ルアーモジュールとおこうはどっちが良い?違いや同時に併用は可能?

今回は、ルアーモジュールとおこうのどっちを使えば良いのか…といった内容をはじめ、2つの違いや同時に併用は可能なのかについてお伝えしていきたいと思います。
ポケモンGOを遊んでいて、地図に花びらが舞っている光景を見たことはないでしょうか?
この花びらが舞っている場所は「ルアーモジュール」というアイテムを誰かが使っている場所になります。

この「ルアーモジュール」ポケモンを引き寄せる効果があるアイテムということは良く知られていますが、ほかにも同じ効果を持つアイテムとして「おこう」というアイテムもあります。

この2つは一体どのように違うのでしょうか?

また、これらは同時に使うことはできるのでしょうか。

意外と知っていそうで知らないこの2つのアイテムの違いと効果についてここでは紹介します。

スポンサーリンク

ルアーモジュールとおこうの違い

「ルアーモジュール」はポケストップのスロットに差し込んで使います。

といっても何も難しいことはなく、自分がポケモンを引き寄せたいポケストップをタップし、そのポケストップの上のアイコンが白ならばルアーモジュールを使うことができます。

誰かがすでに使っていた場合、追加で使うことはできないということですね。

また、このルアーモジュールは、アイテムを使った本人だけでなく、周囲の人も恩恵を受けられます。

見知らぬ人にもポケモンのお裾分け、という感じでしょうか。

座ってポケモンを集めているうちに、周囲にいる人たちと話題が弾むこともあるかもしれませんね。
アイテムの性質上、30分座っていられる場所で使うのが良いかもしれません。

公園などのベンチがある場所などが最適ですね。

対して「おこう」は周囲の人への恩恵はなく、あくまでもアイテムを使った本人だけが恩恵を受けられるようになっています。

ポケストップと、その周辺にしかポケモンが出没しないルアーモジュールに対して「おこう」は自宅で使っても良いわけです。

スポンサーリンク

どっちを使えば良いの?

「おこう」も「ルアーモジュール」もともに効果は30分間です。

「ルアーモジュール」のポケモン出現エリアは、使用したポケストップ周辺のみとなります。

また、範囲は狭いだけに珍しいポケモンを呼び寄せられることもあるようです。

対する「おこう」のほうは、30分間近くにいるポケモンが自分の方から足元にまで近づいてきてくれます。

普段のように「隠れているポケモン」を探してうろうろしなくても良いということになりますね。

ただし、おこうが呼び寄せるのは「近くにいるポケモン」であり、周辺に存在してないポケモンを呼び寄せることはできません。

また「おこう」はじっとしているよりも、常に動いている方がポケモンをよりたくさん捕まえることができるようです。

自分が狙っているポケモンが画面上に現れたエリアで使うのが効果的な使い方と言えそうです。

また、この「おこう」の最も効果的な使い方としては「ポケモンの巣」と言われているスポットで使うことではないでしょうか。

もともと何のポケモンが多いか分かっている場所ですし、初めから狙っているポケモンに狙いを絞って30分間集中的に入手できるというシチュエーションも実現しますね!

「ルアーモジュール」はある程度一つの場所で座っていられる時間の余裕がある時に使い、
「おこう」は移動しながら、自分の都合の合う場所でポケモンを捕まえることができる時、という目的の違いで使い分ける使い方が良さそうです。

ルアーモジュールはおこうと同時に併用できる?

また、ルアーモジュールとおこうは併用できます。

単体で使ってみたり、併用で使ってみた方の実証結果が色々とネット上にまとめられていますが、単体で使うよりも比較的ポケモンは多く見つかるようだ、という結論に落ち着いているようです。

おこうもルアーモジュールはレベルアップの際に手に入りますが、手持ち数の少ないアイテムですので、場合によっては誰かがルアーモジュールを使っているところに行っておこうだけを使ってみると良いかもしれません。

ただし、1か所にじっと座っていると勿体ないので、うろうろと周囲を歩き回ることになると思いますが、おそらく色々動いただけ、たくさんのポケモンと出会えると思いますよ!

最後に

いかがでしたでしょうか。

私は個人的には自由に動き回れる「おこう」の方が好きです。

出てくるポケモンに意外性がないのでギャンブル性は全くなく、手堅いいつものポケモンばかりがたくさん集まってきて、捕まえるのに苦労するほどです。

しかしレベル上げには最適のアイテムです。

理想はやはりルアーモジュールとおこうの併用なのでしょうが、自分の事情や時間の余裕で、ぜひこの2つを使い分けて下さいね!

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ