寺内樺風の写真がイケイケすぎる件

今回は、寺内樺風の写真を見ながら彼の人物像について考察していきたいと思います。

寺内と言えば千葉大学を卒業しており、前職もあったことがフェイスブックにて記入されていました。

指名手配として出回った画像は、眼鏡をかけておりなんとなく「真面目」な印象を感じる方が多かったのではないでしょうか。

千葉大学を卒業している事や、この真面目な風貌からはまさか少女を監禁していたなんて考えられませんよね。

しかし、この写真ではなく、卒業する前の彼の姿からはイケイケなニュアンスを感じることができると思います。

スポンサーリンク

寺内樺風の写真がイケイケ

彼の前職は「航空パイロット」であることはフェイスブックを見られていた方はご存知かと思いますが、元々彼は飛行機に対してかなり関心が強かったようですね。

下記の画像を見ている感じだと、本当に心から飛行機を愛しているという事を感じられるかと思います。

やはりサングラスをすると印象がだいぶ変わりますよね。

真面目な印象から少し離れてちょっとイケてる男性に早変わりです。

ここまで飛行機を愛していた人間が、どうして少女にまでも手を出してしまったのでしょうか。

それに現在23才であることを考えれば、この件が2年前に発生したのですから『在学中」に既に家に少女を監禁していたことになりますよね。

大学で単位を取りつつ少女を家に監禁して過ごすという尋常ではない生活を送っていたことを考えるとかなり気味が悪いですよね。

では寺内はなぜ少女を誘拐しようと考えたのでしょうか。

寺内樺風が誘拐しようとした理由

やはり最近少女を誘拐したり、殺害したりといった犯罪が増えているのは目に見えて分かりますね。

今回もヘタをしたら被害者の斎藤さんは殺害されていた可能性もありました。

寺本が少女を誘拐した理由について、以下のように私は考えます。

  • ロリコンだった
  • 彼女が居なかった
  • 彼女に振られた

やはり彼は精神的に問題があったのではないかと予想することが出来ます。

これらの項目について詳しく見ていってみましょう。

ロリコンだった

まず一つ目は、寺本が「ロリコンだった」のではないか…といった疑いです。

少女に手を出すと言う時点で普通ではないことは言うまでもありませんね。

中学生に入ってまだ1年目の少女に手を出すという事は確実に以上性癖があると考えて良いでしょう。

ロリコンに目覚めてしまった理由についても、様々な物がありますがやはり「元々好きだった」のか「大学に入ってから何らかの影響で好きになったか」といったことが考えられます。

元々好きだった場合も、何らかの影響で好きになってしまった場合も共通して言えるのは「本当に手を出してしまったら犯罪」という事ですね。

どんなに好きなアニメのキャラクターが可愛くて「小さい子」が好きになってしまっても、昔から小さな子が好きだったとしても実際に行動に移した瞬間に犯罪者です。

彼女が居なかった

2つ目は寺本に「彼女が居なかった」ということが考えられます。

大学に通っていて周りの人間は彼女と仲良く遊んでいたりするのに、自分にはそういった関係になれる女性がいなかったため、少女に手を出してしまったのではないかといったパターンです。

彼女と共に趣味について語ったり、遊びに行ったりと大学生らしい女性との関わりが出来ないことに少し悩んでいた結果、「手に入りそうな女性」として女子中学生を選んだのではないでしょうか。

スポンサーリンク

彼女に振られた

そして3つ目に考えられるのが「彼女に振られた」といったパターンです。

元々彼女が居たが、自分の思いに反してフラれてしまったことがショックで斎藤さんに手を出してしまったのではないでしょうか。

どちらにせよ彼が「ロリコン」であるということはかなり濃厚であると私は考えます。

最後に

今回は、寺内樺風の写真を見ながら彼の行動について考察をしていきました。

自殺をはかろうとしていた事は予想していましたが、まさか本当に首にカッターを当てて死のうとしているとは驚きでしたね。

病院に運ばれて治療を受けているとのことですが、わりと重症らしく、これから回復次第逮捕の見通しだということです。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

寺内樺風関連記事

→寺内樺風は二年間どうやって生活していたのだろうか?

→寺内樺風の「樺風」という意味を本気で考察してみた

→寺内樺風はアニメオタクだったのだろうか?

→寺内樺風の写真がイケイケすぎる件

→寺内樺風の頭が薄毛かつハゲそうな件

 

寺内樺風の家族

→寺内樺風の妹も変わった名前なのだろうか?

→寺内樺風の親が社長だった件

→寺内聡さんが運営している「e防犯.com」はいつ復活するのか?

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ