ポケモンGOで簡単・楽に孵化させる条件や方法と乗り物!裏技も

今回は、ポケモンGOで簡単・楽にポケモンを孵化させる条件や方法と乗り物をはじめとして、ゲームに関する裏技も紹介していきたいと思います。

筆者はポケモン緑・赤・青からプレイしていますが、未だにポケモン図鑑を埋めた事がありません。

ズボラな性格なのか、とりあえずストーリーを進めてチャンピオンになって終わり…といった感じでしかプレイしていませんでした。

その理由は単純にめんどくさいからです。

ポケモンを育てること自体めんどくさい人間が図鑑を集めるなんてことをするわけがありません。ポケモンをやる意味すら分からなくなってしまいます。

そして、話題のポケモンGOに関してもちょっと”めんどくさい制約”が設けられています。

スポンサーリンク

ポケモンを孵化させるために必要な条件

まずはポケモンをタマゴから孵化させるために必要な条件から見ていきましょう。

タマゴがポケモンに孵化するためには一定の距離を進む必要があります。

距離は以下の通りです。

  • 2km→徒歩25分。通勤・通学が徒歩であれば許せるレベル
  • 5km→徒歩1時間。通勤・通学が徒歩でもイラッとするレベル
  • 10km→徒歩2時間。アプリをアンインストールするレベル

ご想像の通り、孵化させるためにはダイエットを兼ねた運動をする事になります。

痩せたいと思っていた方には朗報かもしれませんが、大半の方は”めんどくさい”と感じてスマホをソファにぶん投げてしまうでしょう

スマホをソファやベッドに叩きつけることで、タマゴが孵化すれば良いのですが、注意しなければいけないことが1つあります。

それは孵化させるには進む速度も関係しているということ。

時速10km以上で進むとアプリが速度を感知して無効になります。

そのため、怒りと悲しみを込めてスマホを投げてもタマゴが孵化することは不可能に近いのです。

投げるスピードが10km以下ならば可能かもしれません。

では次に、孵化させるための通常の手段についてご紹介していきます。

普通にタマゴを孵化させる方法

歩く

ポケモンGOでタマゴを孵化させるためにはゲーム同様にトレーナーが頑張って歩くしかありません。

通勤や通学の合間にポケモンを孵化させることも可能です。

ただ、在宅で働いている方や、車通勤の方、電車通勤の方は制限に引っ掛かってしまい唇をかみしめる事になるでしょう。

人間が歩く歩数の平均は、男性7200歩、女性は6100歩といったデータがでています。

どうやって平均化したのか謎ですが、10km進むことで孵化するタマゴの場合でも2日かければなんとか孵化しそうですね。

男性女性、身長、足の長さによって色々と変わってきますが、1000歩で約500m~800m進むことができます。

この謎の平均歩数を参照すると

  • 男性は約7000歩ですから800m×7=5600m≒5.6km
  • 女性は約6000歩ですから500m×6=3000m≒3km

何度も言いますが、人によって進める距離は変わりますのでこのようにならない場合もあると思います。

ただ、これくらい進めれば1日~2日に1回は孵化させることが可能ですよね。

ダイエットや散歩を兼ねて散歩をするのが、ポケモンGOの有効な使い方なのかもしれません。

自転車を使う

ゲームではマッハ自転車を使って最短で孵化させることが可能でしたが、前述したようにポケモンGOでは時速10km以下で進むことがルールとなっています。

どんなに必死に自転車のペダルをこいだとしても、時速10km以上出てしまっては汗だくになってタマゴが写ったスマホを見ることになるでしょう。

これに関しても個人差がありますが、大体時速10km~15kmは出ています。

物凄くゆっくり自転車をこげば行けると思います。どうしても自転車を使いたいと言う方はぜひ検討してみてください。

やはりどう考えても自転車よりも徒歩の方が孵化をさせやすいでしょう。

次はいよいよお待ちかねの、簡単にタマゴを孵化させる方法です。

スポンサーリンク

簡単・楽にタマゴを孵化させる方法

リアル育て屋さんに任せる

海外では既にゲームに登場するあの”育て屋さん”が登場しています。

料金に関しては不明ですが、お金を払ってタマゴを孵化させてもらえば、遊ぶ時間がそれだけ増えるということになります。

時間をお金で買うんです。

清掃員にマージンを払う

もし、日本で”孵化代行サービス”といったビジネスが生まれなかった場合、職場・学校の清掃員の方にスマホを持たせてタマゴを孵化させてもらうことを筆者は激オシします。

清掃員の方にいくらかマージンを払って毎日タマゴを孵化してもらえば、一気に手間が省けます。

  • あなたは孵化させる手間が省ける→時間を作れる。
  • 清掃員の方はスマホを預かるだけで給料アップ。

お互いの生活や仕事に影響が出ず、清掃員の方もトレーナーのあなたもお互いにwin-winな関係を築く事が出来るわけですから、ぜひ清掃員の方を見かけたら、ポケモントレーナーっぽいニュアンスで声をかけてみてください。

掃除ロボットに取りつける

掃除ロボットに取りつけて一日稼働させておけば、部屋も綺麗になる上、タマゴも孵化する事が可能です。

1日数kmも掃除をするのかどうかは疑問に残りますが、まぁまぁ面白いと思います。

頑張れルンバ。

猫にスマホを持たせる

猫にスマホを持たせて一日歩かせる→仕事から帰って来ればタマゴが孵化している。

自宅で猫を飼っている方は一度試してほしい方法です。

部屋で飼っている場合、歩き回る距離はちょっと微妙かもしれませんが、放し飼いにしている猫であれば、それなりに距離は稼げるはず。

ただ、天候にも左右される上に、スマホが紛失する可能性もあるので、リスクは高いといえるでしょう。

出来そうだけど出来なかった方法

プラレール・機関車トーマスを使う

電車に乗って孵化させることが出来ないなら、プラレールの上にくくりつけてしまえ。

といった考えから生み出された案ですが、残念ながらスマホ本体が揺れなさ過ぎて感知してくれないとのこと。

スマホが縛り付けられたトーマスの悲しげな顔がシュールに写ること間違いありません。

裏技

現在出回っている裏技といえば、最初のポケモンを選ぶ際にピカチュウを選択するという内容ですね。

初代版どうように御三家と呼ばれるポケモンを1匹選択するのですが、マサラタウンのジャリボーイのように最初からピカチュウを連れ回すことが可能になる裏技です。

それでは早速方法をご紹介していきます。

まずは変なおじさんに「このモンスターボールを使って、1匹つかまえてくれ!」と言われます。

お前が持ってるんじゃないんかい…

ヒトカゲ・ゼニガメ・タケシ・フシギダネがトレーナーを囲んでいますが、3匹のポケモンを無視して移動しましょう。

進むにつれて3匹の姿が消える→再度出現…といったことが繰り返されます。

約「450m」ほど進むと、再度現れたポケモンの中にピカチュウが混ざって出現します。

ピカチュウをタップして捕獲モードへ→モンスターボールを投げて捕獲。

捕獲の際のポイントは、ピカチュウがジャンプ→着地をした瞬間です。

これであなたも明日からサトシと呼ばれること間違いありません。

最後に

今回は、ポケモンGOで簡単・楽にポケモンを孵化させる条件や方法と乗り物をはじめとして、ゲームに関する裏技も紹介していきました。

やはり、ポケモンGOでも楽にゲームを進めたいという考えの方は多くいらっしゃると思います。

これから先、「この手があったか」という案も恐らく出て来るかと思いますので、期待して待っていましょう。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

トレーナーレベルを上げるのがめんどくさい方へ

幸せたまごのバナー 修正1-コピー3

せっかくレアなポケモン・育てると強くなるポケモンを捕獲したとしても、トレーナーレベルを上げないと、そのポケモンの最大限の力は発揮できません。

しかし、トレーナーレベルはそう簡単にポンポンと上がっていくものではありませんね。

トレーナーレベルが上がらない理由は、効率的にXPを集められていない事が大きな原因です。

 

効率的にXPを集める方法として有名な手法が『ポッポマラソン』であることはご存知かと思います。

このポッポマラソンの効果を得るのに必要なアイテムが「しあわせたまご」ですね。

しあわせたまごは入手XPが2倍になる素晴らしいアイテムですが、使っていれば当然無くなってしまいます。

しあわせたまごがあれば、効率的にトレーナーレベルを上げられるのは確かです。

しかし、使い切ってしまえばまた地道な作業が始まります。

 

「ポッポを集める→しあわせたまごを使ってレベルアップ」

この流れを行っていれば当然レベルは着々と上がっていきますが、一度トレーナーレベル40までに必要な「ポッポの数」と「必要経験値」をご覧ください。

トレーナーレベル 必要経験値 ポッポの数
20 210,000 約178匹
30 2,000,000 約1,775匹
40 20,000,000 約70,970匹

トータルで見た場合、トレーナーレベル40までレベルを上げるためには「2000万」の経験値が必要になります。

ポッポマラソンで上げる場合は7万匹以上を捕獲しなければならないことになります。

折り返し地点と思っていたレベル20までの経験値量が可愛く見えますよね笑

40レベルまで上げるのは、言葉通り気が遠くなるような膨大な時間を使って経験値を集めなければなりません。

これ以外にも経験値を得る機会はあるかと思いますが、相当過酷な道のりであることは間違いないでしょう。

こうなってくるともはや作業の領域ですね笑

 

もしも、しあわせたまごを大量に使うことが出来れば、必要なポッポの数も時間も半分に短縮する事が可能になります。

筆者はポッポマラソン1回目から面倒くさい作業と感じていたので、しあわせたまごをデフォルトで使用するようになりました。

常時入手できるXPが2倍になる感覚は爽快です。

このようにジャブジャブ使う方法は『課金』と思われがちですが、筆者は1銭も出さずにゲットしています。

もし、トレーナーレベルを本当の意味で「効率的」に上げたいのであれば、しあわせたまごをデフォルトで使うのがベストです。

→筆者がしあわせたまごを無料で手に入れている方法

スポンサーリンク


One Response to “ポケモンGOで簡単・楽に孵化させる条件や方法と乗り物!裏技も”

  1. […]  ヤバい速報 ポケモンGOで簡単・楽に孵化させる条件や方法と乗り物!裏技もhttp://xn--n8jyp3b884top8c.net/archives/3278今回は、ポケモンGOで簡単・楽にポケモンを孵化させる条件や方法と […]

いつもコメントして頂きありがとうございます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ