【ハロウィン】ハッピーハロウィンの本当の意味とは?いつ言うの?

この記事では、ハロウィンの際に言うハッピーハロウィン(Happy Halloween)の意味を初めとして、「ハッピーハロウィンいつ言えばいいのか」この言うタイミングについて触れていく。

メリークリスマスを言うタイミングもそうだが、なんだかんだで、ハロウィンもいつ「ハッピーハロウィン」を言えばよいのか分からない方も多いのではないだろうか。

クリスマスに比べると、イベント自体の印象は強くないが、とりあえずこの「ハッピーハロウィン」を言うタイミングと意味について見ていこう。

スポンサーリンク

ハロウィンの挨拶「ハッピーハロウィン」の意味とは?

ハロウィンの飾り付けはいつからいつまで?でも記載したが、ハロウィンの仮装はケルト人が悪霊から身を守るため…という言い伝えがある。

ちょこっと起源に触れてみると、なにがハッピーなのか意味不明に感じるが、ハロウィンは悪霊を追い払う以外にも理由がある。

古代ケルト人の詳細はまだ全てが解明されているわけではないため、不確かな部分もあるが、ハロウィンには「一年の収穫を祝う」という目的もあったという。

ケルト人は10月31日を”一年の終わり”としていた。今の時代の12月31日。

1年の終わりに、その年の収穫を祝う意味合いも込めてハロウィンという行事があったとされる。

いつからハッピーハロウィンと言われるようになったのかは定かではないものの、一年の無事と収穫に感謝と祝福の意味を込めて「ハッピー」という言葉を使い、それを繋げて「ハッピーハロウィン」になったのだろう。

  • 良いハロウィンでありますように。
  • ハロウィンを楽しんで。
  • お菓子をあげるよ
  • リア充○ね。

日本でもこのような意味合いで「ハッピーハロウィン」が使われている。

商業施設やら学校・職場でも10月31日はハッピーハロウィンを何度も聞くと思うが、ぜひ言われたら相手にも挨拶を返そう。

子供を中心に「トリックオアトリート」と言われる機会があると思うが、その時はお菓子をあげよう。

何気なくハッピーハロウィンを使っている方がほとんどだと思うが、とりあえず”今年もここまで生きられた”と健康と環境に感謝してハロウィンを楽しめばいいと思います。はい。

ハッピーハロウィン(Happy Halloween)の意味・使い方まとめ

古代ケルト人が、一年の終わりに収穫や無事を祝ってハロウィンを行っていた事が由来している。

  • ハロウィンを楽しんで。
  • 良いハロウィンでありますように。

このようなニュアンスで使われることが多い。

スポンサーリンク

“トリックオアトリート”の返事も「ハッピーハロウィン」でオッケー

ハッピーハロウィンは会った人に挨拶するだけでなく、トリックオアトリート(Trick or Treat)の返事にも使える。

子供を中心にトリックオアトリートと言われると思うが、お菓子を渡す際に一言「ハッピーハロウィン」または「トリート(Treat)」と返すと良いだろう。

お菓子あげるという意味合いでもハッピーハロウィンを使えるので、その際にはぜひ一言添えてあげよう。

ハッピーハロウィンはいつ言うべき?

ハッピーハロウィンを言うタイミングは10月31日当日で良いだろう。

クリスマスの場合はタイミングがちょっと曖昧なので、迷う方もいらっしゃるかと思うが、ハロウィンは10月31日で終了するので、その日だけ挨拶する形で問題ない。

この記事では、ハロウィンでよく使われる「ハッピーハロウィン」という言葉について触れていったが、筆者はハロウィンに出かける予定はありません。

去年ハロウィンに渋谷を覗きに行ったが、人が多すぎて3分で撤退。今年はおとなしくピザでも食べます。

⇒ハロウィンの飾り付けはいつからいつまで?

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ