久保建英の身長や出身小学校・中学は?進学先や弟・父親もチェック

今回は、久保建英の身長や出身小学校・中学はをはじめとして、進学先(高校)や弟・父親についても見ていきたいと思います。

サッカー界で今注目を浴びている久保選手ですが、本日r-ぐ最年少出場記録を更新しましたね。

中学生ながらFC東京のアンダー18に飛び級…この時点で伸びしろがハンパじゃないと思っていましたが、現状を見る限り、将来的にも日本のチームを支えてくれる存在になってくれるでしょうね。

まずは、久保選手の身長を初めとして簡単なプロフィールから見ていきましょう。

スポンサーリンク

久保建英の身長が今後の課題か

久保選手の身長は現状では167cmと公表されています。

まぁ年齢を考えれば平均的な身長だとは思いますが、将来海外のチームで活躍していくのであればもうちょっと欲しいところです。

生年月日 2001年6月4日現在15歳
身長 167cm
体重 60kg

中学三年生で167cmですので現状では焦るような段階ではありませんが、将来的には180cmは欲しいところですね。

まだまだ成長期ですので、これから伸びにも十分期待できますね。まぁこれだけの成績を収めているので、今のところ文句なしの評価ですね。

出身小学校や在籍中学の情報が無い?

残念ながら久保選手が通っていた小学校および中学校の情報はでてきませんでした。

川崎出身かつ川崎フロンターレでプレイしていたということもあり、必然的に通っていた中学も川崎周辺であることは伺えますが、詳細な情報に関しては明らかになっていません。

これに関しては判明次第追記していきたいと思います。

中学卒業後は高校には通わない?

現在中学3年生ということで、進学先が気になる方も多いかとは思いますが、やはりこれだけの実力を持っている上、すでにプロとして活躍している以上、普通に高校に通ってサッカーをするのではなく、通信制の高校を選択するのではないか…といった意見が多いですね。

確かにこれだけのポテンシャルを持っている選手ですから、強豪高校からのオファーはあるでしょう。

しかし、これから競技に専念していく可能性は高いですし、あえてそういった道を選んでもおかしくは無いでしょう。

こちらに関しても現状では進学先は不明となっていますが、情報が更新されましたら随時追記していきます。

家族について

弟の情報について

久保選手には弟が居ることでも知られていますね。

画像や名前に関しては出回っていませんが、年齢は9歳であることは明らかとなっています。

現在は小学生ということですね。久保選手がバルセロナでプレーしていた時は家族一丸となってそちらに一時的に移住していたようですので、兄の活躍を間近で見ていた側とすれば何らかの影響は受けそうな気はしますね。

現状では弟もサッカーをやっているかどうかは不明とのことですが、これだけ活躍していれば兄の後を追いかけていく可能性もあるでしょう。

逆にサッカーをやった場合は想像以上に周りから期待されるケースも当然出て来るので、その点はプレッシャーにならないか心配ですね。

スポンサーリンク

父親について

久保選手の父親の名前は「久保健史」(たけふみ)。

1971年生まれで、過去には筑波大学のサッカー部に所属していたとのこと。現在はミサワホームに勤務しているようです。

意外なことにサッカーの指導者としては大きな実績および経験は少なく、大学時代に少年サッカークラブで指導くらいしかないと語っていましたね。

教育方針が面白い

久保選手の父親は子供をサッカー選手に育て上げようと思っていたわけではなく、子育てをする上で、自分の立場からどんなことを子供にしてあげられるかを考えた結果、サッカーが選択肢として出て来たようです。

小さいうちはテレビを見させなかった…というのも有名な話です。子供はテレビに流れて来る膨大な情報量を処理する事が出来ないと考えたようです。

そして、裸足教育も現在に繋がっている気もしますね。基本的に外で遊ぶ時は裸足というスタンスをとっていたようです。裸足で遊ばせることによって足裏の感覚を養ったとのこと。

バルサでの評価はどうだったのか?

久保選手はご存知の通り、「19人のニューメッシ」として英国紙の「Mirror」に載りましたね。

日本でここまで取り上げられている時点で、彼の実力が以下に凄まじいのかを伺う事が出来ますが、もちろん海外からの評価も上々です。

過去に所属していたバルサでは退団時に、幹部から再度チームに戻ってきてほしいといったコメントを貰ったり、地元のファンからも退団を惜しむ声が続々と寄せられました。

これから先はしばらく日本での活動が中心と予想されているわけですが、海外で積極的に活動していって欲しいですね。日本の枠に収まるようなポテンシャルではありませんし、身体づくりもしつつぜひ実力を伸ばしていって欲しいですね。

 

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ