中村進太郎の顔画像・写真や職業!年齢と動機(理由)は?

今回は、中村進太郎の顔画像・写真や職業をはじめとして、年齢と動機(理由)についても見ていきたいと思います。

小さい女の子に興味を持つ人間は意外と多く存在しています。今回の件では実際にドナドナされて行きましたが、報道されていないだけで件数はもっと多いでしょう。

どうして良い大人が女児にちょっかいを出してしまうのでしょうか。年齢を重ねるうちに対象外となっていくのが普通と言われていますが、中には「いくつになっても対象が幼女のまま」或は「あるきっかけから小さい女の子が対象になってしまった」というパターンなどがあげられます。

いずれにしても、実際に行動に出てしまえばその時点で終わりです。この中村という男はなぜ手を出してしまったのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

中村進太郎の顔画像・写真

まずは、今回の件をやらかした「中村進太郎」という男の顔画像・写真から見ていきましょう。

中村は現在36歳。既婚かどうかは明らかになっていませんが、年齢が年齢ですので普通にアウトです。

動機について

今回の件について中村は「やっていない」と否認しています。取り調べが進んでいけば実際にやっていないのか、やったのかはすぐに分かるとは思いますが、女子児童からすれば顔は忘れないでしょうね。

自転車で児童に近づいて後ろから手を出したとのこと。この児童と中村との関係ですが、一切面識はなく文字通り赤の他人です。

この児童を尾行→自転車で接近→やらかした…といった流れだったと言いますが、前々からこの子に目を付けていたのか、偶然見かけたから手を出したのかは気になるところですね。

行動に移した場所は板橋の路上と報道されていますが、やはり人気の少ない場所をあらかじめ選んでいたのだとは思います。そのため、その場でたまたま”そういう気持ち”になって行動を起こしたというよりは、以前から狙い目ではないかと感じていたのではないでしょうか。

職業・勤務先

報道を見る限りではこの男の職業は「会社員」とのこと。勤務先までは公開されていませんでしたが、この先働いていくのは難しいでしょうね。

40歳に近づいて違った意味で小さな子に興味が出てしまうというのも恐ろしいですが、何より実際に手を出してしまう行動力には脱帽です。

この児童の年齢は公表されていませんね。しかし、この先今回の件がトラウマになる可能性もありますし、こういった案件が起きないように罰則をもっと厳しくしてほしい限りです。

スポンサーリンク

小さい女の子が好き=病気?

小さい女の子と言っても、身長が低い女の子ではなく、見た目も年齢的にも”小さい”という意味合いです。

かの有名な「マンガで分かる心療内科」でも取り上げられていましたが、最近ではロリコンというよりペドフィリア(小児性愛)と呼ばれることが多くなっています。

どこからどこまでがその範囲なのかと言うと、幼女と手を繋いだり、ほっぺにキスをしてもらいたいと思うこと自体は精神医学的にはペドフィリアでは無い…とのこと。

普通に考えてみれば社会的にはヤバいわけですが、医学的にはまだセーフらしいです。

ペドフィリア自体が完全に病気と扱われているかどうかは何とも言えないところですが、幼女と”そういったコトがしたい”と常日頃から考えている方はペドフィリアの可能性は十分考えられるのではないでしょうか。

対策について

ご存知の通り、今回の件の様に大人が小さな子に手を出す時点で完全にアウトです。もちろん、中村が行った事は”無理やり”でしたので対象が幼女でなくともアウトです。

こういった人間にならない為には何らかの対策が必要と感じる方は多いと思いますが、絶対に改善できる方法および、決定的な治療は現在のところ見つかっては居ないようです。

そのため、現状では抗男性ホルモン療法と言う物が使われているとのこと。確かに原因は欲求からくるものですから、男性ホルモンを抑えることが出来れば、衝動は減るかもしれませんね。

どちらにせよ、今回のような案件がこれから先発生しないように、何らかの対策を考えて欲しいところです。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ