ポケモンGOでペナルティやアカウント停止・垢BANの原因と対処法

今回は、ポケモンGOでペナルティやアカウント停止・垢BANの原因と対処法について考察していきたいと思います。

ポケモンGOがリリースされてからまだ一ヶ月も経過していませんが、すでに位置偽装を使っているユーザーが海外では蔓延しています。

そのため、ポケストップがほとんど無いような田舎に高レベルのカイリューが居たりと、異常な事態になっている場所も存在します。

それについて、先日ポケモンGOの開発元およびCEOである「ジョン・ハンケ」氏が意味深な発言をしましたね。

位置偽装をしている”なんちゃってポケモントレーナー”の方々が淘汰される時期はそろそろかもしれません。

スポンサーリンク

位置偽装をしているアカウントは削除される?

先日Twitterにてある1人のプレイヤーがジョン・ハンケ氏に対して、あるメッセージを送りました。

「ブラジルでは物凄く強いポケモンが居る。(明らかにその環境に見合っていないレベルのポケモンがジムを占領している)」

「お願いだからこういったGPSを偽装しているアカウントをロックしてくれよ。本当に不公平だ。」

これに関して氏は意味深なリプライを送りました。

that’s coming.

この一文に込められた意味合いを感じたのであれば、位置偽装をしている方はポケモンGOをアンインストールする心の準備をしておくか、引退をオススメします。

具体的にそれらのアカウントをロックするとは言っていませんが、このジョン・ハンケ氏の発言は近々大きな対策が来ることを示唆していると考えて良いでしょう。

どうしても抜け道を探す人間は出てきてしまいますが、この位置偽装に関しては度が過ぎています。

日本では東京がポケモンGOをプレイする上でかなり恵まれた環境であるわけですし、これに関してもちょっと不公平と感じる方はいらっしゃると思います。

しかし、このARシステムの根本的な考え方は、変哲の無い場所に情報を付加することによって価値が出るという物。

これがより具体的になってくれば、大きなお金が動くわけです。

それを位置偽装されてしまっては、単純に価値が下がってしまうわけですから、より対策を強化してくるのは自然な流れでしょう。

ペナルティの原因・対策について

決して不正な事をやっていないのにも関わらず、ペナルティを受けてしまった…と言う方はいらっしゃいます。

その方に共通するのが、車や電車・新幹線などに乗っている状態でポケモンGOを起動していたと言う点です。

このペナルティに関しては現状では一番GPSを偽装している人間に効果的な手段とされているため、実装されているわけです。

ペナルティの具体的な原因や対処法については以下の記事をご覧になってください。

ポケモンGOの高速移動ペナルティの原因と解除方法や時間について
今回は、ポケモンGOの高速移動ペナルティの原因と解除方法や時間について考察していきたいと思います。ポケモンGOは自分の足で歩いてポケモンをゲットするシステムとな...

 

アカウント停止・垢BANの対策

日本で、アカウント停止・BANをされた方は今のところ情報が出回っていない為かなり、少ないのだとは思いますが、これに関しては明らかな不正行為をしたアカウントに課せられる処置です。

そのため、普通にプレイしていれば停止やBANされることは無いと言っていいでしょう。

ただ、あまりにも移動速度が速い新幹線などで移動する機会が多い方は、ペナルティを受ける確率も多いですし、それが多すぎた結果、アカウント停止に…なんてこともゆくゆくは考えられる話ですので、現状では車よりも早い乗り物に乗っている時はプレイをするのを控える…くらいしか言えません。

位置偽装をしている人間と、移動速度が物凄く速い乗り物に乗っている人間を分けることが出来れば…

あるいは、そういった偽装アプリの併用を弾くシステムを実装すれば解決するかもしれません。

 

どちらにせよジョン・ハンケ氏の発言を考えると、そういったアカウントがロックされる日はそう遠くないと思います。

今はちょっと不便かもしれませんが、アップデートを待ちましょう。

アカウント停止・BANの流れ

恐らくですが、アプリを起動して警告文が表示されて終わり…といった流れではないでしょうか。

これに関しては見れば一発で、停止処分およびBANされたかどうかは分かると思います。

スポンサーリンク

どうやって不正を見抜くのか?

これに関しては筆者の想像ですのであしからず。

ご存知の通り、このポケモンGOのマップの情報はGoogleに依存しています。

そして、このGoogleマップでは、その人物がいつ頃どの場所にどこから移動してきたかまで調べることが可能と言われています。

お店の情報を調べた時に、「今の時間は混んでいる可能性が高い」といったGoogleの表示を見た事があると思います。

これは、ユーザーがお店の情報(アクセス方法)を調べた時間帯などをグーグルマップが記録しているため、それを数値化しているためですね。

つまり、ポケモンGOでも各トレーナーが移動してきた軌跡をたどる事は可能であると考えて間違いないでしょう。

ですから、明らかにおかしな移動の仕方をしているアカウントは、アカウント停止並びにアカウントBANを食らう可能性が高まる…と筆者は考えています。

最後に

今回は、ポケモンGOでペナルティやアカウント停止・垢BANの原因と対処法について考察していきました。

アカウント停止処分を食らってしまった場合は、ポケモンGOの運営側は、それに関する質問は一切応じないとのことなので、確実に不正なことをやっているアカウントと判断されない限りは大丈夫なのかもしれませんね。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

トレーナーレベルを上げるのがめんどくさい方へ

幸せたまごのバナー 修正1-コピー3

せっかくレアなポケモン・育てると強くなるポケモンを捕獲したとしても、トレーナーレベルを上げないと、そのポケモンの最大限の力は発揮できません。

しかし、トレーナーレベルはそう簡単にポンポンと上がっていくものではありませんね。

トレーナーレベルが上がらない理由は、効率的にXPを集められていない事が大きな原因です。

 

効率的にXPを集める方法として有名な手法が『ポッポマラソン』であることはご存知かと思います。

このポッポマラソンの効果を得るのに必要なアイテムが「しあわせたまご」ですね。

しあわせたまごは入手XPが2倍になる素晴らしいアイテムですが、使っていれば当然無くなってしまいます。

しあわせたまごがあれば、効率的にトレーナーレベルを上げられるのは確かです。

しかし、使い切ってしまえばまた地道な作業が始まります。

 

「ポッポを集める→しあわせたまごを使ってレベルアップ」

この流れを行っていれば当然レベルは着々と上がっていきますが、一度トレーナーレベル40までに必要な「ポッポの数」と「必要経験値」をご覧ください。

トレーナーレベル 必要経験値 ポッポの数
20 210,000 約178匹
30 2,000,000 約1,775匹
40 20,000,000 約70,970匹

トータルで見た場合、トレーナーレベル40までレベルを上げるためには「2000万」の経験値が必要になります。

ポッポマラソンで上げる場合は7万匹以上を捕獲しなければならないことになります。

折り返し地点と思っていたレベル20までの経験値量が可愛く見えますよね笑

40レベルまで上げるのは、言葉通り気が遠くなるような膨大な時間を使って経験値を集めなければなりません。

これ以外にも経験値を得る機会はあるかと思いますが、相当過酷な道のりであることは間違いないでしょう。

こうなってくるともはや作業の領域ですね笑

 

もしも、しあわせたまごを大量に使うことが出来れば、必要なポッポの数も時間も半分に短縮する事が可能になります。

筆者はポッポマラソン1回目から面倒くさい作業と感じていたので、しあわせたまごをデフォルトで使用するようになりました。

常時入手できるXPが2倍になる感覚は爽快です。

このようにジャブジャブ使う方法は『課金』と思われがちですが、筆者は1銭も出さずにゲットしています。

もし、トレーナーレベルを本当の意味で「効率的」に上げたいのであれば、しあわせたまごをデフォルトで使うのがベストです。

→筆者がしあわせたまごを無料で手に入れている方法

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ