厄年は迷信!?受験や恋愛と健康への影響は何も起こらない?

厄年は迷信なのか…といったテーマで、受験や恋愛と健康への影響は何も起こらないのかについて見ていきたいと思います。

人生の節目節目にやってくるもの、それは厄年です。
ところで、厄年って何か根拠があるのでしょうか?
厄年の年の受験や恋愛、健康への影響を見ていきます。

スポンサーリンク

厄年は迷信で何も起こらないのか?

「今年は厄年だから厄払いに行かなきゃ…。」と考えている人も多いと思います。

「厄年=何か悪いことが起こる年」と多くの人がそう考えていますが、何か理由があるのでしょうか。

そもそも、「厄年」とはどのような年なのでしょうか?
まず、厄年は男性と女性で年齢が異なります。

そして、本厄の前後1年を「前厄」、「後厄」と呼び、この3年間は特に気を付けて生活するように言われています。

男性の本厄と女性の本厄

男性の本厄は、25歳、42歳、61歳です。

対して女性の本厄は、19歳、33歳、37歳です。
この本厄の頃は、人生において仕事や子育てなどが忙しくなってくる時期や結婚・出産、孫が誕生する時期と重なっているため、何かが起こりやすいのも分かる気がします。

ですが、厄年には科学的な根拠もなく、由来も不明確なのです。
科学的な根拠や由来がないにも関わらず厄年という概念は平安時代にはすでにあったようで、いかに人々が厄年を恐れ、現在までそれが脈々と受け継がれているのがよく分かります。

なお、本厄の年齢は普段使っている満年齢ではなく、数え年ですので注意して下さいね。

さて、厄年については様々な見解がありますが、なかには科学的な根拠がないので迷信とみなす人もいます。

厄年に何か必ず起きるのならば、毎年たくさんの人が何らかの災難に見舞われ、お先真っ暗になってしまいますよね。

確かに厄年の年に大災難に見舞われた人もいますが、そうじゃない人もいます。

結局は人によって違うと言わざるを得ません。
ちなみに、厄年という概念は日本だけでなく、イギリスやエジプトなど世界中にあるようです。

厄年は受験に影響する?

スポンサーリンク

受験というと高校受験や大学受験を連想しがちですが、スキルアップや転職などのために資格試験を受けるのも受験のひとつですよね。

受験前は気持ちを落ち着かせるためにも、なるべく験を担いでおきたいですが、厄年に受験となると、どんな験担ぎも通用しないかも知れないからどうしようと考える人もいます。

ですが、いくら験担ぎをしたところで肝心の勉強を疎かにしてしまうと合格は遠退いてしまうでしょう。

 

結局、受験を成功させるためには努力と効率的な勉強法と絶対に合格してみせるという気持ちが不可欠です。

それに、厄年の年に受験が成功したら最高の厄落としになりますよね。
厄年だからといって、考えすぎはかえって合格が遠退いてしまいますし、運気が逃げてしまいそうな気もしますよね。

厄年は恋愛や健康に影響する?

恋愛と健康は、生きていく上で気になることだと思います。
恋人と別れてしまったり体調不良が起こってしまったら、厄年のせいかも知れないと思うのは無理のないことだと思います。

実際、男性の本厄である42歳頃や女性の本厄である33歳・37歳頃は、上司と部下の板挟みで悩んだり仕事での責任が増えたりしますし、子育ても

まだまだ手がかかる時期であるため、知らず知らずのうちに無理をしてしまって体調を崩しやすい年代に差し掛かっていると言えます。

 

また、昨今は晩婚化が進んでいるため、初婚年齢が本厄の時期と被る30代や40代というのも珍しくありません。

ですが、これまでの人生で厄年の年以外に恋人と別れたり体調が崩れてしまったこともあったと思います。

厄年を全く気にするなとはもちろん言いませんが、気にしすぎは良くないですし、結局のところ、人生はなるようにしかならないのです。

厄年に何かあったらどうしようという気持ちを持ってしまうのは仕方がないですが、考えても仕方ない部分があります。

受験に失敗するときは失敗しますし、恋人と別れたり体調を崩してしまうのもそれはもう運命だったと思わざるを得ないときもあります。

もういっそのこと、厄年だから何かあっても仕方ないって開き直ってしまうのも手かも知れませんね。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ