アイコスは電子タバコじゃない?機能や味・価格帯の違いを比較

今回は、アイコスは電子タバコじゃないのか…といったテーマで「機能」や「味・価格帯」の違いを比較していきたいと思う。

ここ最近、普及が一気に加速し始めたアイコス。喫煙所でも使用している姿を多く見かけるようになってきた。

私自身、アイコスを愛用しているが、以前よりも使用しているところを奇異な目線で見られることは無くなったように思う。

しかし、使用していない人達からは未だに「電子タバコ」というイメージが強いようだ。昔、電子タバコを吸って禁煙しようとしていた人達からは、「マズイ、くさい」という理由で結局禁煙に失敗したという苦い思い出がよみがえってくるのだろう。

しかし、アイコスは厳密に「電子タバコ」ではないのだ。

アイコス≠電子タバコ

アイコス人気に乗じて、ここ最近は電子タバコの種類も増え始めた。しかしそれでも、アイコスの代替品にはなり得ない。

それでは一体何が違うのか?

答えは「ニコチンの有無」だろう。

電子タバコにはニコチンが含まれていないのだ。その分、いろいろなフレーバーが楽しめ、口の中に広がる味はタバコよりもずっと健康的であり、自分に合った味を探すという楽しみ方もあるようだ。もちろん周囲にもフレーバーの香りが広がるので、決してタバコように人を不快にさせるようなことはない。

タバコのように葉を使ったものでなく、リキッド(液体)を使う。

リキッドには基本的にニコチンが含まれていないため、ヘビースモーカーが急に禁煙のために電子タバコを吸い始めても、禁煙は難しいだろう。あくまで、「口の中で楽しめる嗜好品」という意味でのタバコであるため、想像するタバコとはまったくの別物だと思ってもらいたい。

一方アイコスには、ニコチンが含まれている。喫煙者にはとても馴染み深い単語だろうニコチン。これにはもちろん依存性があり、タバコからアイコスに切り替えたとしても禁煙に成功したとはまったく持って言えないだろう。

しかし、アイコスは普通のタバコと違い、葉を燃やしておらず、蒸している。その分、焼いたときに発生する有害物質の総称「タール」は一切発生せず、発ガンの心配もガクンと下がる。そしてタールが無いということは、結果的に副流煙はゼロ。周囲に害は無いのである。もちろんヤニも無いので、歯が変色したり、部屋で吸っても壁が黄色くなったりしないのだ。

ちなみに、私はアイコスを吸うようになってから、味覚が変わった。喫煙者には欠かせない相方のコーヒーを、アイコスに切り替えてから飲んだところ、味の繊細さを感じることが出来るようになった…気がする。

普通のタバコを吸っていた当時ではまったく感じることの無かった、コーヒーの「酸味」や「うま味」なとが、ハッキリと分かるようになったのだ。

もちろん、禁煙したいという方には電子タバコをおすすめするが、タバコを断ち切れず、かといって健康でいたい、ホタル族はもう嫌だ、という人はあまりプルームテックは向かないかもしれない。

アイコスの味

つい先日、仕事先の飲み会でアイコスを使っていたところ、「吸ってみたい」という人がいたので吸わせてみた。

「マズイ」その一言で感想は終了した。無駄にされたタバコを返していただきたい。

アイコスを使っているもの珍しさからか、「どんな味なの?」「うまいの?」「いくらしたの?」etc・・・の質問を毎回毎回されるため、もはやフィリップモリスの営業マンほどの知識とトーク力を身につけてしまった。

さて、「マズイ」と一蹴されたタバコの味はどんなものだろうか。といっても、もはや自分はその味に慣れてしまったため、どんな味と聞かれても「アイコスの味」としか言えないので、アイコス未使用者の数人に試してもらい、その感想を聞いてきた。ちなみに吸ってもらったのは自分が愛用しているメンソールなので、それもふまえて見ていこう。

・「ポップコーンっぽい」

・「ガムっぽい(恐らくメンソールの影響)」

・「変な臭い、たばこ吸いたい」

 

・・・・・・・散々である。そこまで言われるものだろうか。

まぁ、確かに純粋にタバコを求める人には合わないのかも知れない。それはそうだろう。焼いておらず、蒸しているのだから、味が違って当然だ。焼きギョウザを食べるつもりで蒸しギョウザ食べて、味が一緒に感じるワケがないだろう。

ちなみに、アイコスをしばらく吸ってからタバコを吸うと、マズすぎて吸えなくなる。よくも今までこんなものを口の中に入れていたものだと思うほどには、マズく感じる。

なんというか、焼いたプラスチックというか・・・健康被害が出て当たり前のような味がするのだ。

価格帯の違い

残念ながら、アイコスにしても、タバコの値段は変わらない。そのお値段460円。

普通のタバコと変わらないので、今のところ値段的にメリットは感じないだろう。

だがしかし、ここでひとつ朗報がある。まだ噂段階ではあるが、アイコスのタバコは増税対象から外されるらしいのだ。

今後、無駄に使われ続ける税金を補填させられるためにさらに値上げされていくであろうタバコ。1000円を超えるのではないかとも言われているが、その対象から外され、ずっと460円のままであるならばアイコスに移行する人間はかなり増えるだろう。


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ