はほぼ無いと言っていいだろう。

後程、各項目について詳しく解説していく。ただ、理に適っている内容もあれば、迷信に近いものもある。もちろん、信じるか信じないかはご自身次第だが、由来などを辿ると意外と面白かったりするので、ぜひ確認してみてほしい。

では、上記の3説について見ていこう。

親の死に目に会えない

まず一つ目はコレ。夜に爪切りをすると、何らかの事情が重なって、親の最期に立ち会う事が出来ない…といった物である。

この由来は、まだ家庭に電気が普及する前の話なのだと言う。

今でこそ、「爪切り」という便利な道具が身近に存在しているため、手軽に爪を切る事が出来るが、昔はハサミでさえ高級品…そもそもその時代に爪切りは無かったし、あったとしても庶民には買えないはずだ。

で、当時(江戸時代の頃)は、どうやって人々は爪を切っていたのかというと…

  • 一般庶民⇒ノミ
  • 武士⇒短刀

爪のような細かい部分を短刀やらノミで削ぐなんて、想像しただけで危険ということは誰しも分かるだろう。

お察しの方もいらっしゃると思うが、江戸時代の夜は基本的に行燈などを利用して明かりを灯すしかなかったため、部屋の中は非常に薄暗かった。

その中で、そんな危ない行為をしていれば、怪我をする可能性が高い。

医療に関しても今のように技術が発展しているわけではないため、怪我をした部位にばい菌が入って、破傷風になれば、親の死に目にも会えない…なんてことも考えられるわけだ。

耳にしただけでは、単なる迷信程度にしか感じないが、意外と理に適っている言い伝えなのかもしれない。

自分の子供が怪我をするリスクを減らそうと考えた上で、このような「夜に爪を切ると縁起が良くない」と言う事を伝えたのでは…とも考えられる。

まぁ、今の時代は電気がある上、安全に爪を切る事が出来る爪切りも気軽に購入する事が出来るので、怪我をするリスクもかなり減っているとは思うが。

世詰め

夜に爪を切る行為を無理やり簡略化すると「夜爪」となる。

夜爪…そして世を詰める「世詰め」何度見てもやっぱり無理やり感はあるが、自分の人生を詰めるということから縁起が良くなさそうな印象ではある。

爪を切るのは自分自身が行う事なので、世を詰める⇒自身の世を詰める⇒寿命が縮まる⇒親の死に目に会えない…といった関連もありそうな気もするが、世詰めに関する情報は少ないため、詳しい由来などは分からなかった。

陰陽道とかでも”夜に爪を切る=良くない事”らしい

筆者はスピリチュアル系にはかなり疎いのだが、陰陽道では人間の各指の爪には、それぞれ意味がある…と考えられているとのこと。

力や癒し、縁など様々な意味を持っており、運気の面においても非常に重要な役割を果たしているようだ。

陰陽道で言うところの、夜=陰を指しているらしく、夜に爪を切る事で、本来の爪が持つ意味・効果が反転してしまうとのことです。

つまり、夜に爪を切るは、スピリチュアルのジャンルにおいてもよろしくない行為…である可能性が高い。

スポンサーリンク

結局のところ夜に爪を切ってはいけないの?

「親の死に目に会えない」という話で考えるのであれば、正直なところ、夜に爪を切っても特に問題はないと思う。

前述したように、こういった話の元となったのは、当時には「爪切りが無かった」からだ。

簡単に振り返ると…「爪を切るのに小刀やノミを使う⇒夜は部屋が暗い⇒怪我をする可能性が高い⇒怪我をしたらばい菌が入って病気になる可能性がある⇒親より早く旅立ってしまうかもしれない」…といった事が由来。

今の時代は、爪切りもあるし、電気もあるので夜も明るい⇒爪切りが原因で怪我をする可能性は限りなく低い。

これに関しては特に問題は無さそうな気はする。

 

もう一点がスピリチュアルの視点で見た「夜の爪切り」。

夜に爪を切ると、縁起が悪い…これを信じるのであれば、夜に切るのはやめたほうが良いだろう。

科学的な根拠はないが、科学では解明できない部分も存在しているのがスピリチュアル。

筆者はどっちでもいいと思う。

爪を切るタイミングはいつがベター?

この項目では、爪を切るタイミングについてお伝えしていくが、時間的な部分と、爪の伸び具合の2種類に関するタイミングをお伝えしていく。

爪を切るタイミング-何時ごろ切るのが良い-?

個人的には何時に切っても良いと思うが、夜に切るのが嫌だ…という方は、早朝に爪を切るのが良いだろう。上記で触れた陰陽道も早朝を推薦していた。もしくは昼頃でも問題ないだろう。

爪を切るタイミング-どれくらい伸びてきたら切れば良い?-

人間の爪は1ヶ月に約3mm程伸びると言われているが、爪を切る頻度が少ない方は、いつの間にかめちゃくちゃ伸びていた…なんてこともあると思う。

もちろん、1ヶ月に3mmは平均データなので、それ以下もそれ以上の方も居る。年齢をはじめとして、体調や代謝、さらには季節によっても成長度合いは変動する。

そのため、爪を切るタイミングは、○日に一回切るのが良いと断定することは難しい。

とてもアナログな方法にはなってしまうが、スマホやPCなどを操作している時に「邪魔だな」と感じた時に切るか、目視で伸びて来たなと思ったら切るのが無難だと思います。

爪を切る際に曜日って選んだ方がいいの?

またちょっとスピリチュアル的な話になるが、曜日によっては爪を切るのは避けた方が良い…なんてケースもある。

これは日本の話ではなく、海外のお話になる。日本には爪切りで曜日に関連する言い伝えは無い。

タイ ヨーロッパ
勝負運UP 健康運UP
金運DOWN 金運UP
全運気UP 良い報告が入る
悩みが増える 新しい靴をゲット出来る
爪切りにピッタリ 良くないことが起こる
健康運DOWN 日曜のラブ運UP
爪切りにピッタリ 翌週に悪魔に狙われる

ご覧の通り、国によって全く意見が異なる。日曜日なんて大変な事になっているのが分かると思う。

この中で無難な日をピックアップするのであれば、「月曜・火曜・水曜」くらいだろうか。

とにかく、爪を切る時は、深爪をはじめとして、怪我をしないように注意すれば良いと…僕は感じました。

スポンサーリンク

いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ