錦織圭選手の彼女はマイアミオープンを観戦していたのだろうか?

今回は、錦織圭さんの彼女である「観月あこ」さんがマイアミオープンを観戦していたのだろうか?といったテーマで考察していきたいと思います。

錦織選手の彼女である「観月あこ」さんといえば以前の大会「全豪オープン」を観戦していたことでも大きな話題となりましたが、今回のマイアミオープンでも彼女が来ているかどうか非常に気になるところですよね。

そして彼女の行動には目に余る物があったのは確かでした。そこから錦織選手のファンが彼女を批判し始めるようにもなったわけですね。

試合観戦中に「スマホ」をいじったり「寝ている」といった行動をしていたという情報も多々ありました。

何より彼女が試合観戦に来ていた時の服装も批判の対象となっていましたね。

こういった紳士のスポーツにハイヒールでやってくるという普通ではあまり考えられない思考を持っている女性であることが知られてしまってからは、色々と炎上してしまったわけです。

その後の彼女の行動も面白かったですね。ブログを終りにしてしまったりとなんだか私には「逃げていた」ようにしか感じられませんでした。

スポンサーリンク

錦織圭の彼女はマイアミオープンを観戦していたのか?

ブリスベン国際でも彼女が観戦に来ていたという情報はありましたし、今回も来ているのではないか?と予想するのが普通ですね。

現状では観月さんが来ているという情報はありませんが、「こっそり」と見に来ている可能性はあります。

彼女の仕事のスケジュールが錦織さんとマッチすれば恐らく見に来ているとは思いますが、観月さんの仕事の都合が不透明である以上、現状では何とも言えない…というところですね。

ですが、私は(仕事が無ければ)観月さんはマイアミオープンも観戦しに来ていると考えます。

  • 叩かれてもなお観戦に来ていた
  • 錦織選手と結婚を考えている

これまでの彼女の行動を踏まえると2つの材料が出そろいます。

「マイアミオープンも観月さんが観戦しに来ている」のではないかという私の理由についてまずはこの2つの項目について詳しく考察していきましょう。

叩かれてもなお観戦に来ていた

前述した通り、全豪オープンで観月さんが錦織さんの試合を観戦していたことが発覚して大きな話題になったわけですが、こういったことから叩かれることから避ける様な行動(ブログを閉鎖したり)をしてきたわけです。

しかし、全豪が終わった後も錦織選手の試合に足を運んでいたことは多くの方がご存知だと思います。

ここから考えられる彼女の思考は「叩かれても良いから彼の試合には付いていきたい」といった物ではないでしょうか。

彼女の試合を観戦する「態度」や「服装」等に関してだけ見てしまえばやはり

  • 「錦織選手にふさわしくない」
  • 「もっと真面目な女性の方が良い」

…といった風に考えてしまいがちなのですが、彼に付いていくその姿勢は評価しても良いのかなぁなんて私は感じています。

観月さんを擁護するわけではありませんが、彼に対する想いというのはファッション感覚で交際しているのではなく、本気で錦織選手を考えているのではないかと思います。

スポンサーリンク

錦織選手と結婚を考えている

一つ目の項目「叩かれても…」でもお伝えした通り、これまでの行動を見る限りはオシャレ感覚で錦織選手と交際しているようには感じられないんですよね。

もちろん、試合を観戦している際にスマホをいじったり寝ているなんてことは許せないですが。

ご存知だとは思いますが、プロテニス選手と交際するということは非常に大変です。

基本的にテニス選手は海外での大会がメインになりますし、各国に遠征することは日本で活躍するアスリートとは若干勝手が変わってきます。

そのため彼の側で支えるためにも自分自身もその場へ行くことは非常に多いですし、「生半可な覚悟」では交際することはできないでしょう。

これまでの試合観戦に何度も赴いている事を考えれば将来は「結婚」を考えているのだと感じます。

これらの2つの項目を合わせてみると今回のマイアミオープンでも観月さんが観戦しにくる確率という物は低くないと言えるでしょう。

最後に

今回は、錦織圭選手の彼女である観月亜子さんは、マイアミオープンを観戦しに来ていたのか?…といったことについて考察していきました。

これまでの彼女が試合観戦で行った態度に関しては怒りを覚える方も多くいらっしゃったはずですが、あれから彼女の中でも色々と反省はしていると思います。(変わっていなかったらそれまでの女性なのでしょう)

錦織選手を支えるため、少しでも彼と時間を共有したい…といった理由から今回もマイアミオープンを観戦している可能性は低くないと私は予想しています。

彼女と交際してから錦織選手の成績が下がってしまっていたことから、色々な事が言われてきましたが最近では徐々にいい方向に向かっていると言えるでしょう。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ