寺内樺風は二年間どうやって生活していたのだろうか?

今回は、寺内樺風は2年間もの期間、何をやっていたのだろうか?というテーマで考察していきたいと思います。

斎藤杏花さんが無事に保護されたというニュースが話題になっていますが、その件の人間もまた明らかになったということで、彼の逃走経路や生息している場所等もだんだんと捜査の手が拡がっています。

彼の逮捕に関しても、被害者の斎藤さんが有力な情報を警察に提供している模様ですし、ここからあまり時間が掛からないのではないかと思います。

しかし、彼女が保護されてから気になったのが、彼女は2年間と言う長い期間監禁されてしまっていたわけですが、その間彼女をしっかりと寺内は見張っていたと言います。

その間生活するための資金と言うものも必要になってきますし、彼が2年間のあいだ「どうやって生活していたのか」と言う点も非常に気になるところですね。

スポンサーリンク

寺内は2年間何をしていたのか?

斎藤さんが保護されてから彼とどうやって生活を送っていたのかという事が注目を集めているわけですが、私は彼が生活する上で普通の仕事はしていなかったであろうと考えます。

彼女を見張っているためには、家にいることが必須ですよね。

そのためには普通と呼ばれる仕事はまずしないであろうことが予想できます。

そうなってくると考えられるのが

  • 両親の存在
  • 貯金があった

という風な2パターンに大きく分けられるのではないでしょうか。

両親の存在

やはり一番大きく影響していたのが彼の両親だったのではないかと私は考えます。

彼の両親は「防犯会社」であるという噂が流れていますね。

2ch等の方々も彼の身辺に関してはかなり探っているらしく、その中で彼の両親はそういったお仕事をされている話が濃厚になっているとのこと。

そういった事を考えれば、息子がたとえニートになってしまったとしても多少なりとも余裕はありますし、監禁をしている中で両親からの援助を受けて生活していたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

貯金があった

もう一つとしては彼には多少なりとも生活できる「貯金」があったのではないかと言う点ですね。

彼が勤めていた会社は以前の記事「寺内の前職がカッコよすぎる件」でもお伝えした通り40歳まで働けば1000万円を超えてしまう程の業界ですから、勤続が例えそこまででもなくともそれなりの給料は貰えていたでしょう。

これを考えればある程度の期間はニートしていても大丈夫だったのではないでしょうか。

これ以外に考えられる方法としては、在宅ワーク等でしょうね。

最後に

今回は、寺内樺風は二年間どうやって生活していたのだろうか?といったテーマで考察していきました。

非常に気になる部分ですが、これから逮捕さる日はそう遠くないはずですし、全貌が明らかになってくるでしょう。

また、まだ逮捕されていない点ということを考えれば、まだそこら辺をが逃げ回っているということも事実です。

私達も多少なりとも身の安全を守る努力をしておいた方が良いかもしれません。

寺内が逮捕されてから日が経過しましたが、まさか本当にこういった出来た青年であったことには驚きでしたね。

妹の面倒見がよく、非常に頭もキレるといったこれから活躍していく人間の一人だっただけあって、残念でなりませんね。

彼が監禁していた少女の親御さんは寺内を許さないと話していますが、果たしてどうなってしまうのか気になるところですね。

まぁ寺内も容疑を認めているようですし、確実に有罪になるでしょうけれど今後はこういった件に巻き込まれない為のセミナー等も開くべきだと実感しましたね。

小学校等では不審者に対する対策などはよくされている印象はありますが、中学校にあがるとあまりそういったことがなされなくなってくるので、また改める必要があるのではないでしょうか。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

寺内樺風関連記事

→寺内樺風は二年間どうやって生活していたのだろうか?

→寺内樺風の「樺風」という意味を本気で考察してみた

→寺内樺風はアニメオタクだったのだろうか?

→寺内樺風の写真がイケイケすぎる件

→寺内樺風の頭が薄毛かつハゲそうな件

 

寺内樺風の家族

→寺内樺風の妹も変わった名前なのだろうか?

→寺内樺風の親が社長だった件

→寺内聡さんが運営している「e防犯.com」はいつ復活するのか?

スポンサーリンク

関連記事


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ