アイコスはまずいのか美味しいのか?タバコとの違いと特徴を解説

アイコスがリリースされてからしばらく経過するが、すでに購入された方はアイコスの味を確かめたと思う。

「美味しい(うまい)」・「不味い」・「微妙」…などそれぞれ感じたかと思うが、あなたは初めて吸った時にどのような印象を受けただろうか。

筆者は友人から貸してもらった時に「レギュラー」を吸ったのだが、美味しいとは思えなかった。他の記事でも散々書いているが”ポップコーン”のような味を連想してしまった。

これは不味くて吸えないなぁと思っていたのだが、メンソールを吸わせてもらった時に割と感動した。マルボロ意外にもメンソールが割と強めな銘柄はある(筆者が強いなぁと感じたのはメビウスのメンソール)が、アイコスもここまでハッキリとしたメンソールの爽快感を得られるとは思わなかった。

そこから、アイコス購入をしたわけだが、現在吸っているのはやはりメンソールだ。メンソール以外にもバランスドレギュラーやミントなど一応試してみたが結局そちらに乗り換えはしなかった。やはりメンソールが一番好みだ。

さてそんなこんなで今回は、アイコスは「まずいのか美味しい(うまい)のか」?といったテーマで、タバコとの違いと特徴について解説していく。

スポンサーリンク

アイコスはまずいのか美味しい(うまい)のか?

アイコスの味。なんとも説明しずらい味だ。タールが大幅にカットされているため、健康面に関しては従来のタバコよりは幾分マシになったとは思うが、キック力はかなり軽減している。

喉に向かってくるガッツ感が弱い。”マイルド”と言う言葉に置き換えれば綺麗に収まるとは思うが、今までかなり強めのタバコを吸っていた方からすれば物足りなさを感じるかもしれない。

ヘビースモーカーの人間にも吸わせたが、一言で表すと「何となく府抜けている」印象を受けたとのこと。

そして味の特徴だがタバコ特有のあのほろ苦さや味わいという部分はあまり感じられない。

恐らくこの記事を読んでいる方は、まだアイコスを購入する前で、どのような味なのか興味を持っているのだと思う。

しかしながら、味を言葉で伝えるのは非常に難しい。

そのため、かなり都合良い表現の仕方になるが”人それぞれ”という言葉に尽きる。

…だが、ここで味に関する説明が終わってしまえば、購入してから後悔する方も出てきてしまうだろう。

ぶっちゃけ誰かにアイコスを試させて貰うのがベストなのだが、周りに使っている方が居ない場合はそれも難しいと思う。

以下に各ヒートスティックの味についてまとめたので、ぜひアイコスの味の想像が出来れば幸いだ。

ヒートスティックの種類および味の特徴

アイコスに使うヒートスティック(専用たばこ)の種類は現在4種類。

  • レギュラー
  • バランスドレギュラー
  • メンソール
  • ミント

レギュラー

ヒートスティックの中で一番プレーンな味わいだ。

前述したように今まで紙タバコを吸っている方からすれば、なんとなく”ポップコーン”を彷彿させるだろう。まぁこれに関しても感じ方は人それぞれだろうが…

そして、吸いごたえは正直あまり期待しない方が良い。確かに他の3種類に比べれば、より従来のたばこの味に寄せたのだろうとは思うが、喉にガツンとくることも無ければ、味わいも微妙だ。今までレギュラータイプのたばこを吸っていた方は、ナチュラルに楽しめる味なのかもしれない。ただ満足感は若干薄い。

味の特徴に関しても、個人的な感想だがほのかな甘み…といった部分も感じることは無く、ただただ薄めのたばこ…といった印象しか受けなかった。

恐らく大概の方が、こちらの”レギュラー”か”メンソール”の二択になるのではないかと感じる。

バランスドレギュラー

レギュラーに比べると、より吸いやすくなっている。より吸いやすさを重視したい方はコチラを選択するのがベターかと思うが、その分レギュラーより味わいは薄くなってしまっている印象を受けた。

ただ、味わいこそ印象が弱くなっているが、爽やかさを少し感じる物があった。バランスドレギュラーは、ヒートスティックのバリエーションの中でも特に不人気なのだが、想像していたよりは悪い味はしなかった。好きな人は好きなのではないだろうか。

メンソール

おそらくアイコスを使っている方の中で一番購入率が高いのではないだろうか。

加熱後に初めて吸った時のメンソールの爽快感には驚いた。このメンソールを試していなかったら絶対にアイコスを購入する事は無かっただろう。

味わいについては、深みだとか苦味だとかを感じる前に、ただただメンソールの強さが前に出て来る。後味はほのかな苦味を感じる。

現在メンソール系のタバコを吸っている方は、このメンソールを選んでおくのがベターだろう。それこそ吸ってみないとご自身に合うかどうかは分からないが、一度ハマってしまえば確実にアイコスに乗り換えたくなるはずだ。

スポンサーリンク

ミント

メンソールを購入するつもりが間違えてミントを購入してしまった…と言う方も居るのではないだろうか。

コンビニなどで購入する際に割と見間違える。パッケージの色が角度によってはメンソールに見えてしまう時があるのだ。

レギュラー、バランスドレギュラー、メンソールと吸い、この時点でミントを吸うまでも無いと思っていたのだが、コンビニでメンソールが品切れの時に仕方なく購入したのがミントだった。

メンソールを吸っている方がこのミントを吸っても何も感動はないだろう。ただただ印象に残らない味。

ほのかにスースーはするが、上記のような爽快感は無く、メンソールと比べると鈍い。

そのためか、味の輪郭は捉えやすい。苦味は少なく、喉越しもマイルドだ。メンソールを吸ってからだと中々印象に残りにくいが、あまりにもメンソールが強すぎて吸いにくいと感じた方は、ミントを試してみるのも良いだろう。

 

以上で、各ヒートスティックの味のご説明は終わりになるが、やはり実際に吸ってみないと分からない…というのが結論だ。

もし、周りにアイコスを使っている方が居る場合は、一度使わせてもらえないかどうかお願いしてみよう。

アイコスと従来のタバコとの違い・特徴

では次に、アイコスと従来の紙タバコとの違いと特徴についてご説明していく。

アイコスとたばこの大まかな違いは以下の通り。

アイコス 紙タバコ
点火方法 電気による加熱 ライターで着火
副流煙の有無 ほぼ無し 有り
吐煙 有り(水蒸気) 有り
タール量 記載なし※① 1~32mg
ニコチン量 記載なし※① 0.1~1.5mg
値段 本体9980円(定価)

専用たばこ460円

260円~
健康被害の可能性 有り 有り
匂い 有り 有り

※① アイコスは従来のたばこに比べるとタール量およびニコチンの量が軽減されていると言われている。そのためかパッケージにはタール量・ニコチン量の記載がない。ただし、少なからずタールとニコチンは含まれている。

上記の様に比較してみると、匂いと煙に関する点に注目される方が多いのではないだろうか。

アイコスは確かに従来のたばこに比べると煙の量も少ないし、匂いも感じにくい。だが、実際には少量の煙は発生するし、アイコス特有の匂は出ている。

コストパフォーマンスに関しては「アイコスはコスパが良いのか悪いのか」でもお伝えしているので、そちらを参照してほしい。

さて、アイコスと従来の紙タバコの違いはざっくり見るとこんな感じだが、なんだかんだでアイコスは、匂いが少ないという点と副流煙が少ないという点が大きな魅力だろう。

上記でアイコスは匂いや副流煙が若干出る…と記載したが、発生すると言っても従来のたばこに比べると遥かにマシだ。

個人的にアイコスで一番利点を感じたのは、部屋の壁紙や車内が黄ばまないと言う点だ。

ここでお伝えしきれなかった事も多々あるが、アイコスを購入する上での参考になれば幸いだ。

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ