クリスマスはなぜ恋人と過ごす?男女性一人で遊ぶ楽しみ方

今回は、クリスマスはなぜ恋人と過ごすのか…といった疑問をはじめとして、男女性一人であそぶ楽しみ方についてお伝えしていきたいと思います。

年末が近づくと一年の短さを痛感すると同時に周りでは恋人を作りたいと焦り始める方がどんどん増えてきますね。

クリスマスの本来の意味はイエスキリストの生誕祭です。そのため、アメリカでは日本の様にケーキを食べて恋人と一緒に過ごさない=寂しい人といったレッテルを張られることはほぼ無いでしょう。

アメリカでは家族親戚を大勢呼んでホームパーティを行うため、そもそも恋人と二人きりでクリスマスを楽しむこと自体が日本と大きく違いますね。

ではどうして日本とアメリカではここまでクリスマスパーティの意味合いが変わってしまっているのでしょうか。

スポンサーリンク

日本ではなぜクリスマスに恋人と過ごすのか

これは日本人が様々なメディア・マーケットの影響が強いからでしょうね。

海外もクリスマスシーズンに乗っかってマーケットがクリスマス商戦を行うことは確かです。ターキーやプレゼントは相当購入されるため、多くの企業が非常に力を入れる時期であることは間違いないでしょう。

数年前の統計を見るとアメリカ国民のクリスチャンの割合は7割越え

教会に定期的に通っている方・都合を見つけて行く方の割合は合わせて3割越え。

そして注目したいのが神様を信じている割合は国民の9割以上。

そのためクリスマスはアメリカ人にとって非常に重要な存在ということが分かります。

 

しかし、日本に関しては基本的にクリスマスにイエスキリストの生誕を心から祝福する方はほとんどいないでしょう。

世間がクリスマスで騒いでいるから嫌でも目についてしまい、周りの人間の誘いやムードに影響されてクリスマスのイベントに行ったり、食べたり、プレゼントを買ったりすることが圧倒的に多いわけです。

日本でのクリスマスは非常に商業的であるイメージが強いですね。

クリスマスの意味は良く知らないけど皆楽しそうにしているから自分も取り残されないようにクリスマスを楽しもう…といった流れが染みついているあのニュアンスは毎年感じている方も多いでしょう。

前述したようにアメリカでのクリスマスは家族親戚との時間を大切に楽しく過ごす事がほとんど。

逆に日本はメディア・商業の影響が非常に強い。

ドラマや音楽などでクリスマスは恋人と過ごす。クリスマスで新たな恋が芽生える。というような内容からクリスマスは大切な恋人と過ごす…そんなイメージが根付いてしまっている可能性は高いです。

アメリカ人からすれば不思議な光景に見えるでしょうし、イエスキリストの事を何も知らずにお祭り騒ぎしている様は異様に感じるのではないでしょうか。

実際にアメリカ人が日本で行われているクリスマスの様子を見た反応を見てみましょう。

  • 「何で日本人はクリスマスに恋人とデートするのがお決まりみたいになってんの?」
  • 「日本人ってそこまでクリスマスが好きなのかよ。知らなかったわ笑」
  • 「何で日本人ってクリスチャンほとんど居ないのにこんなに凄い祝い方してんの?」
  • 「過ごし方はアレだけど山下達郎はスゲーよ」
  • 「日本のクリスマスはどことなくバレンタインデーのような雰囲気だな」
  • 「日本人はクリスマスを”チキンとケーキを食べる日”と思ってる人が多いんだろう」
  • 「日本のクリスマスはケンタッキーを食うのか」

といった様に、日本人がクリスマスを祝っている事に驚いている方々は多いようですね。特にクリスチャンではないのにクリスマスを盛大に過ごしている事に疑問を感じている割合が高いですね。クリスマスにケンタッキーを食べている事についても反応が多かったです。

もちろん、日本人が同じく疑問を抱いているように”家族とではなく彼女と過ごしている事”に不思議に感じている方も。

日本のクリスマスは商業的で、さらにはバレンタインデーやハロウィーンと近いニュアンスで楽しんでいる方々が多いため、クリスマスに彼女と過ごすことが日本では通例になってしまっているのかもしれませんね。

ではクリスマスは彼女が居なくても恥ずかしくないのか?

ルーツであるアメリカのクリスマスの過ごし方を見てみると「だったら彼女と過ごさなくてもいいじゃん」と感じる方は少なくないでしょう。

結論から言えば、クリスマスに彼女が居なくても恥ずかしいことではありません。

結局、クリスマスに彼女が居ない事を”気にするか、気にしないか”。

クリスマスをどのように過ごしても問題はありませんし、彼女が居なくてもなんら問題はありません。世間がクリスマス=彼女と過ごすのが定番。といっているだけですので一人で過ごしても、家族と大切な時間を過ごしても恥ずかしくありません。

ただ、「周りの人間は恋人と過ごしている。”羨ましい”・”寂しい”」と感じてしまえばクリスマスに外に出てカップルが多くいる場所へ出かけるのはかなり億劫になるでしょう。

周りから彼女いない=寂しい奴と思われたくなければ彼女を作れば良いわけですし、周りを気にしないのであれば家族と過ごしても一人で過ごしても問題はないでしょう。

何度も言いますが、クリスマスに恋人が居ない事は別に恥ずかしいわけではありません。

スポンサーリンク

男性・女性一人でクリスマスを楽しく過ごす方法

周りがカップルまみれで外に出たくないのであれば、家の中で過ごす方法を。

周りを気にしないのであれば、外出して買い物などを楽しんで過ごす。

まぁ後者の場合はクリスマスに一人でいても特に気にしないと感じている方だと思うので、過ごし方に悩んでいることはないと思いますが。

恐らくここまで読み進めてくれた方は、周りがカップルまみれで外出するのが億劫な方、もしくはクリスマスに1人で居ても特に周りから”寂しい人”と思われないような過ごし方を探しているのだと思います。

そういった方に向けて様々な例をご紹介しますので、参考にしてみてください。

外出したくない方

街でカップルが溢れている光景を見たくない方は、外出すること自体をやめましょう。

では外出せずに”楽しく”過ごせる方法を考えなければなりません。

あなたは普段家で過ごす時は何をしているでしょうか。

読書・ゲーム・映画・ドラマ・アニメ・ネットサーフィン・寝る…

様々な物があるかと思います。今まで読むことが出来なかった本たちを読破する。

オンラインゲームを朝までずっとプレイする。ひたすら寝る。

色んな事を考えてみましょう。そして思いつかなかった場合は、家で過ごせる物を購入してみてはいかがでしょうか。

交際費の代わりに自分にお金を使ってそれでクリスマスを過ごすのもまた有意義だと思います。

外出しても良い方

クリスマスに1人で外出しても恥ずかしいと感じられない場所。色んなところがあるかと思います。

映画館でひたすら映画を見まくって時間を過ごすことも素晴らしいですね。これに関してはショッピングモールの中に入っている場合はたどり着くまでにちょっと周りを気にしてしまうかもしれませんが。

レンタカーを借りてロングドライブに行くのも悪くないでしょう。

パチンコ屋に行くのも悪くはないでしょう。カップル連れで遊んでいる方はほとんどおらず一年を通してそういった人間しかいない場所です。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ