10月12日東京大停電の原因理由は新座にあり?火災の住所は

今回は、10月12日東京大停電の原因理由は新座にあるのか…といった内容でお伝えしていきたいと思います。火災が発生した住所についても触れていきます。

東京で大規模の停電が発生しましたが、この原因は新座の火事が関係していると言われています。

黒煙が物凄く上がっており、中々終息しそうにありませんでしたね。

停電が発生した事により、PCが落ちて作業中のデータが消えてしまった方は少なくないでしょう。

まずは、どうして大規模停電が発生したのかについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

東京大停電が発生した理由

東京で停電が発生しましたが、当初は東京電力に大きな負荷がかかったことが原因で大停電が起きた…と噂が広まりました。

が、現状を見る限り埼玉県新座市で発生した火災がきっかけで今回の停電に繋がったのではないかと報道され始めました。

火災の現場となっているのはこの場所

地下倉庫にあった物になんらかの形で火が着き、火災が発生しましたようです。現在のところ放火の可能性についてはまだ調査中とのこと。

これだけ凄まじい内容ですので放火だった場合はヤバいでしょうね。

そして現場の映像がツイッターでアップされています。

ここまで黒煙が上昇している事から、相当鎮火に時間がかかるであろうことが伺えます。

情報によると、この燃えてしまっている場所は東京電力の”関連施設”とのこと。当初は変電所が炎上している…といったデマが流れたため、住所を改めて確認しましたが、新座変電所は火災現場から離れた場所に位置しており、こちらに関しては火災は確認されていないようです。

燃えている範囲が狭かったのは幸いでしたが、どうしてこのような火災に繋がってしまったのかは気になるところですね。

スポンサーリンク

停電している地域

停電している地域は、

  • 板橋区
  • 新宿区
  • 豊島区
  • 練馬区
  • 北区
  • 杉並区
  • 中野区

となっているようです。上記の地域以外では埼玉県でも停電が発生しているとのこと。

そして、西武鉄道に関しては停電の影響によって全線運転見合わせとなっているようです。帰宅ラッシュまでに復旧するかと思っていましたが、負荷増大による停電ではない事を考えると相当な時間を要するのではないかと感じます。

徐々に復旧はしていっている洋ですが、完全復旧の目途はまだ立っていない様子。

最後に

今回は、今回は、10月12日東京大停電の原因理由は新座にあるのか…といった内容でお伝えしていきました。

自宅で作業をしていた方を初めとして、これから帰宅する方にとっては相当大きな被害となってしまいましたね。

東京都内のカフェが報道で写っていましたが、明かりが点かないままコーヒーをすすっている様子でした。

どの程度で復旧するか不安なところではありますが、帰宅する際には相当混雑するとは思うので別のトラブルに巻き込まれないように注意してください。

それでは最後までご覧になって頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ