韓国の釜山少女像問題で10億円返金や日韓国交断絶の可能性は?

韓国が釜山の日本総領事館前に”少女像”を設置した件について、菅氏は

  • 駐韓大使である長嶺安政氏を一時的に帰国させる
  • 日韓ハイレベル経済協議の延期
  • 日韓通貨スワップ交換協議の中断
  • 在釜山総領事館職員の釜山市関連行事への参加見合わせ

上記のような”対抗措置”を取った。

強気な判断を見て関心している方も多いのではないだろうか。ネット上でも非常に称賛の声が上がっている。

といっても、まだまだ小さな一歩だろう。今まで舐められていた事を考えれば、この機会は関係を絶つ大きなチャンスなのではないかと考えている方も少なくないだろう。

今回は、韓国の釜山少女像問題で10億円返金や日韓国交断絶の可能性について見ていきたいと思う。

スポンサーリンク

少女像問題で10億円返金の可能性は浮上するのか?

確かに、韓国は明らかに約束を破っている。だからこそ冒頭で述べたような”対抗措置”を取ったわけだ。

「見合わせ」や「一時中断」という部分がどうも甘く感じるが、今までを振り返ってみれば今回の措置はあちら側としては少なからずショックを受けただろう。

だが、10億円が返金される可能性は個人的には低いと感じる。もちろん、以前話題に上がっていたように元慰安婦の方達は「返金をすべき」と語っていたのは事実だ。彼女らは賠償金を求めたのではなく、”謝罪”そして”法的賠償”。

しかし、韓国はそれに反応することなく10億円を受け取ったまま。この10億円は日本が韓国とより良い関係を築くため”少女像”を撤去するための日本の材料だったが、韓国側は像を撤去する素振りを見せるどころか、今回の様に新たに少女像を設置していた。

左右どちらに寄ろうとしているわけではないが、今までの日本に対する行動や、あちらの独特な考え方などを見ると、もう帰って来ないのではないかと感じてしまう。

では、日本が渡した10億円とは一体何の意味があったのだろうか?

今回の強気な対抗措置を取る事が出来たのも、この10億円があったからだ。つまり、あの10億円は「これで日本と韓国との関係は終わりですよ」という手切れ金のようなモノとしてポジティブに捉えることが出来るのではないだろうか。

前述したように、現状ではこの対抗措置に関しても一過性だ。永久に続く物ではない。

だが、今回の件がきっかけとなって日韓断絶の可能性も浮上してくるのではないだろうか。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ