アイコスのコインズやパックコードの効率的な貯め方とは?

今回は、アイコスのコインズやパックコードの効率的な貯め方について見ていきたいと思う。

アイコスユーザーであれば、「アイコスフィア」を利用している方は多いのではないだろうか。

前回の記事「アイコスフィアの使い方まとめ」でもお伝えしたように、アイコスを使っている方は景品などもゲットする事ができるので、ぜひ有効に活用していこう。

そして、アイコスフィアの中でも大半の方が「プライズ」目的で利用しているのではないだろうか。

ちなみにパックコードはヒートスティックのパッケージの上部内側に記載されている。

01a2f0b8916c78e260458d4195b0c1e7c8b4aeb80e

貰ってもそこまで嬉しくない物から、喉から手が出るほど欲しい「アイコス本体」などもある。

もちろん、豪華な景品になればなるほど必要なパックコードが多くなるため、かなり根気がいるだろう。前回の記事でも当たる確率などについて触れたが、現状では明らかになっていない。

アイコス本体とまではいかないが、チャージャーケースでいいから欲しいものだ。そのためには最低でも一回当たり3枚のパックコードが必要になる。

また、パックコードではなく「コインズ」を貯めたいという方も居るだろう。それでは”コインズ”・”パックコード”の効率的な貯め方について見ていこう。

スポンサーリンク

アイコスのコインズの効率的な貯め方

まずはコインズの貯め方から触れていく。

基本的な貯め方は、以下の6パターンになる。

方法 付与コインズ数
お持ちのアイコスを製品登録 50コインズ
ストーリーに投稿 20コインズ
投稿したストーリーに”いいね!”を貰う 5コインズ
投稿されているストーリーに”いいね!”をする 1コインズ
シェアに投稿 10コインズ
シェアでいいねを貰う 5コインズ
シェアでいいねをする 1コインズ
 アイコスフィアにアクセス 5コインズ
 アンケートに答える 5コインズ

各案件によってコインズの必要数が変わってくるので、どの程度効率を重視するのかは各自変わってくると思うが

  • デザイン→シェアされている投稿に”いいね!”
  • コミュニティ→投稿されているストーリーに”いいね!”

これをひたすら繰り返し行っていればとりあえず数百ポイントは簡単に獲得する事は出来るだろう。投稿されている物には各1回づついいね!を押すことが出来る。

新着順から下まで淡々といいねを押していけば簡単にコインズが溜まっていく。一回につき1コインズだが、1分間で60コインズ程度なら集めることは容易だ(PC版で計測)。これはコミュニティの”ストーリー”でも同じようにいいねを押してコインズを獲得する事が出来る。

後は、デザインおよびコミュニティにて自分自身が投稿→ユーザーにいいねを貰うのが良いだろう。

ストーリーの場合は、投稿することで20コインズを獲得、そしていいねが押されれば5コインズ貰う事が出来る。いいねを沢山もらうためには内容も凝ったものにしたいところだが、コインズ目的でいいねを押している方も多いので無難な物でも問題は無いだろう。ただ、あまりにも内容が酷い物は公式に却下される場合もある。

いいねを押しまくる方法も、理論上10分間で500コインズ以上は集めることができるため、十分効率的だとは思うが自分自身で投稿してしまう方が効率は上かもしれない。

※追記

メンテナンスが終了して、一日に10回しかいいねを押せなくなった。非常に残念である。

スポンサーリンク

アイコスのパックコードの効率的な貯め方

パックコードはヒートスティックを購入しなければ入手する事は出来ない。そのため、正直効率的に集める方法は難しいだろう。

自分で購入する以外に貯める方法といえば、パックコードを集めていない友人などに譲ってもらうくらいしか無い。

以前落ちているヒートスティックのパッケージを拾ってパックコードを入力している方をお見かけした事があるが、あれはドン引きされるのでやめた方が良いだろう。いや、これに関しては他人の物を盗んでいるわけではないし、興味のない方からすれば空き箱と変わらないのだが…

妖怪シケモク集め

以前住んでいた地域で、毎朝筆者はある公園へ早朝にランニングをしていたのだが、走り終えた後でベンチに座っていると、決まった時間に中年のおじさんがママチャリに乗って設置されている4つの灰皿の中身を確認しに来るのだ。

清掃員の方かと思って気にしなかったのだが、そのおじさんは灰皿の中を確認すると何本かストックして、その場で一服した。

そういった光景を目の当たりにしたのは初めてだったので正直かなり驚愕だった。これが筆者と妖怪シケモク集めとの出会いとなる。

アイコスでも、落ちているパッケージを拾ってパックコードを入力している方を見た時、同じような気持ちになったわけだ。

パックコードは効率的に集めるのは難しい。とにかく根気よく貯めていくしかないだろう。

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ