熊本地震が起きた「本当」の原因は何だったのだろうか?

今回は、熊本地震が起きた原因は何だったのだろうか…といった内容で考察していきたいと思います。

今回の熊本で発生した地震の名前が決まりましたね。

「熊本地震」といった物になりましたが、被害を見る限り熊本全体が被災地であったため命名されたことがわかります。

震度7から始まり、本震とされた6強が起こり様々な建物が崩壊しました。

生き埋めになっている方はまだ救助されていないということで、非常に不安な状況が続いています。

更には阿蘇山も活動が活発になってきているということで、ますます気が張り詰めています。

そんな大きな爪痕を残したこの熊本地震は何故このタイミングで起こったのでしょうか?

スポンサーリンク

地震が起こるメカニズム

今回の熊本で発生した地震の原因を説明する前に、そもそも自身は何故起こるのか…といった点からご紹介していきます。

地震には二つのタイプが存在しています。

  • 海溝型地震
  • 断層型地震

この二つですね。

海溝型地震

まずは海溝型地震からいってみましょう。

これは「プレート」と呼ばれるものによって発生する地震です。

地球には10km以上最大200kmほどの厚さがある層が存在しています。

これを「プレート」と呼びます。

このプレートは一枚で丸々地球を覆っているわけではなく、何カ所かで区切られています。

そしてそれらの区切られたプレートは一年に数センチごと動いていっています。

この区切られたプレート同士が動くことで、グイッと跳ねたり、ギューっと押し合いをしたりします。

このズレこそが「地震の正体」です。

どうして日本が地震大国と呼ばれるか…というとこのプレートの数が4つもあるため頻繁に地震が発生するためだからです。

断層型地震

断層型地震は、断層と呼ばれる物が存在します。

地球上にあるプレートが押し合ったりすることでプレートの表面に傷が発生します。

この傷(ひび)のことを断層と呼ぶのです。

この断層が上下・横に動くことで地震が発生します。

プレートが動いて地震が発生するよりも、断層型地震の方が頻繁に起きやすいのも特徴ですね。

プレートが動くのに比べて、断層は数千カ所存在していますから、これからも頻繁に発生すると考えて良いでしょう。

熊本地震が起きた原因とは?

巷では様々な噂が流れていますが、地震調査委員会では日奈久断層帯と呼ばれる断層帯が動いた事によって今回の地震が発生したと発表しました。

簡単に説明すると、日奈久断層帯は益城町から芦北町そして八代海の南まで伸びている活断層帯です。

全長は60km以上あるとも言われています。

今回熊本で発生した地震はこの活断層が動いたことが原因であるというわけです。

活断層帯の長さを考えてもマグニチュード6.5以上の地震を発生させることは出来るであろうとみられており、ほぼこれが原因で間違いないとされています。

つまり今回発生した地震は、前述したようなプレートの境界で起こりうるような「海溝型地震」ではなく、活断層帯が動いて起こる「断層型地震」というわけです。

ちなみに断層型地震には数種類ありますが…

  • 正断層型
  • 逆断層型
  • 横ずれ断層型

今回の地震は「横ずれ断層型地震」であるとされています。

スポンサーリンク

自然災害でない可能性?

今回熊本で発生した地震は「横ずれ断層型地震」であると前述しましたが、ある層の方々からは「今回の地震は”人工的に起こされた”のではないか」といったことも言われています。

非常にオカルトっぽい内容ですが、東日本大震災も米軍が海底で核爆発を発動させた事によって起きたのではないかという考察もあります。

根拠としては、

  • 自然に地震が起きた物と異なる波形が出ていた
  • 米軍が癌を発症している
  • その他…

といったものです。

確かに裏の世界というものは存在しているでしょう。

ただ、根拠が薄いのではないかと私は考えています。

まず波形の件ですが、自然な地震の波形ではないという理由は「初期微動」の波形があるのに次に発生する「主用動」の波形が無いということから「核爆発なのでは」といった考えに至っているようです。

しかし、出回っている波形そのものが間違っているという噂も出回っています。

確実な根拠としては薄いですね。

そして、米軍が癌を発症した…と言う点ですがこれが言われた時は

福島県に住んでいる方々が癌を発症していないのにも関わらず米軍が発症

核爆発を起こしたことが原因なのではないか

といった風に考えられていましたが、知らないだけで普通に福島県の複数の子供は甲状腺癌を発症しています。100人以上の子供たちが発症。

これについて東電は多くの子供たちが発症しているのにも関わらず原発のせいではないと否定。

その他にも「根拠」としてあげられているものはありますが、信憑性としてはちょっとイマイチな印象を受けました。

最後に

今回は、熊本地震が起きた原因は何だったのだろうか…といった内容で考察していきました。

オカルト的な要素もなんとなく考えたい気持ちも分かりますが、今回の地震は「断層型地震」で間違いないでしょう。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

熊本地震 関連記事

→熊本で発生した地震のボランティアをすることは可能なのか?

→熊本で発生した地震に前兆はあったのだろうか?

→熊本で発生した地震の影響で阿蘇山が噴火する可能性はあるのだろうか?

→熊本で起きた地震は東日本大震災と比べるとどれ程のレベルなのか?

→熊本に地震が来る予言は当たっていたのだろうか?

→熊本で起きた地震の余震はいつまで続くのだろうか?

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ