桃田賢斗の代わりに誰がリオオリンピックの代表になるのか?

今回は、桃田賢斗選手の代わりに誰がリオオリンピックの代表になるのか…といったテーマで考察していきたいと思います。

スポーツ選手の不祥事で思いつくのは何でしょうか?

普段の生活態度が悪い、女癖が悪いといったことはこれまでに沢山噂になっていましたよね様々なスポーツ選手に関しても。

その中でも特に不祥事続きだったのが「プロ野球」ではないでしょうか。

去年から見てみれば「違法賭博」で摘発された選手が3名。今年に入って自白した選手が1名。

こういった賭博に関しては、最近あまり活躍していない選手が気の迷いで行ってしまったんだなぁとは思っていましたが、あの不祥事には日本中が激震しましたね。

それは清原の覚せい剤使用報道です。前々から何かやらかすとは思っていましたが、逮捕されることになるとは思っていませんでしたね。

スポーツ選手が「暴力団」と繋がっている…といった最悪の印象を植え付けたことで応援するのが馬鹿らしくなってしまった方も少なくはないでしょう。

今回タイミングが悪かったなぁと思ったのが桃田選手が以前に巨人と広島戦の開幕戦で始球式を務めていたこともあった点ですね。

こんなにも不祥事続きの巨人戦で始球式を行ったことで、なんらかの関係があるのではないか…と疑われても仕方がありません。

→桃田賢斗が巨人の始球式に出たことが闇カジノと関係していたのか?

そして、その悪い流れは「バドミントン界」にも蔓延していた可能性が高いのです。

桃田選手・田児選手ほどの「エース」と呼ばれる人間が暴力団がらみの店に通っていたという事実は非常に残念でなりません。

前回の記事「桃田賢斗は闇カジノが原因でリオ五輪は出場停止か!?」でも予想していた通り彼はリオオリンピックに出場することが出来なくなりました。

ここで気になるのが「代わりに出る選手」ですね。

スポンサーリンク

桃田賢斗選手の代わりに誰が出る?

今回の件で桃田選手がリオオリンピックに出場できなくなることは、仕方がないことです。

やってしまったことが「暴力団に関係していた」と思われても仕方がない物ですから、桃田選手本人の人間性も疑われていますし、所属しているNTTの企業イメージも悪くなってしまったことは言うまでもありません。

メダル確実と言われてきた桃田選手が出られなくなることは非常に残念ですが、彼の代わりに誰がその穴を埋めることになるのか…といったことも気になるところですね。

男子シングルスの世界ランキングを見ながら考察していきましょう。

スポンサーリンク

バドミントン男子シングルス世界ランキング

それでは単純に世界ランキングを見てどの選手が有力なのか…といった具合に考察していきましょう。

まず出場枠ですが、世界ランキングが大きく関係していることはご存知かと思います。

  • 5月5日付の世界ランキングにて「1位~16位」に2人以上がランクインしている国は「出場枠を2枠ゲット」

この時点で日本は、16位以内には1名(桃田選手)しか居なかったので2枠獲得にはなりませんでした。

そして、もう一つのルールが

  • ランキングの順位には関係なく、5月5日付の世界ランキングにて1人以上がランクインしている国は「1枠ゲット」※上位から順番に選出

というものです。つまり有力候補は「桃田選手」が決定的だったわけです。

それでは、彼が出場できなくなった代わりに切符を掴むことが出来るのは一体誰になるのでしょうか。

現在の世界ランキングを見ていきましょう。

※この世界ランキングは2016年4月7日現在の物です。

佐々木翔

桃田選手を除いた日本人のランキングトップは「佐々木翔」選手ですね。

彼は現在世界ランキング第26位です。ランキング的にも佐々木選手本来の実力的にも有力選手です。

彼の場合は桃田選手が出たとしても選ばれていたとは思いますが。

西本拳太

西本選手も候補の一人ですね。彼は現在世界ランキング42位です。

少し前までは上田選手の方がランキングでは高かったのですが、めきめきと片鱗を見せ始めています。

 

上田拓馬

そして上田選手ですね。世界ランキングは現在45位であり、ランキング上では西本選手とシーソーゲームになっているわけですが、彼もまた有力候補の1人です。

世界ランキング50位以内に日本人が4人もいると言う時点で凄いのですが、恐らく今回選ばれるのは佐々木翔選手ではないでしょうか。

世界ランキングを見ても、宮本選手・上田選手との差は歴然です。

最後に

今回は、桃田賢斗選手の代わりに誰がリオオリンピックの代表になるのか…といったテーマで考察していきました。

桃田選手が最有力候補だった理由は実力はもちろん、彼等とのランキングの差もとんでもないものでした。

26位・42位・45位という3選手の中で桃田選手のランキングは「2位」です。

まさにぶっちぎりの成績なわけです。スーパーファイナルで優勝したことがかなり影響していますね。

今回のオリンピックは残念ながら出られませんが、彼にはここで腐らずに頑張って欲しいですが、何より心配なのは今後桃田選手がどうなってしまうのか…といった点ですね。

追記した記事「田児賢一と桃田賢人はNTTから解雇されてしまうのだろうか?」でも考察したように、桃田選手にも確実に処罰は下ります。

記者会見の質問では「相当重い処罰になる」と関係者が話されていましたが、実際にどんな処罰がくだされるかは、これから会議で決めていくとの話でした。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ