文庫Xの中身(正体)のネタバレは不可能?販売店舗や価格もチェック

今回は、文庫Xの中身(正体)のネタバレは不可能なのか…といったテーマで販売店舗や価格もチェックしていきます。

ちょっと前から少し話題に上がっていた「文庫X」ですが、売れ行きが好調と言う事もあり、全国に拡散されることが決まりましたね。

非常に面白いアイディアですが、これを店舗で実行できるのは凄いと素直に感じます。

さて、気になるのがこの文庫Xの中身です。

スポンサーリンク

文庫Xの中身はネタバレは不可能?

まず文庫Xとは一体何なのか。

文庫Xは作品名ではなく、文庫担当者がピックアップした作品が入っています。

岩手県盛岡市にある本家のさわや書店。これがきっかけで多くの方が本を読むきっかけになれば…というメッセージ性を熱く感じますね。

文庫Xの中身はそれぞれ異なっているため、「文庫X」自体のネタバレは不可能というわけです。

では、中身の正体は一体何なのか。

手に取ったもので中身が変わってくるので、確実に○○が入っているとは言えませんが、さわや書店の物は「小説」ではないことは確か。

申し訳ありません。僕はこの本をどう勧めたらいいか分かりませんでした。どやったら「面白い」「魅力的だ」と思ってもらえるのか、思いつきませんでした。

だからこうして、タイトルを隠して売る事に決めました。

この本を読んで心が動かされない人はいない、と固く信じています。

500Pを越える本です。怯する気持ちも分かります。

小説ではありません。小説以外の本を買う習慣がない方には、ただそれだけでもハードルが高いかもしれません。

それでも僕はこの本をあなたに読んで欲しいのです。

さわや書店の文庫担当者の方はこれまで3000冊以上の本を読んできたとのことで、その中でも”この本だけは読んでほしい”と心の底から思っている作品だと言います。

例えば、「スペンサー・ジョンソン」。

「チーズはどこへ消えた?」が非常に有名ですが、彼の作品は読みやすく心に響くものが多いですね。

もう既にツイッターなどの画像で検索された方もいらっしゃるかと思いますが、作品名を見て納得です。

価格は?

文庫Xの価格は810円となっています。

元値も810円以上する物ですし、名作揃いなので後悔した…と言う方は非常に少ないのではないでしょうか。

また、さわや書店に関しては返金制度もありました。

もしすでにお持ちの本であった場合、返金いたしますのでお申し出ください。この文面を見ても、心から本を読んでほしいという気持ちが伝わってきます。

販売店舗は?

販売店舗はこれから増えて来るとは思いますが、有名どころでは「TSUTAYA」ですね。

地域によって販売されているかどうかは差があるようです。

現状ではTSUTAYAがさわや書店に連絡をとってこの手法を使わせてもらっているとのことですが、今後はヴィレバン辺りでも増えてきそうですね。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ