iPhoneのスピーカー音量が小さい・出ない時の原因と対処法

アイフォンのスピーカーの音量が小さくて聞こえない時や、急に音そのものが出なくなってしまった経験は無いだろうか?

購入当初は普通に聞こえていたのに、急に音量が出なくなってしまえば”故障したのではないか”と焦ってしまう方も少なくないだろう。

スピーカーの音量が小さい理由として、確かにスピーカー自体が故障している可能性もあるが、設定でボリュームが制限されてしまっている場合もある。

今回は、アイフォンのスピーカー音量が小さい・出ない時の原因と対処法について見ていこう。

スポンサーリンク

アイフォンのスピーカー音量が小さい・出ない時の原因

アイフォンのスピーカーの音量が小さい時は、側面にある音量ボタンを押して音量を上げることができるが、通常であればそれで音量は大きくなるはずだ。

しかし、どれだけ押しても音量が上がらない場合は

  • スピーカーの故障

もしくは

  • アイフォンの設定

によって出力が抑えられている可能性がある。

では、まずスピーカーの故障の線から見ていこう

スピーカーが故障している

「イヤフォンでは正常に音量が出ているが、スピーカーでは音が小さい」

アイフォンの出音をイヤフォンやヘッドホン等で確認するのではなく、本体のスピーカーで確認する場合だ。

スピーカーで出力する場合は、基本的には内部の設定に依存しない。試しにブラウザで動画などを再生してみよう。その際には「マナーモードはオフ」にしておこう。

ボリュームボタンを押しても音量が上がらない、音が全く出ない…という場合はスピーカーが故障している可能性が高い。

また、音割れやノイズが聞こえている場合も故障が疑われる。

この際には、設定を行ったり、自然に直るのを待っていても解決する事はほとんどない。稀に「放置していた直った」といったコメントも目にするが、早く解決したいのであれば修理してしまった方が良いだろう。

スポンサーリンク

スピーカーが故障する原因と対処法について

スピーカーが故障してしまう原因は多々あるが、そのほとんどが「落下」や「水没」だろう。もちろん、経年劣化などスピーカーの寿命によって不具合が出ることもある。

対処法に関しては、なるべく大切に扱うべきだ…としか言いようがない。

カバーを付けない方がスリムでポケットにも入れやすいが、その反面落とした時に破損する確率も上がるので、保護ケースに入れた方が良いだろう。

iPhone6などは側面・裏面がサラサラしており、非常に滑りやすい素材なのでなおさらケースやリングを付けておくのがベターだ。

水没に関してだが、これこそ水辺ではなるべく使わないようにしたり、防水ケースなどに入れて保護する必要があるだろう。

筆者は風呂場でiPadを使う機会が多いため、防水ケースを使っている。

イヤフォンやヘッドフォンを使って確認する

「スピーカーは正常に音量が上がるが、イヤフォン等では音量が上がらない」

まずは、あなたが使っているiPhoneの設定を見ていこう。

iPhoneには「アラーム」や「音楽アプリ」などそれぞれに音量設定が存在している。

いくらボリュームを上げたとしても、内部で制限されていれば出力はそれ以上アップしない。

用途によって変わってくるが、それぞれ見ていこう。

音楽アプリ

では、まずホーム画面に戻ろう。

設定をタップ→例えばApple Musicをタップ。ここで「音量の自動調整」がオンになっていると、アイフォンのボリュームボタンで操作しても効かなくなる。これは内部で自動でボリュームがコントロールされてしまっているからだ。

もし、音楽アプリを起動しても音量が小さい場合には、設定から任意のアプリの音量調整を確認してみよう。

着信音・通知音

着信音・通知音に関しても内部である設定がされていると、音量が調節できなくなる。

設定→サウンド→「着信音と通知音」の項目で”ボタンで変更”をオンにする。→これがオフになっているとボタンで音量の調節が出来なくなってしまうので、確認しておこう。

また、この部分のボリュームバーが一番左側にセットされていると着信音ならびに通知の音量がゼロになってしまう。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ