寺内樺風と被害者の斎藤杏花さんはどういった関係だったのか?

今回は、寺内樺風と被害者である斎藤杏花さんとの関係について考察していきたいと思います。

 

突然ですが、この二年間監禁されていたという事実から「二人はどうやって生活してきたのか」「どんな会話をしていたのか」など細かい部分について気になったかたは多いのではないでしょうか。

 

私も斎藤さんが保護された時の様子や、二年間と言う期間を考えた時に「どんな関係だったのだろう」といった疑問がすぐに浮かびました。

非常に悪質な件だったわけですが、やはり寺内が「行動を起こした経緯」はもちろん、なぜ「彼女の本名を知っていたのか」という点も気になってきます。

今回は、2人が出会ったきっかけや、監禁されていた際の生活などについて考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

寺内と斎藤さんの関係について

まず本日飛び込んできた情報によると斎藤さんは寺内に誘拐された際に「フルネームで呼ばれた」と証言しています。

フルネームで呼ばれて振り向いた時に連れ込まれた…という感じですね。

ここで疑問に浮かぶのはやはり「どうして寺内が斎藤さんのフルネームを知っていたのか」というポイントですね。

私は寺内が彼女を誘拐した動機というものは「ロリコンであった」ということ「幼い女の子であればひとまず誰でも良かった」のではないかという風に考えていました。

しかし、彼女の本名を知っていた…ということは前々からターゲッティングは完璧に行っていたという事になりますよね。

 

行動に移す前にしっかりと誘拐する女の子を見定めておいて、その上で通学路や下校時間までじっくり調べ上げて実行したということになりますね。

非常に計画性が高く警戒心が強い人間であることが伺えます。

どうやって斎藤さんのフルネームを知ったのか…という点が非常に引っ掛かるところですが、やはり「誰でも良かった」のではなく「斎藤さんじゃないとダメだった」という事が考えられますね。

私がいまだに気になっている部分は

  • 「何がきっかけで斎藤さんを知ったのか」

です。

 

フルネームを知っていることも、彼女を執拗に狙っていたのもやはり寺内の心を動かす「何か」があったのだと思います。

斎藤さん自身は寺内の事を知らないと言っていましたし、一方的に寺内が彼女に興味を持っていた可能性が濃厚ですね。

2人の関係としては

  • 斎藤杏花さん→寺内を知らない
  • 寺内→斎藤杏花さんを前々から知っていた

と言う線でほぼほぼ正解だと勝手に思っています。

 

寺内と斎藤さんの生活について

2年間という非常に長い期間監禁されていたということを考えると、やはり「どんな生活を送っていたのか」と言う点がとても気になってきますよね。

2人の生活を考察する上での材料になってくるのが、寺内が住んでいたアパートの住人の証言ですね。

  • 寺内ルームの下の住人
  • 寺内ルームの隣の住人

まずはこの2人の住人が証言していた事を見ていきましょう。

寺内ルームの下の住人

寺内が住んでいた部屋の下に住む方は「普通なにかやっているとすればすぐに何らかの”音”が聞こえてくるはずだが、不審な音は全く聞こえてこなかった」という風に言っていましたね。

さらに付け加えれば「生活感が無かった」とも言っていました。

 

確かに上で何かやっているとすれば、下に住んでいる人間であれば何かしら気づく点はあるはずです。

アパート自体も物凄く頑丈層とは言えない造りでしたし、アパートの一階に住んでいる方であればそれこそ上に住んでいる人間の物音という物には敏感になるでしょう。

それなのに「生活感が無い」と感じるほど静かだったということは、かなり異常ですよね。

スポンサーリンク

寺内ルームの隣の住人

寺内部屋の隣に住んでいる方も「目立った音なども感じなかったし、女の子と一緒に居る所も見た事がなかった」と証言していました。

これらの材料を含めると寺内は「誰にも気づかれないように監禁生活を送っていた」と考えられます。

斎藤さんに外傷が無かったこともそうですし、2年間生活する中で「2人が直接的に接触する機会はほとんど無かった」と私は考えます。

 

こういった犯罪者は監禁した女性に対して暴行を行ったりするケースがかなり多いのですが、そういったことをせずに「ただ鑑賞していたい。自分の側に置いておきたい」と寺内は考えていたのではないでしょうか。

ご飯に関しても問題なく斎藤さんは食べられていた…という点も含めると寺内は斎藤さんをコレクションというか「愛でていたい」と心から思っていたのだと感じます。

つまり、2人の二年間の生活はシンプルに「監禁していた・監禁されていた」という物だったのだと思います。

 

最後に

今回は、寺内樺風と被害者の斎藤杏花さんはどういった関係だったのか。二年間の生活はどんな感じだったのだろうか…といった内容で考察していきました。

退院した後の寺内の供述が非常に気になりますね。

 

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

寺内樺風関連記事

→寺内樺風は二年間どうやって生活していたのだろうか?

→寺内樺風の「樺風」という意味を本気で考察してみた

→寺内樺風はアニメオタクだったのだろうか?

→寺内樺風の写真がイケイケすぎる件

→寺内樺風の頭が薄毛かつハゲそうな件

 

寺内樺風の家族

→寺内樺風の妹も変わった名前なのだろうか?

→寺内樺風の親が社長だった件

→寺内聡さんが運営している「e防犯.com」はいつ復活するのか?

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ