アイコスはヘビースモーカーでも満足感アリ?節約は可能か?

ヘビースモーカーの方にとってもアイコスの登場はかなり衝撃的だったのではないだろうか。

煙が出ない・灰が出ない・匂いが出ない…といった非常に画期的なタバコだ。これまで登場してきた電子タバコと比べると、より”タバコっぽい”という特徴がアイコスだろう。

それなりに嗜む方からヘビースモーカーの方まで、アイコスに関する疑問点を解決できたらと思う。

今回は、アイコスはヘビースモーカーでも満足感は得られるのか…といった内容について見ていく。また、一日に吸う本数なども気になるところだと思う。アイコスに変えると節約は可能かどうかも説明していこう。

iqos%e3%83%ad%e3%82%b4%e3%81%aa%e3%81%97%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc%ef%bc%92-01

アイコスはヘビースモーカーでも満足感を得られるのか?

筆者の周りの人間やSNS上での意見をコメントを見てみると、かなり個人差があるように感じる。

ただ、ヘビースモーカーの方がアイコスに替えたからといって、一日に吸う本数が減るとはあまり思えない。有害物質を大幅にカットしているのは魅力的だが、ニコチンが含まれている以上「吸いたい」という欲求は訪れる。

筆者の場合も以前吸っていた紙タバコからアイコスに替えても、本数は変わっていない。むしろ、吸いやすい(味や自室で吸える点)という点から以前に比べて少し増えてしまっている。

 

また、筆者の勤務先には缶ピースを一日2缶以上吸っている人間がいるが、その人物にアイコスを吸わせたところスカスカしていてタバコ感が少ない…といったコメントを貰った。

満足感は正直微妙だと言っていたが、味に関しては悪くないとのこと。メンソールとレギュラーの両方を吸っていただいたが、やはりレギュラーの方が好感触だった。元々あまりメンソールを吸わない方なのでそこは当然なのかもしれないが。

これは普段吸っているタバコのタール量も大きく関係してくるだろう。筆者の上司の様に普段から28mgのたばこをガバガバ吸っていれば、アイコスを吸った時に満足感を得るのは難しいだろう。

ただ、ヘビースモーカーの方でもアイコスに替えて満足しているという方は実際に存在している。これが前述にある個人差が大きいという点だ。

味に満足できない・吸った気がしない…といった意見は様々上がっているが、アイコスのあの感覚がフィットすれば紙タバコから移行することは可能だろう。

ヘビースモーカーの方が悩んでいる部分というと、やはり匂いやコスト面だと思う。

アイコスに移行すれば匂いの面はほぼほぼ解消できる。ヒートスティックを加熱し始めた時や吸い終わったヒートスティックをホルダーから抜き取る時に若干独特の匂いを放つが、窓を開けて換気したり、ファブリーズ等で消臭すればまず問題ないレベルだ。

更には、部屋や車内で吸ったとしても壁紙などにヤニが付着しないというのも魅力的。筆者の場合はこれが原因で、リラックスしきった状態・体勢でアイコスを使用してしまって(吸いやすいから)以前よりタバコの本数が増えてしまった。

そして、もう一点が「コスト面」アイコスに替えると紙タバコに比べて節約できるのだろうか?

iqos%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc-01

アイコスに替えると節約することが出来るのか?

アイコスに禁煙効果や紙タバコに比べて一日に吸う本数を減らすことが出来ると期待している方は多いが、そういった効果はアイコスには無い

つまり、アイコスに替えたからといって節約に繋げることは難しい

メーカーが公表しているように、従来の紙巻タバコに比べればタールなどの有害物質は大幅に抑えられている。しかし、”吸いたくなる”あの感覚に何ら変わりはない。前述したようにニコチンは含まれているからだ。

 

アイコス本体の価格はメーカー希望小売価格だと9980円クーポンを使えば3000円引きの6980円(2016年12月現在)。

転売されている価格の相場は約20000円前後になる。ご存知の通りヒートスティック(アイコス専用たばこ)だけでは吸う事は出来ないので、まずは本体を購入しなければならない。

そして、ヒートスティックの価格は20本入りで460円。紙巻きたばこの場合は、たばことライターがあればすぐに吸う事ができるが、アイコスを使用する段階で、最低でも6980円(本体料金)+460円(ヒートスティック)=7440円かかる。

この時点で到底節約に繋がるとは思えないだろう。もちろん、アイコスを使い始めてから禁煙に成功した方がいらっしゃるのは事実(本来アイコスにそのような効果は無い)なので、もしアイコスを使い始めてから、タバコの本数が減るのであれば最終的に「節約できた」…となるパターンも無き西もあらずだ。

そして、なにより現状ではなかなか正規価格で購入できないという点が痛いところ。上記で挙げたように在庫がなかなか出回らないため、2万前後の価格で転売される。

たばこを吸い始めるのに初期投資が2万はコスパは最悪だ。

アイコスのデメリットばかり述べたが…

これまで、アイコスのデメリットばかり述べてきたが、筆者は紙巻きたばこからアイコスに替えて正解だったと思っている。

有害物質がカットされていると言う点も嬉しい。それよりも、匂いはほとんど付着しない上に、壁紙が変色しない事から部屋で自由に吸えるのがなにより魅力に感じている。

加熱はしているが、火事のリスクもほとんどなく、灰もでないので部屋のゴミ箱に自由に捨てられるのも非常に楽だ。

後は、連続で吸えることが出来れば文句のつけどころが無い。ヘビースモーカー・チェーンスモーカーの方は割と短いスパンでタバコに火をつけると思う。

アイコスはそれが出来ない。最後の最後でアイコスの難点を付け加えるというのもアレだが笑

筆者はそこまで吸う間隔は短くない方だが、場合によっては吸い足りないと感じる時がある。その時のため(1台が故障した時の事も考慮している)にアイコスを2台持ちしている。

アイコスの充電時間は約6分。吸える時間は14服もしくは6分。そこでアイコスを2台持っていれば、片方を使っている間にもう片方を充電する事が出来るため、吸いたいタイミングで稼働させることが出来るわけだ。

チェーンスモーカーの方にはぜひ2台持ちをオススメする。

後は、入手する方法だが、高い値段で転売されているアイコスを割り切って購入するか、安く出品されるのを随時チェックしておくしかない。

最後までアイコスのデメリットを引きずってしまったが、個人的には非常に気に入っている。もし購入できる機会があれば、ぜひ手に取って欲しい。

iqos%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc-01


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ