クリスマスのトゲトゲの葉っぱや赤い実の名前や意味由来は?

今回は、クリスマスのトゲトゲの葉っぱや赤い実の名前や意味由来について見ていきたいと思います。

また、赤い葉っぱに関しても見ていきましょう。

クリスマスといえば、クリスマスツリーやリースを思い浮かべる方も多いと思います。

そして、あの「トゲトゲした葉っぱ」や「赤い実」の正体についても気になるところ。毎年目にはしているけれど、なぜ飾っているのか、どんな意味があるのか知らないという方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

クリスマスに飾るトゲトゲした葉っぱの名前

クリスマス期間に飾られているあのトゲトゲした葉っぱの名前はヒイラギです。クリスマスホーリーと呼ばれることもありますね。

リースづくりにヒイラギを使う方も多いでしょう。ただ、日本のヒイラギとクリスマスに使うヒイラギは別物で、西洋ヒイラギとなっています。

ヒイラギをクリスマスに使う理由

クリスマスにヒイラギを使う理由ですが、これもキリストが誕生した際の話に関係していると言われています。

キリストが生まれた後に、ヘロデ王(キリストが生まれる前から居るユダヤの王様)が、血眼になってキリストを探し回っていたわけですが、マリアはキリストと共に逃げました。

しかし、ヘロデが放った兵たちはマリア達が逃げた先までとうとう追いつきます。

そこで、マリアが身を隠したのがヒイラギの茂みだったと言うわけです。マリア達がヒイラギの茂みに身を隠すと、ヒイラギの茂み自体が成長し、まるでマリア達を覆い隠し守ってくれたとも言われていますね。

 

クリスマスツリーやリースに使われるモミの木や、ヒイラギはご存知の通り「常緑樹」です。

常緑樹は一年に渡って緑が続く=強い生命力の象徴となっており、闇を追い払う…といった意味が込められています。

ヒイラギが常緑樹になったのも、マリアが兵から守ってくれたことに対して祝福を与えたからなんて伝説もあります。

なぜ、ヘロデ王がマリアを追いかけまわしていたのかについては以下の記事でも記載していますので参照してください。

 

クリスマスツリーの飾り・オーナメント(玉や星)の名前や意味由来!
今回は、クリスマスツリーの飾り・オーナメント(玉や星)の名前や意味由来について見ていきたいと思います。クリスマスが近づくにつれて、イルミネーション・クリスマ...

 

赤い実の正体とは

スポンサーリンク

日本のヒイラギはよく節分等に使われますが、クリスマスには使いません。前述したようにクリスマスに使うヒイラギは、西洋ヒイラギです。

日本でよく見るあのヒイラギには残念ながら赤い実は生りません。黒い実は出来ますが、クリスマスカラーにはちょっと合いませんね

西洋ヒイラギの赤い実の意味はキリストの血液を表していると言われています。

クリスマスツリーのオーナメントの「球体」の色も数種類ありますが、赤い色の球体も「キリストの血液」を表していますね。

その辺に生えているヒイラギをリースに使っても問題はありませんが、緑と赤のカラーはそれこそクリスマスカラーですから、ぜひ西洋ヒイラギを使っておきたいところです。

実の色 用途
ヒイラギ モクセイ 節分,魔除け
西洋ヒイラギ モチノキ クリスマスの飾りつけ

ヒイラギには数種類ありますが、その時の用途に合わせて使っていきましょう。上記以外にも「イヒラギナンテン」という種類のヒイラギが存在しており、実の色は緑です。こちらもクリスマスにはちょっと合わないですね。

赤い葉っぱの名前

クリスマスにはヒイラギ以外にも「赤い葉っぱ」を目にする機会があると思います。

あの葉っぱの正体は「ポセインチア」です。元々はメキシコ原産の植物で、意味合い的にはやはり赤いと言う事から「キリストが流した血液」を表していると言われています。

赤意外にも、白色のポセインチアなどもありますが、やはり緑と赤の色がクリスマスカラーにピッタリなので、ポセインチアを購入して飾っておくのも良いでしょう。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ