ポケモンGOハロウィンイベント期間はいつまで?タマゴの中身は

今回は、ポケモンGOハロウィンイベント期間はいつまでなのか…といった内容をはじめとして、イベント期間中の10kmタマゴの中身はどんなポケモンが入っているのかについて見ていきたいと思います。

ハロウィンでコスプレを行うのも悪くありませんが、せっかくポケモンGOでもハロウィンイベントを開催しているので、この機会に出現率が高くなっているポケモンたちを捕まえておきましょう。

まずは、ハロウィンイベントで出現率が高くなっているポケモンについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

ハロウィンイベントで出現率が高くなっているポケモン

イベント期間中では各種ポケモンのアメが通常の2倍から4倍ゲットする事が出来ますので、強化する上でもかなり役に立ってくれることでしょう。

積極的にポケモンを捕まえていきたいところです。

ポケモンを捕獲 アメ6個
博士に送る アメ4個
相棒からアメをゲット アメ2個
2kmタマゴ孵化 アメ10個〜22個
5kmタマゴ孵化 アメ10個〜46個
10kmタマゴ孵化 アメ32個〜64個

現状で確認されている出現率が上昇しているポケモンは以下の通りです。

  • ゴース
  • ゴースト
  • ゲンガー

 

  • スリープ
  • スリーパー

 

  • ズバット
  • ゴルバット

出現率アップのデメリット

進化後のポケモンの出現率がアップするのは嬉しいですが、逆にズバットなどの産廃が大量に出現してしまうと、他のレアなポケモンの出現率が下がってしまう可能性が高いと言うわけです。

個人的な感想としては、やはりポケモンの出現率アップやアメよりも「ほしのすな」を大量に配布してほしかったですね。

これから先、イベント等が増えていくことを考えると、早めに現状のポケモンを育てておきたいですので、アメも確かに重要ですが何よりほしのすなですね。

各地でトレーナーが増加?

今回のハロウィンイベントでいつもよりトレーナーの出現率もアップしているとのこと。ゴースやスリーパーをゲットしたいと思って公園などにやってくる方もいらっしゃるとは思いますが、アメを大量にゲットしに集まってきている方もいらっしゃるでしょうね。

この影響で各施設の売り上げも上昇するでしょうし、やはりこういったイベントが実装されると破壊力が高いですね。一時プレイをストップしていた方もイベントが始まってまたやり始めるなんてことも考えられますし、これから先どんどんこういった季節ごとのイベントも増やしていって欲しいですね。

スポンサーリンク

タマゴから排出されるポケモンは?

今回のイベントでは10kmタマゴの獲得率も上がっている噂もありますが、筆者はあまり10kmはゲットできていませんね。

2kmタマゴからはズバットが連チャンで生まれてくることがあり、5kmタマゴからはゴースが何体か生まれましたね。

ちなみに10km卵から産まれたのはカビゴンでした。すでにカビゴンは持っていましたが個体値も高かったので地味にうれしかったです。また育てるのがめんどくさいですが。

さて、今回のイベント中にゲットしたタマゴからは、上記でご紹介したゴースやズバットなどが孵化する確率が上がっている可能性があります。

確定ではありませんが、他の方達が孵化させたポケモンのデータを見る限りではそれらの確率が上がっているように感じます。

課金する価値はあるのか?

今回のハロウィンイベントでふかそうちを大量に購入してタマゴを孵化させようと考えた方もいらっしゃるかと思いますが、個人的にはあまりオススメしません。

正直、ゲンガーなど以外のレアなポケモンが孵化する可能性は格段に上がっているとは言えませんし、SNS等を見る限りかなり後悔している方が多い印象を受けます。

もちろん、中にはレアなポケモンが孵化した方もいらっしゃるので一概には言えませんが。

ハロウィンイベントはいつまで開催されるのか?

ハロウィンイベントは10月2016年10月26日~11月2日となっています。

詳細な時間については、明らかになっていませんが、スタートした時間帯が26日の8時頃だったので、終了時間も8日の8時頃から9時前である可能性が高いと言われています。

狩猟時間までもう少しですが、アメを大量に集めたい方はまだチャンスがあるので、頑張って歩き回りましょう。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ