北朝鮮のミサイル(ICBM)が日本に落ちた時の被害予想範囲は?

この記事では、北朝鮮のミサイル「大陸弾道型ミサイル(ICBM)」が日本に落ちた時の被害予想範囲について書いていく。

先日発表があったように、北朝鮮は水爆までも完成させたとのこと。それに伴い、アメリカとの緊張はこれまで以上に高まった。

そして、アメリカは日本ならびに韓国が軍事装備を購入することを示唆している。これに関しては、軍事貿易のための黒電話と色々やってるのではないか…つまり、「出来レースなのでは」と考えている方も居るだろう。

金正恩暗○部隊なんて話も浮上しており、ますます行方が怪しくなっているが、今回は、「実際に日本にミサイルが着弾するとどうなってしまうのか」について触れていこう。

スポンサーリンク

北朝鮮のミサイル(ICBM)が日本に落ちた時の被害予想範囲は?

現在のところ、政府は着弾した際の被害想定マップやら予想範囲などは公開していない。

北朝鮮のミサイルがどれほどの威力を持ったミサイルを保持しているのか不透明と言う点も関係しているが、このあたりも色々と怪しい。

さて、北朝鮮からミサイルが発射され日本に着弾する可能性が恐れがある場合Jアラートが鳴る。

Jアラートが鳴ってから約5分以内に避難しなければいけないわけだが、避難訓練をしていない場合、正常な判断をするのは中々難しいだろう。

頑丈で安全な建物や地下に逃げるのがベターとされているが、住んでいる環境や、その時の状況によって大きく左右されるだろう。

先日のミサイルは上空を通過しただけで済んだが、もし着弾していた場合どうなっていたのだろうか。

もちろん、被害の大きさはミサイルの種類にもよる。中身が詰まっていないハリボテであれば、大した被害にはならない。この場合迎撃も容易なのではないだろうか。

この場合、迎撃を行った際に破片が落下する程度で済むとは思うが、生身の人間に直撃すれば大怪我。

また、核兵器ではなく、通常の爆薬が積まれていた際には、着弾すれば民家程度なら全壊。ビルであれば半壊することが考えられる。

しかし、この前とは別に”日本に着弾させる気で発射”する場合、核を使ってくる可能性は非常に高い。

核を積んでいた場合は、モノにもよるが1都市をさら地にすることも可能である。

もし核を積んでいた場合…

核兵器といっても種類がある。例えば、「原爆なのか水爆なのか」

日本人であればほとんどの人間が知っているように、長崎・広島では原子爆弾が落とされた。あの凄惨な過去を見れば、もし原爆が落とされたらどうなるかは何となくわかると思う。

長崎に落とされた原爆・通称「ファットマン」・「リトルボーイ」が仮に東京に着弾した場合のシミュレーションは以下の通り。

【ファットマン】

拡大

【リトルボーイ】

拡大

あくまでもシミュレーションなので、実際には被害は少ない可能性もあるし、もっと被害範囲は広いかもしれない。

そして、次は水爆。

北朝鮮が開発した水爆の威力」では、”原爆と水爆の違い”・”実際に都市部に着弾したらどうなるのか”を解説したが、原爆に比べると水爆は非常に威力が大きい。桁違いといっても過言ではない。

原爆と違い、水爆はアメリカが過去にアイビー作戦で実験的に使ったモノと、旧ソ連が開発した人類史上最大威力の水爆しか詳しいデータがない。

そのため、後者の旧ソ連が開発した水爆にてシミュレーションした場合、東京に落ちたことを仮定すると、東京だけが壊滅するだけでなく、千葉・埼玉・茨城あたりまで被害は及ぶとみられる。

原爆の数千倍の威力を誇る水爆をあの北朝鮮が保持していると考えると末恐ろしい。

スポンサーリンク

北朝鮮が発射したミサイルを迎撃することは可能?

では次に、北朝鮮が仮にミサイルを発射したとして、日本のミサイル迎撃システムで対応できるのか見ていきたいと思う。

最近の弾道ミサイルの核弾頭は恐らく水爆がほとんど。

そのため、水素爆弾を迎撃することは可能なのかどうか触れていく。

水爆にはウラン・プルトニウム、そして三重水素(トリチウムなど)が使われている。

これらを特性を利用して凄まじいエネルギーを発生させるわけだが、もし空中で迎撃した場合、心配なのが「放射性物質」だと思う。

これらの中で特に人体に影響を及ぼす可能性が高いのが「プルトニウムとウラン」。

確かに高純度であるため、そのまま体に浴びれば悲惨な事になるが、あくまでもウランとプルトニウムは水爆を起動させるためのトリガーであるため、小型化されていると予想できる。

空中で迎撃すれば、地上に飛散するのは間違いない。近くに人間が居ればもちろん被爆するし、除染も必須。

だが、「迎撃による被爆」と「着弾・爆発した際の被爆ならびに物理的な被害」を考えると前者の方が明らかに被害を抑えることが出来る。

迎撃するしないに関わらず、水爆は人間の生活・環境をを脅かす脅威であり、実権を持つ北のトップへの対応がますます注目される。

関連記事

・北朝鮮が日本にミサイルを発射する理由と予言とは?今後の発射はいつなのか?

・北朝鮮のミサイル(水爆)の威力や個人で可能な避難対策とは?

・アメリカと北朝鮮の関係や戦争の可能性は?実際どっちが強いの?

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ