寺内樺風の親が社長だった件

今回は、寺内樺風の親が社長だったといったテーマで考察していきたいと思います。

現在非常に話題となっている寺内樺風ですが、未成年の少女を誘拐して尚且つ2年間という期間にわたって監禁していた異常者であることは皆さんご存知でしょう。

その犯罪者を調べているうちに分かったことは親が「社長」であったということですね。

2年という間に渡って少女を監禁していたという事はその少女の2年間を奪っていたことになりますよね。

大学に在籍しながら少女を監禁するという非常に恐ろしいことをやっていた犯罪者ですが、彼のその生活を親は知らずに頑張って働いていたことを考えると残念でなりません。

スポンサーリンク

寺内樺風の親は社長だった

千葉大学に通いながら少女監禁という犯罪をやってのけた異常者である寺内ですが、そんな彼のご両親はお家で会社を経営していたようです。

その内容は「防犯グッズの販売」といったものだったようです。

現在ではホームページに入れない状態が続いていますね。やはりニュースが起きてから削除したのか、一時的に閉鎖したのでしょうね。

何が残念かというと、そういった防犯グッズを販売しているお店のご子息が犯罪を起こしているという点ですよね。

犯罪から身を守るためのグッズを販売している店の内縁者が「中学生の少女を誘拐して2年間監禁していた」なんてことが分かれば誰も買いたくなくなるでしょうし、これからはまたホームページを作り直していけば上手く経営できるようになるんでしょうかね。

親御さんの育て方が寺内をこうさせてしまったのかは謎ですが、彼を心から応援していたのはご両親だと思います。

彼が2年の間少女を監禁しているとも知らずに応援していたご両親はどう思っていたんでしょうか。

→「寺内樺風は二年間どうやって生活していたのだろうか?」

寺内の親御さんは非常にショックだったでしょうね。まさか順調に行くと思っていた息子が犯罪者になってしまったのですから、周りの人間にもどう説明していいのか分かりませんし、白い目で見られることも予想できますし、寺内は親に土下座をしても許してもらえないでしょうね。

それにしてもご両親の対応も中々早くて驚きましたよね。普通であればそういったホームページにアクセスがアクセスが集まって大炎上するはずですが、そこまでアクセスが集まる前に対応していましたしね…

このページで集客ができなくなると、かなり売り上げは落ちてしまいますし、新たにサイトを作って集客するにしてもちょっと時間が掛かってしまうことは確実です。

話題がそれるまで待つか、新たなサイトを作るかの二択になってくるかとは思いますが、ご両親に関しては頑張ってくださいとしか言えませんね。

スポンサーリンク

寺内樺風の今後はどうなる?

彼のご両親の会社の経営に今回の件が大きく影響しているのは言うまでもありませんし、これから何かしらの方法を使わない限りまた会社の業績を取り戻すことは難しいと思います。

そして、気になるのが寺内の今後ですよね。

未成年の少女を誘拐して監禁したということは少女の「心に傷を負わせた」ということは間違いありませんし、2年間という「時間」を奪っていたことも大きく判決に影響してくると思います。

「いっそのこと死んでしまいたい」と思った寺内はカッターで自殺を図りましたが、近場を歩いていた住人に発見されて通報を受けて逮捕されてしまいました。

発見した方は「血だらけで歩いている男がいる」といって通報したとのことですが、不謹慎かとは思いますが私はこの方の話を聞いた瞬間笑ってしまいました。

普通自殺するのであれば隠れてするのが基本だとは思いますよね。映画や漫画などでも大体が人目に付かないところで行動に移していますし。

それなのにどうして普通に見つかって通報を受けているんですかね。それに歩いていたところを見つけられたというところも間抜けだなぁと思います。

前回の記事「寺内樺風と被害者の斎藤杏花さんはどういった関係だったのか?」でも考察したように彼は非常に「計画性が高く」「警戒心が強い」人間であることは確かです。

それを考えると自害する際にはかなりミスをやらかしてしまっていましたね。

まぁ追い詰められて気が動転していたのかもしれませんが、色々な意味で残念な男でした。

どちらにしても彼が法で裁かれるのは確実でしょうね。死刑などにはなりませんが、それなりの刑に処されるのは間違いありません。

最後に

今回は、寺内樺風の親が社長だったというテーマや、彼の今後について考察していきました。

これから彼は法によって裁かれるわけですが、正直シャバに戻ってこなくて良いのではないかと思います。

また罪を繰り返す可能性もありますし、ずっと刑務所の中で生活していて欲しいというのが正直なところですね。

もし、あのまま少女を追いかけていたとすれば、彼女を殺害して寺内も自殺していた可能性も高いです。

そういった危険もはらんでいたことを考えれば、2度と外の空気を吸わないで生きていて欲しいです。

彼がどうして「中学生を対象にしていたのか」ということに関しては、彼が「オタク」だったからではないかということが非常に多く噂されていますが、オタクだからと言って全員が全員「ロリコン」というわけではありません。

→「寺内樺風はアニメオタクだったのだろうか?」

それはさておき、これから彼の様態が回復してから逮捕になるとのことですが、どんな風に裁かれるのか非常に注目していきたいですね。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

寺内樺風関連記事

→寺内樺風は二年間どうやって生活していたのだろうか?

→寺内樺風の「樺風」という意味を本気で考察してみた

→寺内樺風はアニメオタクだったのだろうか?

→寺内樺風の写真がイケイケすぎる件

→寺内樺風の頭が薄毛かつハゲそうな件

 

寺内樺風の家族

→寺内樺風の妹も変わった名前なのだろうか?

→寺内樺風の親が社長だった件

→寺内聡さんが運営している「e防犯.com」はいつ復活するのか?

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ