メリークリスマスのタイミングはいつ言う?返事・返す言葉や意味も!

今回は、「メリークリスマス(MerryChristmas」のタイミングは(24日・25日どちらが良いのか)いつ言うのがベターなのか…といった内容をはじめとして、返事・返す言葉や意味についても見ていきたいと思います。

クリスマス当日になると会社でも学校でも「メリークリスマス」という言葉が飛び交いますが、毎年24日に言ったらいいのか、25日の方が正しいのか疑問に感じる方もいらっしゃるかと思います。

そこで、この記事では「メリークリスマス」を言うタイミングや意味・由来について触れていきます。

スポンサーリンク

メリークリスマスはいつ言うのが正しいタイミングなのか

日本ですと25日にメリークリスマスと挨拶をするのがほとんどだと思います。もちろん、タイミングとしては25日で問題ありません

メリークリスマスを言うタイミングですが、クリスマスに入る前、入った後で使い分ける場合が多いですね。

12月24日のクリスマスイブ前に使うのであれば、「さよなら。メリークリスマス!」といった風に。

12月24日・25日当日に使う場合であれば挨拶の様に「メリークリスマス!」と使うと良いでしょう。

タイミングとしては25日。クリスマス当日に使うのがベターでしょう。地域によっては12月に入った段階でメリークリスマスという言葉が飛び交い始めます。若干気が早いように感じますが、海外では12月に入ってメリークリスマスを使っている場所もあります。

まぁ、日本ですから24日にメリークリスマスと言うと「まだイブだろ」と感じる方も少なくないでしょう。

ですので、無難に25日にメリークリスマスを使えば良いだろう..というのが結論です。

メリークリスマスの意味や由来とは

スポンサーリンク

クリスマス期間に入ると、広告などで「Merry Christmas」の文字をよく目にするかと思います。実際にメリークリスマスと言われますし、意味を知らなくとも自然とその言葉を発してしまいますよね。

この「メリークリスマス(Merry Christmas)」という意味ですが、「 I wish you a merry Christmas.」を略しているわけですね。

意味合いとしては「楽しいクリスマスになりますように」といったニュアンスですね。

この意味合いを考えれば、クリスマス当日前に使っても違和感はないですよね。しかし、日本ではやはり25日に使うのが自然です。

年末という事もあり、クリスマスが終わればすぐに年が明けます。そのため、「 I wish you a merry Christmas and a Happy New Year.」といった文を一緒に付け加えるのが一般的となっています。

メリークリスマスと同時に「良いお年を」といった意味合いも付け加えられているわけですが、日本ではクリスマスと年の節目のあいさつを一緒にすることは少ないですね。

メリークリスマスに対する返事・返す言葉とは?

さて、クリスマス当日になれば当然誰かしらに「メリークリスマス!」と声をかけられるわけですが、どのように返事をするのが正しいのでしょうか。

どう返答してよいのか分からずに「メリークリスマス」と言ってしまいますが、何か他の言葉を付け加える必要はありません。

アメリカでも「メリークリスマス」と言われれば、「メリークリスマス」と返すのが普通ですので、日本でも誰かにメリークリスマスと言われたらそのように返しましょう。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ