福原愛は結婚後に台湾へ移住するのだろうか?

今回は、福原愛選手は江宏傑選手と結婚後に台湾へ移住するのか…といったテーマで考察していきたいと思います。

以前は錦織選手と交際が噂されていた福原選手ですが、現在お付き合いされている男性は台湾の「江宏傑」という選手だったようです。

週刊文集もほんとによくやりますよね。

更にはオリンピック後には「結婚」を考えていると言う件も驚きです。

まさかあの泣き虫愛ちゃんが結婚するような時代になってしまったかと思うと嬉しい反面すこし切ないですね。

結婚は非常に喜ばしいのですが、その後にひっかかるのが「どちらの国で暮らすのか?」といった疑問です。

結婚をした後に福原選手は台湾に移住してしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

福原愛選手は結婚後に台湾へ移住するのか?

これまで世界中を卓球の為に駆け回ってきた福原選手ですが、彼女が日本に思い入れがあるのは言うまでもありません。

今まで厳しくも愛情を込めて育ててくれた両親への思いや、恩師への思いなども日本には沢山あります。

しかし、向こうの男性が日本へやってくるというのも可能性としてはありますし、実際はどうなってしまうんでしょうね。

色々な意見が交わされていますが、私は福原選手が台湾に行くのではないかと考えます。

その理由は以下になります。

  • 物価の安さ
  • 親日
  • 日本との距離が近い

基本的には台湾の結婚のしきたりでも夫の元へ女性が嫁ぎに来る…というのは日本とは変わりません。多少変わる部分もありますが。

それではそれらの項目を見ていきましょう。

物価の安さ

台湾の物価は日本に比べると安いことはご存知かと思います。

ファストフード店に関しては、そこまでの差はありませんが、屋台の食べ物や施設の値段を考えれば日本よりも物価が安いことを実感します。

一ヶ月生活するのに2~3万円あれば贅沢しなければ生活出来てしまう程です。

そして注目したいのが、安いだけではない…ということですね。

物価が安い国=色々と整備されていない といったイメージを抱きがちですが、地下鉄は驚くほど綺麗ですし、タクシーは普通に走っていますし初乗り料金も200円ほどで格安。

福原選手ほどになれば、お金の面に関してケチケチすることは無いとは思いますが、安いに越したことはありませんしね。

親日

そして台湾には親日家が多いという事も有名なお話ですね。

東日本大震災の時には「280億円」という膨大なお金を支援してくれたこともあり、台湾がいかに日本に協力的であるかが伺えました。

台湾がなぜ親日であるかというと歴史的に日本と非常に関わりが強かったことが影響していると言われています。

親日家が多い国へ嫁ぐことは、福原さんの両親からしても安心する要素であることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

日本との距離が近い

そして三つめは日本と台湾の距離が近いということです。

成田空港から台湾まで約「3時間」のフライトで到着することを考えれば「近い距離」といっても問題ないでしょう。

嫁ぐと言っても飛行機で3時間程度であれば、親の顔が見たくなったらすぐに里帰り出来る距離ですしね。

こういった理由を含めると福原選手が台湾に嫁ぎに行く可能性は高いのではないでしょうか。

最後に

今回は、福原愛選手は江宏傑選手と結婚後に台湾へ移住するのか…といったテーマで考察していきました。

これまで色々と噂があった福原選手ですが、まさか海外の方と結婚まで発展する事になるとは考えていませんでしたね。

実際にはまだ結婚をするつもりでいる…といった段階ですが、オリンピックが終わったら結婚をする予定ということで、年齢を考えれば結婚をしてから引退という可能性も高いですね。

まずは目の前のリオオリンピックで大活躍する事を願っています。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ