乙武洋匡はお金持ちだったから不倫をすることが出来たのか?

今回は、乙武洋匡さんはお金持ちだったため5人という異常な数の女性と不倫をすることが出来たのか?といったテーマで考察していきたいと思います。

乙武さんが不倫をしたことでメディアは彼の身辺をくまなく嗅ぎまわり始めましたね。

「どうして彼は不倫を行ったのか」「不倫をしたことに妻は何を感じているのか」…様々なことがこれから彼等を巻き込んでいくことは容易に想像できます。

そして何より気になる事は「どうして彼は不倫をすることが出来たのか」といったことですね。

以前の記事「乙武洋匡はイケメンの部類に入るのか?」でも結論づけたように彼には女性を虜にする様々な魅力が備わっていると私は考えています。

その中の項目の1つである「お金」に関しては男女問わず「欲しい」という欲求が私達の中にはあります。

それを目的で彼女たちは乙武さんに近づいてきたのか非常に気になる部分ですよね。

それでは彼の魅力の一つである「お金」について考察していきましょう。

スポンサーリンク

乙武洋匡はお金持ちだったから不倫出来たのか?

乙武さんは多くの資産を持っているというお話をご存知の方は多いでしょう。

まずは彼がこれまでにどういったお仕事でお金を稼いでこられたのか見ていきましょう。

彼がお金を稼いだ主なお仕事は以下になります。(これら以外にも恐らく収入はあると思いますが。)

  • 乙武が執筆「五体不満足」の印税
  • 教員(公務)
  • セミナー(講演会)

彼が主にお金を稼いでいた方法はこれらになってくるでしょう。

1つ1つ見ていきましょう。

乙武執筆「五体不満足」の印税

彼が時の人となった作品と言っても過言ではないでしょうね。

この五体不満足と言う本は日本だけでなく、海外でも非常に素晴らしい評価を得ていましたから、知らない方の方が少ないのではないかと思います。

そしてこの本が売れた数は「550万部オーバー」です。

ネットの普及が現在よりも乏しい時代だったことを考えると凄まじいヒットであると言えるでしょう。

この本の定価「1600円」です。

1600×550万×0.1=800000000

単純に「8億越え」の印税を手にしたわけですね。

印税は売り上げの10%となっていますが、出版社などによっては多少その他から引かれるものもあるとは思いますが…

所得税などを考えても十分な額のお金を乙武さんは手に入れることができました。

今の時代では中々バカげた数字ではありますが、やはりあの頃の時代に「五体不満足」といったタイトル、自身の事を綴った生々しい内容がどんどん人を引きつけたというわけですね。

現在では活字離れがだいぶ進んできていますから、わざわざ本屋に行って本を買うこともなくなってきた…と言われていますが、電子書籍等も広まってきておりちょっと前に比べれば多少は売り上げはマシにはなっているのかと思います。

そういった意味でも「ネットで本を買うのが普通ではない時代」「話題の本の情報を仕入れるツールが少ない」といった事を踏まえるととんでもない作品だったわけです。

この本の印税は彼を色々な意味で変えたきっかけだったのかもしれません。

教員生活

彼が小学校の教員をしていたという事も有名ですね。

障害を持っていたとしても公務員ですので、ボーナスも給料もしっかりもらえます。

その上「手当」なども多少ついていたでしょうね。

それだけでも650万程度は年収もあったとは思いますが、印税を考えればちっぽけな額ですよね。

まぁ教員で働くという行動は「お金を稼ぐ」というよりも「やりがい」ということを重視して彼は見ていたのでしょうね。

公務員という肩書もまた女性を引きつける「魅力」ではあると思います。

スポンサーリンク

セミナー(講演会)

彼の「ありがたいお話」を聞きたい「直接喋ってみたい」という方は当時はもちろん、最近も沢山いたでしょう。

五体不満足というハンデを乗り越えて見えた先の景色はどんなものだったのか?ということは本人しか分かりませんし、健常者・障害者という枠を壊した偉大な人間のお話を聞きたい人間は多く存在します。

こういったことでも収入を得ていたことは確実です。

まとめ

やはり、彼の魅力を格段にアップさせているのは「資産」であることは間違いないでしょう。

お金を持っている人間に近づけば「おこぼれ」を貰える可能性は高いですし、不倫というのは彼の弱みを握ることにもつながります。

一度不倫をしてしまえば、「口止め料」を脅し取る事も可能ですからね。

そういった意味でもやはり、今回の不倫騒動には「乙武洋匡がお金持ちだった」ということが大きく関係していると言えるでしょう。

最後に

今回は、乙武洋匡はお金持ちだったから不倫が出来たのだろうか?というテーマで考察していきました。

こういった「お金もち」と呼ばれる方にはやはりどこか「欠落」している部分がありますよね。

お金持ちが不倫をすれば女性から弱みを握られることは分かるでしょうし…

それを考えれば特に口外されても大丈夫と初めから乙武さんが考えていた可能性も出てきますよね。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク


いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ