【iPhoneが熱くなる】発熱の原因と対処法・対策を紹介

この記事では、iPhoneが熱くなる要因についてお伝えしていきたいと思う。
スマホが発熱する原因と対処法・対策を中心に紹介していく。

iPhoneの本体が驚くほど熱くなった経験はないだろうか。

特に長時間にわたって使用していると、発熱する傾向が強い。このまま壊れてしまうのではないかと不安になった方も多いだろう。

だが、iPhone本体が熱くなるのはそこまで珍しいことではない。
中には故障が原因で発熱している…なんて場合もあるが、基本的にはCPUやバッテリーが発熱の要因であることがほとんどだ。

まずは、iPhoneが発熱する原因について詳しく見ていこう。

スポンサーリンク

iPhone本体が熱くなる~発熱の原因は主に3つある~

サムスンのギャラクシーが爆発した件は誰もが知っていると思うが、実際に使っている最中にそんな事になればシャレにならない。iPhoneも発熱するため、爆発しないか心配になるユーザーもいるかもしれない。

基本的にiPhoneが熱くなる要因は以下の3つに分けることが出来る。

  • バッテリーによる発熱
  • CPUが稼働することで発熱する
  • 直射日光が当たる場所ならびに高温の場所に放置することで直接熱せられる

ギャラクシーが爆発した原因は1番目の「バッテリー」が原因だ。まずは、バッテリーの件から触れていこう。

バッテリー劣化による発熱

長年同じ機種を使っていると、当然バッテリーは劣化してしまう。

そうなると、バッテリー持ちが悪くなり、すぐに充電が切れてしまう。これは誰しも経験したことがあるのではないだろうか。ガラケーの時代からこれは変わらない。

だが、バッテリーの劣化による悪影響は電池持ちだけではない。

劣化することで、バッテリー自体の容量が少なくなる。そのため、より短いスパンで充電と放電を繰り返す。これにより、どんどんバッテリーに対して負荷がかかり、その結果バッテリーが熱を帯びてiPhone本体が熱くなってしまう。

 

「以前よりもバッテリー持ちが悪くなったかな?」と正確に捉えるのは少々難しいが、100%充電されている状態から1時間何もせずに放置⇒30%程度まで減ってしまう…なんて状況であれば、バッテリーが寿命を迎えている可能性は高い。

iPhone本体を買い替えずにそのまま使いたいのであれば、無理に我慢するよりも、バッテリーのみ交換してもらった方が良いだろう。使い勝手が悪い上、熱によって故障する場合も無き西もあらずだ。

CPUが稼働することで発熱する

何度か耳にしたことがあると思うが、CPUとはスマホが機能するために最も重要なパーツといっても過言ではない。簡単に言えばアプリを動かしたりする際に、処理を行う部位…いわゆる人間の脳みそと表現してよいだろう。

高性能なCPUほど処理を早く行う事が出来る。頭の回転が速い人間は、作業効率が非常に良いイメージがあるが、スマホのCPUもそれを想像してみるととっつきやすいと思う。

 

スマホの頭脳とも呼べるこのCPUは、処理を行うと少なからず発熱する。これが、CPUが稼働することで発熱する理由である。

当然ながら、PCにもCPUが備わっているが、PCには熱を逃がすためのファンが付いている。しかし、スマホにはファンは付いていない。

CPUが稼働し発熱⇒スマホ本体には冷却用ファンが備わっていない⇒熱が逃げにくい⇒本体が熱くなる…というわけである。

さらに付け加えると、より負荷がかかるアプリ(動作が重いアプリ)を開いている時は、CPUはそのアプリを動作させるために頑張って処理を行う。その結果、発熱する量が多くなる。

ポケモンGOをはじめとして、グラフィックが綺麗なゲームアプリ、負荷が多くかかるアプリは、「遊んでいるとすぐにスマホが熱くなる」なんて話題にあがるが、これは至極当然なことである。

直射日光が当たる場所に放置するのは厳禁

「バッテリーやCPUなどiPhone内部がトリガーとなり発熱する」…と上記ではご説明したが、それ以外では”直射日光が当たる場所”や”高温の場所”などに放置することも発熱の原因として挙げられる。

使っていたら自然にiPhoneが発熱する…という条件ではないため、若干ベクトルは異なるものの、これはiPhone…というよりほとんどのスマートフォンに共通する”やってはいけない事”なので、ぜひ覚えておこう。

 

iPhoneは本体の温度が一定以上になると「高温注意:本体温度が下がるまでお待ちください」と表示され、一切の操作が出来なくなる。

まず、窓際に置いて直射日光にさらしたり、夏場の熱くなった車内に置き忘れたりすると、iPhone本体が持てないレベルまで温度が上昇してしまうのだ。

熱暴走を起こしてスマホが再起動を繰り返すことも考えられる。また、上記で触れたスマホバッテリーは熱に弱い(リチウムイオンバッテリー)ため、このように直接的にスマホが熱せられるなんて状況が続けば、当然ながらバッテリーは劣化してしまう。

最悪の場合、iPhone本体が故障するリスクもある。画面が割れても使えるため、案外iPhoneはタフな使い方をしても問題ないのでは?と感じる方もいらっしゃると思うが、あくまでも精密機器であることを覚えておこう。

iPhoneが発熱した際の対処法・応急処置! 冷蔵庫ダメゼッタイ

それではいざiPhone本体が発熱してしまってどうしようも無くなった時の対処法や応急処置についてお伝えしていこう。

発熱の要因となるアプリの起動や充電を控える

熱を逃がすために、まずは発熱の原因となりうる物から対処していこう。

バックグラウンド起動ならびに現在アプリを使っているのであれば全てタスクから削除し、CPUの稼働を抑えよう。

バッテリーの充電も発熱の原因となるため、出来る限り早く熱を逃がしたいのであれば、一時中断するべきだ。

また、外出中などWi-Fiに接続していない環境で、Wi-Fiをオンにしていると、接続可能な場所を常に探し回ることになるため、そこでも負荷がかかる。電池を無駄に消費しないためにも、外出時はオフにしておいた方がベターだろう。

とにかく熱を下げておきたい場合は、電源をオフにしてしまっても問題ない。(本体の温度が上昇しすぎて”高温注意”の表示が出ている場合は操作不能になるため、まず本体を冷やすことだけ考えよう。)

まず初めにやるべきことは、発熱の原因となる行動を避けること。

スポンサーリンク

ケースを外して熱を逃がしやすい状態にする

熱を逃がすのに、温度が高くなる場所、熱気がこもる場所にスマホを置いておくのは非常に効率が悪い。

ポケットの中から出す。ケースカバーを外す。出来る限り涼しい場所に置く(行く)。

前述した通り、スマホには冷却用のファンが付いていないため、直接内部の熱を逃がすことが出来ない。そのため外出時であれば、より原始的な方法になるが徐々に熱が下がるのを待つしかない。

もちろん、スマホに負荷がかかりにくい方法で、より効率的に熱を逃がすことができるのであれば、それを利用するのも良いだろう。(熱伝導率の高い銅箔等を使うのも良い。)

扇風機などを使ってゆっくり冷やす

銅箔なんて家に無い、近場に置いてないという場合は、扇風機を使うのも手だ。

風でゆっくり徐々にスマホの温度を下げていくのが一番ベターな方法と筆者は感じる。何もない場合は、放置して自然に熱が下がるのを待とう。

間違っても、冷蔵庫や冷凍庫に放り込んだり、防水機能が付いているからといって冷水につけて冷やしてはいけない。一気に温度が下がれば内部が結露する。

電源が入っていない状態ならその時点で壊れる可能性はまだ低いが、電源をいれれば当然ショートする場合がほとんど。スマホを壊したくないなら、急激にスマホ本体の温度を下げる行為は絶対にやめよう。

iPhoneの発熱を抑えるための対策!

では最後に、iPhoneの発熱を抑える予防策についてお伝えして締めよう。

充電しながらアプリを起動しない

充電しながらiPhoneを使用する事自体が発熱の原因になるため、アプリであれネットサーフィンであれ、ながら充電はなるべく避けることを心がけよう。

発熱してしまうと、バッテリーに悪影響を及ぼすわけだが、充電しながら使う事でよりバッテリーに負荷を与えてしまう。そうなると、バッテリーの劣化が早くなるため、結果的に自ら寿命を縮めることになりかねない。

完全に充電されるのを待ってから使う…というのも面倒くさく感じるかもしれないが、是非ともこの機会に”ながら充電はバッテリーに悪影響”であることを覚えておこう。

バックグラウンドで起動しているアプリを削除する

バックグラウンドで使っていないアプリが起動していると、それだけでバッテリーを消費する上、発熱の要因にもなる。いくつかアプリを開いている時にありがちだと思う。

こまめにタスクを削除しておくだけで十分だ。

ホーム画面を2回押す⇒バックグラウンドで起動している不要なアプリ等を上にスワイプ…これだけで完了するので、癖をつけておくのが良いだろう。

そもそも使っていないアプリは削除する

「試しにインストールしたけど、結局使っていない」そんなアプリは今すぐ消してしまおう。

iPhoneを置く場所には気を付ける

上記で詳しく説明したが、直射日光を浴びるような場所・温度が極端に高い場所にiPhoneを置くのは大変危険だ。

夏場であれば速攻で本体の温度が上昇するため、夏は特に気を付けておきたいところ。iPhoneへの悪影響はもちろん、触って痛い(熱い?)思いをする場合あるので注意しよう。

もし車などに忘れてとんでもない熱さになってしまった場合は、前述したように急激に冷却するのではなく、空冷でゆっくり熱を下げるか、比較的涼しい場所に置いて自然に熱が下がるのを待とう。

バッテリーの寿命が近づいたら交換する

これも上記で説明しましたね。

バッテリーが劣化すると、発熱する原因となるため、出来ることなら寿命が近づいたら交換してあげてほしい。

自分自身で交換するのが難しい点や、当然お金もかかるため、なかなか億劫だと思うが、これも立派な発熱対策の1つである。

長時間の使用は控えるべき…けどやっぱり難しい

長時間使用すると発熱しやすい。

高負荷なゲームアプリなどを長時間プレイしているとヤバいことになる。

だけど、夢中になってしまうとそれどころじゃない…というのが正直なところだろう。こればかりは、難しいと感じる方が多いのではないだろうか。

とにかく、今回ご紹介した発熱の原因や、冷蔵庫に入れると壊れるという点だけは意識しておこう。

【関連記事】

iPhoneの脱獄で失敗した際の危険性とは?メリットも紹介

iPhoneのカメラとスクショを無音/消音にする設定・やり方

新型iPhone SE2の発売日やスペック情報!価格はどうなる?

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ