アイコス赤緑オレンジランプ点滅の意味・原因や故障時の交換方法

アイコスの調子が悪い時はランプに変化が現れることが多い。

故障しているかもしれない…と感じた場合にはチャージャーもしくはホルダーのランプの色を確認してみよう。

ランプのパターンは「オレンジ」。

これらが点灯もしくは点滅している場合の意味について確認して、あなたの持っているアイコスの状況を診断してみよう。

今回は、アイコスの赤緑オレンジランプ点滅の意味・原因や故障時の交換方法について見ていきたいと思う。

スポンサーリンク

アイコスの「緑・オレンジ・赤」ランプの意味と状態示唆

さて、早速アイコスのランプの意味について見ていこう。

ホルダー単体の検証

ホルダーには、電源を入れるスイッチの上に小さめのLEDが備わっている。

まずはこの部分の説明だが、ホルダーのランプの色は3色

緑・オレンジ・赤だ。

  • 点滅→加熱中
  • 点灯→加熱完了・吸える状態
  • 点灯→充電残りわずかの状態(残り1~3服)
  • 点灯→バッテリー残量無し(orに変わった場合は故障の可能性高)

ホルダーのランプの変化は基本的には点滅→点灯→オレンジ点灯→ランプ消灯の順番だ。

異常がなければ、吸っている状態でランプが点灯する事はまず無い。オレンジランプが消灯した後充電をせずにホルダーのボタンを押すと、色ランプが数秒間だけ点灯する。

これは起動するためのバッテリー残量が無くなったからチャージャーにセットして充電してくれという事を示唆している。

逆に言えば、点灯→点灯・オレンジ点灯→点灯の状態にいきなり変わった場合はホルダーに異常…つまり故障している可能性が高いと考えられる。

吸っている時にランプの変化をあまり見ていない方は気付かないかもしれないが、もし吸っていて異様に稼働時間が短いと感じた時はランプを確認してみると良い。

また、自分のアイコスがどの程度稼働するのか確認する場合は、ヒートスティックを刺しこんでいない状態で電源をオン→ストップウォッチで計測してみよう。実際にヒートスティックを入れた状態の方が正確ではあると思うが、抵抗がある方は無しでも良いだろう。

計測して明らかに稼働時間が6分を下回っていた場合は、故障の疑いが出る。

ホルダーは正常に加熱されているか?

加熱ボタンを押した後にランプ20秒点滅→ランプ点灯

ランプ→ランプ→ランプ消灯

ランプの過程が上記の状態であれば、デバイスに問題は無い。正常だ。

加熱ボタンが点滅or点灯

加熱ボタンが点滅or点灯してしまった時点でほぼほぼ一発アウト。

交換が必要になる。

加熱ボタンが点滅or点灯

アイコスの温度範囲が+10℃~60℃の範囲を越えている場合には、この現象が起こる。デバイス本体を日陰等に移動させて冷却する必要がある。

本体を冷却→変わらず点滅or点灯している場合は故障の可能性高→交換が必要。

デバイス本体の温度が高温になっていない状態で、加熱ランプが点滅or点灯している場合は、本体が故障している可能性高→交換が必要。

加熱ランプが点灯→点灯

こちらも一発アウト。交換が必要になる。

加熱ランプが無点灯

充電が完了している状態で、ホルダーのランプが無点灯の場合も、ランプ点滅と同様にほぼ一発アウト。

交換が必要になる。

 

上記のホルダー単体のランプの色の変化、稼働時間を確認してみて怪しい部分がある場合は、保証期間内であればアイコスストアで修理および交換してくれる。

交換の方法に関しては当記事の下部で説明しているので、ご参照をば。

スポンサーリンク

チャージャーに入れて検証

では次にホルダーをチャージャーにセットした状態での状態確認について見ていこう。

上記の様に、吸っている状態でのランプの色の変化でも異常を確認することは出来るが、チャージャーのランプでも同様に故障しているか否かを判別する事は可能だ。

  • チャージャーの一番上のランプ(大きい丸のランプ)がホルダーの充電状態
  • その下の4つのランプ(小さい点のランプ)がチャージャーの充電状態
  • 一番下のランプはブレードをクリーニングしている状態を示唆。

点滅

アダプターで充電している最中にホルダー充電ランプ&チャージャー充電ランプが緑点滅している場合は正常に機能している状態

不規則点滅

ホルダー充電ランプおよびチャージャー充電ランプが不規則に点滅(点滅の速さがバラバラ)の場合は故障の可能性高→交換が必要。

ホルダー充電ランプのみ点滅しない

純正アダプターをチャージャーに挿入している状態で、チャージャー充電ランプが点滅しているのにも関わらず、ホルダー充電ランプのみ点滅しない場合は一度ホルダーをチャージャーから取り出して再度挿入してみる。

通常のように、ホルダー充電ランプ・チャージャー充電ランプが点滅している場合は問題なし。

変わらず、ホルダー充電ランプのみが点滅しない場合は故障の可能性高→交換が必要。

点灯・点滅

ホルダー充電ランプが点灯or点滅した状態で一度チャージャーからホルダーを取り出し再挿入後にランプに変われば問題なし。

再挿入後も点灯・点滅している状態であれば、ホルダーもしくはチャージャーが故障している疑いがある。

もう一台、チャージャーを持っている場合は、そちらでホルダーを充電→正常に充電が出来ている場合はチャージャーに異常あり。

もう一台のチャージャーでも橙ランプが点灯・点滅している場合はホルダーに異常あり。

点滅・点灯

ホルダー充電ランプが赤点滅or点灯している場合は、加熱ブレードの破損をはじめとして、ホルダーに何らかの異常がある可能性が高い→交換が必要。

ブレードクリーニングランプ点灯

クリーニングランプが赤点灯していることを確認後、再度自動クリーニング。(自動クリーニングボタンを長押し)

  • 自動クリーニングランプが色に点灯→問題なし。
  • 自動クリーニングランプが色に点灯→故障の可能性高。交換が必要。

ホルダー充電ランプ&クリーニングランプ点滅

2つのランプの赤点滅を確認後、チャージャーを再起動(クリーニングボタンの下にある電源ボタンを5秒長押し電源オフ→その後3秒長押しで起動)

再起動後しても、ランプが点滅している場合は故障している可能性高→交換が必要。

点滅・点灯無

“純正”アダプターを挿入しているのにも関わらず、ホルダー充電ランプおよびチャージャーランプが点滅・点灯しない場合、ホルダー及びチャージャーが故障している可能性が高い→交換が必要。

交換の方法について

ご自身が使っているアイコスに上記の故障の症状が見られた場合は、交換の必要が出て来る。

その際には、直接メーカーにアイコスを修理してもらう事になる。

方法は2パターン。

  • 直接アイコスストアに赴き交換してもらう。
  • 故障したアイコスを郵送して折り返し送ってもらう。

そして、修理に必要な物は以下の通り。

  • アイコス本体(ホルダー・チャージャー)
  • 保証書(保証期間内で尚且つ保障を使いたい場合)

もし、不安な方は購入した際に入っていたケースや中身を一式用意していくと良いだろう。

アイコスストアに直接赴いて交換をお願いする場合は、郵送に比べて短時間で済む。その時によって混み具合が変わってくる。到着してすぐに交換が完了する場合もあれば、順番をしばらく待たなければならない事もある。

保障を使って郵送して交換する場合は、公式HPにて「交換リクエスト」を作成する必要がある。

ログイン→サポート→お問い合わせ→デバイス診断…この順で進めていき、ご自身のアイコスの症状を選択していく。

「不具合があるようです」と診断された後は、下に交換リクエスト作成のボタンが表示されるので、そちらを選択して必要事項を記入していくことになる。

個人的には、直接アイコスストアに行ってしまう方が楽に交換できると感じた。筆者が行った時はお客が少なかったということもあり、速攻で交換してくれた。

ちなみに大宮店では修理交換は出来ない。もし、無理なく行ける範囲にアイコスストアがある場合は、直接行ってみると良いだろう。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ